映画:スパイキッズ3-D:ゲームオーバー

「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のネタバレあらすじと結末

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーの紹介:2003年に公開されたアクション・コメディ映画。2002年に公開された作品『スパイキッズ2 失われた夢の島』の続編にあたる作品であり、『スパイキッズ』シリーズ3作目である。監督・脚本・製作を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はダリル・サバラ。今作はタイトルの通り3D作品として公開され、DVDにも3D版とリアルカラー版が存在する。

あらすじ動画

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーの主な出演者

カルメン・コルテス(アレクサ・ヴェガ)、ジュニ・コルテス(ダリル・サバラ)、グレゴリオ・コルテス(アントニオ・バンデラス)、イングリッド・コルテス(カーラ・グギノ)、フループ(アラン・カミング)、グランパ(リカルド・モンタルバン)、トイメイカー(シルベスタ・スタローン)、グランマ(ホランド・テイラー)、ダナゴン・ギグルス(マイク・ジャッジ)、ゲイリー・ギグルス(マット・オリアリー)、ガーティ・ギグルス(エミリー・オスメント)、イサドール・マチェッティ(ダニー・トレホ)、アレクサンダー・ミニオン(トニー・シャルーブ)、ディミトラ(コートニー・ジャインズ)

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのあらすじ1

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのシーン1  1年前。ウカタ任務を無事成功させたジュニでしたが、自分はスパイという職業に向いていないと考え、自らOSSを辞めて私立探偵事務所を設立しました。ツリーハウスを拠点に、子供からの依頼をこなしながら貯金をしていました。

 貯めたお金でジュニはある物を買いに行きました。それは今日発売の最新テレビゲーム、その名も「ゲームオーバー」。店の前に長蛇の列ができていましたがジュニは躓いて転んでしまい、札が風で飛ばされてしまいました。OSSを辞めてからジュニは全くツキがありませんでした。肩を落としてツリーハウスへ帰ると、ロメロから荷物が届いていました。小型のサメを貰ったジュニはお礼の手紙を書き始めました。机には姉カルメンの写真が置かれています。カルメンとはしばらく会っていませんでした。するとその時、元OSS局長、現アメリカ大統領のデブリンから連絡が届きました。ジュニは「何度も言ってるけど、もうスパイに戻る気はないんだ」と言いました。それを聞いたデブリンは「ならば完結に言おう。君のお姉さんが行方不明になった」と明かしました。

【承】- スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのあらすじ2

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのシーン2  OSSに向かったジュニ。そこではギグルス夫妻を筆頭に研究チームがある調査をしていました。それは、ジュニが買い損ねたあのゲームオーバーについて。アメリカ中の子供たちがこのゲームに熱中しており、プレイするためのメガネをかけるともうこちらの世界に戻ってくることもできず、ひたすらゲームに没頭してしまうのだと言います。このゲームを開発したトイメイカーが何を企んでいるのかを探る為、カルメンは先に一人でゲームの中へ入っていきましたが、途中で連絡が途絶えてしまったと言います。「なぜ一人で行かせたんだよ!」と怒るジュニにダナゴンは「彼女が希望した相棒が断ったからだ」とジュニを睨みました。ジュニはカルメンを救出し、ゲームをシャットダウンするという任務を背負い、メガネをかけてゲームの中に入っていきました。

 ゲームは全部で5つのレベルから構成されており、スタートはレベル1からになります。レベル4で消息を絶ったカルメンを探そうとするジュニでしたが、どこへ行けばいいかもわからずに彷徨います。すると、赤い服を着た少年がコインを拾って歩いていました。そして違うところでは、ホッピングに乗って移動している少年を見つけました。彼らはβ版のテスターとして先に中に入って来ていたプレイヤーでした。二人に相談すると、もう一人クールな青年が現れ、「月まで行けばレベル2に進める」とアドバイスを受けました。その通りにジャンプ台を使って月へ飛んで行ったジュニでしたが、それは嘘でした。月面に激しく落ちたジュニ。すると胸の所にある丸い液晶の数字が一つ減り8になりました。これがライフで、0になるとゲームオーバーとなってしまいます。早速苦労しているジュニにダナゴンが通信をしました。「誰か一人だけ送り込める」と言われたジュニは、グランパを指名しました。グランパは数十年前の事故で下半身が不自由になってしまいましたが、その分上半身が発達していると考えたのです。あっという間に到着したグランパ。ゲーム内に現れたアイテムを使って、グランパは立って歩けるようになりました。それが嬉しいのか、飛んでいる蝶を追いかけ始めてしまいました。ジュニに「後で追いつくから先に行きなさい!」と言ってどこかへ行ってしまいました。

 戻って探索を再開したジュニ。するといつのまにか、ロボコン会場に迷い込んでしまっていました。そしてとんとん拍子でロボコンに出場することになってしまいました。オレンジ色のアップグレードスーツを着させられ、ロボットに乗せられました。そして試合会場へ入ると、向かいから紫色のロボットが向かってきます。乗っているのはジュニと同い年ほどの少女でした。クールな雰囲気の彼女にジュニは惹かれますが、彼女は容赦なく攻撃を開始。翻弄されるジュニでしたが、次第に操縦のコツを掴み、見事勝利を収めました。その商品として、アップグレードスーツをそのまま身に着けてゲームを再開しました。

【転】- スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのあらすじ3

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのシーン3  進んでいくと、スタート地点で出会った3人と再会しました。彼らはジュニを見て何やら興奮している様子。赤いコスチュームのアーノルド、青いコスチュームのレッズ、そして黒いクールなフランシス。レッズはジュニを見て「彼がガイだったんだ」と言います。パッケージやポスターに描かれているシルエットをプレイヤーは「ガイ」と呼び、ガイに出会えばクリアまで辿り着けると言われていました。ジュニは最初は否定したものの、レベル4まで行くには都合がいいと判断。ようやくグランパも合流し、チームで動くことになりました。

 レベル4に到着したジュニたち。ジュニがテレパシーでカルメンに語り掛けると、妙に近いところから声が聞こえてきました振り返ると、カルメンが立っていました。カルメンを無事に発見したジュニは、そのままレベル5を目指します。道中、カルメンはグランパを呼んだ理由を問いただしました。そこまでヒートアップする理由がわからないジュニが理由を訊くと、「グランパが歩けなくなったのはトイメーカーのせいよ」と明かしました。30年前OSSのスパイ仲間だったグランパとトイメイカーでしたが、ある任務でトイメイカーが失敗したことで発生した事故が原因でグランパは下半身不随になってしまったのでした。カルメンは、グランパがトイメイカーへの復讐を企んでいるのではないかと心配していました。

 トイメイカーもグランパがゲームに入ってきたことに気づいていました。閉じ込められたゲームから抜け出すため、あえてジュニたちをレベル5まで誘導しました。

 遂にレベル5まで辿り着いたジュニたち。するとトイメイカーの映像が映し出され、「賞品は、このゲームの中で生活してもらうことだ」と明かしました。ジュニたちがそれを拒むと、トイメイカーは巨大なロボットを出現させました。逃げるジュニたち。するとグランパが出口を発見しました。カルメンとジュニが「ゲームをシャットダウンしないと」と言うとグランパは「もう私がシャットダウンした。さあ行こう」と言いました。それを信じ、ジュニたちは間一髪でゲームから脱出。現実世界へ戻ってきました。

【結】- スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのあらすじ4

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのシーン2  外へ出たジュニたち。グランパも車椅子姿に戻りました。そこでダナゴンはグランパに確認をしました。「2つスイッチがあったはずだ。ゲームをシャットダウンする物と、トイメイカーを外に出す物。あなたが押したのはシャットダウンする物だな?」と言われたグランパは「いや、ヤツを逃がした。だがミスじゃない。意図的にだ」と明かしました。呆れるダナゴン。ジュニは「復讐は意味無いよ」と説得しようとしますが、「自分で解決したいんだ」と譲りません。その時、地面が突然揺れ出しました。カルメンとジュニは慌てて外へでますが、何もありません。嫌な予感がしたジュニがゲームのメガネをかけると、ゲーム内の巨大ロボが暴れていました。トイメーカーごとゲームのキャラクターが現実世界に出てきてしまったのです。カルメンが父グレゴリオ、母イングリッドに連絡をし、二人がすぐさま駆けつけました。ジュニは更に、グランマ、ガーティ、ロメロ、フループ、ミニオンを呼びます。ロボットに捕まってしまったカルメンはゲイリーも呼び、勢力は揃いました。ロボットを一体ずつ倒していきます。するとそこへ更に大きいロボットが現れました。そこにはトイメイカーが乗っています。それに気づいたグランパが「私が行こう」と言い、車椅子で飛んでいって中へ入りました。30年振りに再会を果たした二人。しかしグランパは優しい口調で「君を許すよ」と語り掛けました。30年間後悔の念を抱いていたトイメイカーは肩の荷が下りたようで、ゲームをシャットダウンさせました。倒れるロボット。心配するジュニたちでしたが、グランパと血メイカーは二人並んで降りてきました。コルテス一家はまたも世界滅亡の危機を救ったのでした。

みんなの感想

ライターの感想

今作はカルメンよりジュニが主人公となっており、前2作よりCGを多用した、また違った作風になっています。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」の商品はこちら