映画:スチュアートリトル

「スチュアートリトル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

スチュアート・リトルの紹介:1999年に公開されたアメリカのファミリー映画です。E・B・ホワイト氏の同盟小説を映画化したもので、動物たちはコンピューターアニメーションでリアルに描かれています。脚本を手がけているのは「シックス・センス」でお馴染みのM・ナイト・シャマラン氏です。さらに主人公のスチュアート・リトルの声を担当しているのは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公を演じたマイケル・J・フォックス氏です。

あらすじ動画

スチュアートリトルの主な出演者

スチュアート・リトル(マイケル・J・フォックス)、ジョージ・リトル(ジョナサン・リプニッキ)、ミセス・リトル(ジーナ・デイヴィス)、ミスター・リトル(ヒュー・ローリー)、スノーベル(ネイサン・レイン)、スモーキー(チャズ・パルミンテリ)

スチュアートリトルのネタバレあらすじ

【起】– スチュアートリトルのあらすじ1

スチュアートリトルのシーン1

画像引用元:YouTube / スチュアートリトルトレーラー映像

リトル家の1人息子ジョージは弟が欲しいと思っていました。ジョージの願いを叶えるため、リトル夫妻は養護施設を訪ねます。養護施設にはたくさんの子供がいて、リトル夫妻は誰を迎えるか迷いました。

するとリトル夫妻に1匹のネズミ、スチュアートが話しかけます。彼は長年養護施設で暮らしており、誰からも選ばれなかった子でした。

スチュアートと話をしたリトル夫妻は、この子こそジョージの弟になるべきだと感じ、彼を引き取ることにします。

リトル夫妻はスチュアートをジョージに紹介します。ジョージは人間ではないネズミを弟として迎え入れたことを知り、がっかりとした表情を浮かべました。その反応に対し、スチュアートも気落ちします。

そこに飼い猫のスノーベルがやってきて、スチュアートを食べようとしました。リトル夫妻はすぐに止め、「家族を食べてはいけない」と叱り付けます。

スノーベルはネズミの癖に飼い主の立場にいるスチュアートが気に入りません。彼はスチュアートを執拗にいじめるようになります。

その矢先、野良猫のモンティに、ネズミが飼い主だと言うことが知られてしまいました。モンティは他の猫にも言いふらし、スノーベルのプライドはズタズタになります。彼は猫仲間にだけは、ネズミの下の立場にいるということを知られたくなかったのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

ネズミのスチュアートが本当の家族になっていくまでの家庭が素晴らしいです。それぞれのキャラも立っていて、心温まる素敵な映画だと思います。

映画の感想を投稿する

映画「スチュアートリトル」の商品はこちら

IMAGE

スチュアート・リトル [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のドラマ映画
Happinet(SB)(D)
スチュアート(出演),マイケル・J・フォックス(出演),ジーナ・デイビス(出演),ヒュー・ローリー(出演),ジ…

¥2,088
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20