「ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書の紹介:2019年製作のアメリカ映画。性に興味を持ってしまった真面目な女の子が巻き起こす青春コメディ。カトリックを篤く信仰する16歳の女の子アリス。罪悪感を抱きつつも、性への興味が湧くばかりの彼女は、自分の衝動を抑えようと教会の合宿に参加するが、ますます妄想が広がってしまい……。出演は『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のナタリア・ダイアー、「68キル」のアリーシャ・ボー。女性監督カレン・メーンによる長編デビュー作。特集上映『未体験ゾーンの映画たち2020 延長戦』にて上映。

あらすじ動画

ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書の主な出演者

アリス(ナタリア・ダイアー)、マーフィー神父(ティモシー・シモンズ)、ローラ(フランチェスカ・リール)、ニーナ(アリーシャ・ボー)、クリス(ヴォルフガング・ノボグラッツ)、ジーナ(スーザン・ブラックウェル)、ウェイド(パーカー・ヴィアリング)、ヴェーダ(ドナ・リン・チャンプリン)

ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書のネタバレあらすじ

【起】– ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書のあらすじ1

ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書のシーン1

画像引用元:YouTube / ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書トレーラー映像

〝不信仰な者や淫らな者は

炎と硫黄の池で報いを受ける〟

     「ヨハネの黙示録」第21章8節

サラダ(名詞):葉野菜などをドレッシングであえた料理

サラダる(動詞):口と臀部(でんぶ)で行なう性的行為

2001年、アメリカ中西部。

カトリック系の厳格な高校である聖イグナチオは、生活指導をする女性・ヴェーダが登校時の学生の服装に細かなチェックを入れていました。

男子高校生・マークにはズボンのベルトをしていないと注意し、スカートの丈が短い女子生徒にも指摘します。

アリスはヴェーダ先生と顔を合わせて緊張しますが、ヴェーダ先生がアリスに言ったのは「今度の儀式の、聖体を運ぶ役をしろ」ということだけでした。

16歳の少女・アリスの家では、家族も敬虔なカトリック信者です。

そのせいもあり、アリスは同年代の少女よりも性的な知識が疎く、知るすべがありませんでした。好奇心はあるのですが、知るチャンスがありません。

学校で性教育の授業が行われます。教えるのは、マーフィー神父です。

「男子の性欲は電子レンジ(すぐ熱する)で、女子の性欲はオーブン(少しずつ高まる)」だと表現したマーフィー神父は、「夫婦間以外の性行為は神への冒涜」だとし、結婚するまで貞操を守るのが当然だとみんなに説きます。

男子高校生が自慰について聞くと、神父は「それは罪」と答えました。

アリスは真に受けます。

放課後アリスは女友だちのローラに、授業で知ったことは驚きだと話しました。

ローラはアリスに「映画『タイタニック』の、ヒロインたちが車中で愛し合うシーンを繰り返し見ることも、罪に当たる」と言います。

アリスはまさしくローラが言うことをしていたので、ショックを受けました。そのシーンを繰り返し見るのも罪なのだと受け止めます。

帰宅したアリスは、家のパソコンを使ってチャットルームに入ります。もちろん、親にはないしょです。

チャットで知らない相手と会話を交わすと、相手の男性がエッチな写真を送ってきます。顔は見えない男女が絡み合っている画像です。

相手の人に「写真を送って」と求められたアリスは、困りながらも好奇心のほうが勝りました。持っているスナップ写真の、自分ではない少女の写真をスキャンしてパソコンに取り込み、相手に送ります。

相手は、アリスが若い少女だと知って大喜びしました。「チャットHする?」と聞いてくると、ひわいな言葉を書いてきます。

アリスは、相手のことばがいまひとつ理解できませんでした。相手に言われるまま、下半身を触ってみます。

そのとき、母親が夕食だと別の部屋から声をかけてきました。

後ろめたいアリスは、急いでパソコンの電源を切ります。

日曜日、アリスは両親といっしょに教会へ行きます。

高校生になってもアリスはまじめで、父親と礼拝を欠かさないような子でした。

週明けの月曜日。

学校へ行くアリスを、車に乗ったローラとローラの彼氏が迎えにきました。

車中でアリスは、「先週の金曜日、ウェイドとどうなった?」と2人に興味津々に聞かれます。

アリスは「飲み物を取りに行って、少し話しただけ」と答えます。

しかしローラたちのあいだでは、どうやらアリスとウェイドの間で何かがあったと、噂になっているようでした。

ローラの反応を見て、アリスはそれを知ります。

学校へ行ったアリスは、「アリスがウェイドに『サラダした』」という噂を立てられていると知りました。アリスは「サラダる」という言葉の意味が分からず、噂をたてられても途方に暮れるばかりです。

噂はあっという間に広がっているようで、ヴェーダ先生からは「聖体を運ぶ役目は、ヘザーにさせる」と言われました。先生の信用を失ったと知り、アリスはショックを受けます。

昼食時、アイスの蓋を舐めたアリスは、隣のテーブルにいた男子高校生の笑いを買ったのですが、それも意味が分かりません。

ヘザーと付き合っていたらしいウェイドには文句を言われますが、アリスも噂の被害者でした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×