映画:スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション

「スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッションの紹介:2011年に公開されたアクション・コメディ映画。2003年に公開された作品『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー』の続編にあたる作品であり、『スパイキッズ』シリーズ4作目である。監督・脚本・製作を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はローワン・ブランチャードとメイソン・クック。過去作の主人公姉弟を演じたアレクサ・ヴェガとダリル・サバラも出演している。

あらすじ動画

スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッションの主な出演者

レベッカ・ウィルソン(ローワン・ブランチャード)、セシル・ウィルソン(メイソン・クック)、マリッサ・コルテス・ウィルソン(ジェシカ・アルバ)、ウィルバー・ウィルソン(ジョエル・マクヘイル)、タイムキーパー(ジェレミー・ピヴェン)、カルメン・コルテス(アレクサ・ヴェガ)、ジュニ・コルテス(ダリル・サバラ)

スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッションのネタバレあらすじ

【起】– スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッションのあらすじ1

スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッションのシーン1

画像引用元:YouTube / スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッショントレーラー映像

 OSSのスパイであるマリッサは、妊娠を機にスパイを引退。

無事に女の子を出産し、幸せな生活が始まりました。

しかし、そんな彼女にも悩みが一つありましたそれは双子の子供。

夫であるウィルバーはには既に双子の兄妹がいました。

ウィルバーの母親は数年前に亡くなっており、彼にとっては再婚でした 双子のうち、弟のセシルはマリッサを受け入れていましたが、姉レベッカはマリッサを避けていました。

 1年後、ベビーも1歳になりましたが、未だレベッカはマリッサを避けていました。

加えて、ウィルバーもテレビ出演の仕事が忙しくなっていましたウィルバーは、スパイを探して捕まえることを目的とした「スパイハンター」としてテレビ番組に出演していましたが、マリッサは自身の過去を明かしておらず、複雑な心境を抱えていました。

 ある日、マリッサはレベッカと近づきたいと自分の大切なネックレスをプレゼントしました。

赤い宝石がついたそのネックレスをレベッカは気に入りましたそしてマリッサの「家族になりたい」という思いを受け入れようとしていました。

それから数日後、ベビーにご飯を食べさせていると、OSS時代の通信機が鳴りました。

出ると相手はOSS局長で、「タイムキーパーが逃げ出した」と言いますタイムキーパーとは、マリッサが最後に務めた任務のターゲットで、時間を操る時計を研究していました。

そして彼が逃げ出したことで再び世界の時間の流れに異変が起きているといいます。

その装置を止めるには、マリッサが持っているサファイアが必要で、それを持ってきてほしいという通信でしたマリッサは急いでレベッカに「ネックレスを返してほしい」と言いますが、レベッカは「プレゼントじゃなかったの?」と不機嫌になってしまいます。

そして自分の部屋からネックレスの箱を持ってきてマリッサに突き付け「もういらない」と突っぱねてしまいました。

真相を言えないマリッサは「ごめんなさい」とだけしか言えず、家を出てOSSへ向かいました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×