映画:スパイキッズ3-D:ゲームオーバー

「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーの紹介:2003年に公開されたアクション・コメディ映画。2002年に公開された作品『スパイキッズ2 失われた夢の島』の続編にあたる作品であり、『スパイキッズ』シリーズ3作目である。監督・脚本・製作を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はダリル・サバラ。今作はタイトルの通り3D作品として公開され、DVDにも3D版とリアルカラー版が存在する。

あらすじ動画

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーの主な出演者

カルメン・コルテス(アレクサ・ヴェガ)、ジュニ・コルテス(ダリル・サバラ)、グレゴリオ・コルテス(アントニオ・バンデラス)、イングリッド・コルテス(カーラ・グギノ)、フループ(アラン・カミング)、グランパ(リカルド・モンタルバン)、トイメイカー(シルベスタ・スタローン)、グランマ(ホランド・テイラー)、ダナゴン・ギグルス(マイク・ジャッジ)、ゲイリー・ギグルス(マット・オリアリー)、ガーティ・ギグルス(エミリー・オスメント)、イサドール・マチェッティ(ダニー・トレホ)、アレクサンダー・ミニオン(トニー・シャルーブ)、ディミトラ(コートニー・ジャインズ)

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのネタバレあらすじ

【起】– スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのあらすじ1

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーのシーン1

画像引用元:YouTube / スパイキッズ3-D:ゲームオーバートレーラー映像

 1年前。

ウカタ任務を無事成功させたジュニでしたが、自分はスパイという職業に向いていないと考え、自らOSSを辞めて私立探偵事務所を設立しました。

ツリーハウスを拠点に、子供からの依頼をこなしながら貯金をしていました  貯めたお金でジュニはある物を買いに行きました。

それは今日発売の最新テレビゲーム、その名も「ゲームオーバー」。

店の前に長蛇の列ができていましたがジュニは躓いて転んでしまい、札が風で飛ばされてしまいました OSSを辞めてからジュニは全くツキがありませんでした。

肩を落としてツリーハウスへ帰ると、ロメロから荷物が届いていました。

小型のサメを貰ったジュニはお礼の手紙を書き始めました机には姉カルメンの写真が置かれています。

カルメンとはしばらく会っていませんでした。

するとその時、元OSS局長、現アメリカ大統領のデブリンから連絡が届きましたジュニは「何度も言ってるけど、もうスパイに戻る気はないんだ」と言いました。

それを聞いたデブリンは「ならば完結に言おう。

君のお姉さんが行方不明になった」と明かしました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×