「スペシャルアクターズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【結】– スペシャルアクターズのあらすじ4

スペシャルアクターズのシーン4

画像引用元:YouTube / スペシャルアクターズトレーラー映像

会員に紛れて大勢の俳優達が詰めかける中、式典は予定通り始まった。そんな中、宏樹が「兄ちゃんの遺体がなくなった」とわめき立てながら乱入してきた。

多磨瑠や幹部達は「証拠を隠滅しようと死体を隠したんだろう」という宏樹の言葉に唖然とする。

会員達が騒然とする中、血だらけの和人がよろめきながら入ってきた。死から蘇り『レスキューマン』のように念力を手にしたという設定の和人は、会員を演じている俳優達を次々と倒しながら克樹の元に歩み寄った。

和人には克樹の姿が自分の父親と重なって見えていた。父親からきつく当たられていた和人は、それが原因で気絶するようになってしまったのだ。

和人が克樹に手をかざした瞬間、多磨瑠は思わず「パパ!」と叫んでしまった。

富士松は唖然とする会員達に「多磨瑠様が声を失ったのは本当なのか検証するためのお芝居だった」と事情を説明し、血のりを吐いて倒れていた俳優達は一斉に立ち上がった。

追い打ちをかけるようにスクリーンに映し出された『裏経典』の映像には、会員を勧誘し金儲けをするための方法を語る克樹の姿が収められていた。

レスキューマンになりきっていた和人は里奈に歩み寄り口づけをかわそうとするが、思いきりぶたれてしまう。

その拍子に思わず喋ってしまった里奈は我に返り、仲違いしていた妹の祐未と抱き合うの

だった。

『裏経典』の内容が明らかになったことで以前からムスビルに目をつけていた警察も動き出し、旅館を乗っ取る教団の計画は頓挫した。

再びドラマのオーディションに臨んだ和人は演出家から怒鳴られてしまうが、以前のように気絶することはなかった。

自信を得て晴れやかな表情で街を歩いていた和人は、偶然宏樹の姿を目にする。別人のように小ぎれいな身なりをした宏樹は、驚いたことに多磨瑠、克樹、河田の三人とにこやかに談笑していた。

胸騒ぎを覚えた和人がネットで宏樹の名前を検索すると、起業家として成功したという宏樹の記事がヒットした。

スペシャルアクターズの事務所に忍び込んだ和人は『レスキューマン』と書かれたファイルを発見する。

ファイルにはムスビルや旅館「めぶき」の人々の写真や潜入捜査の概要、さらにはスペシャルアクターズで自分が担当したシナリオがすべて収められていた。

これまでの出来事は、すべて自分のリハビリのために宏樹が依頼した芝居だったと知った和人は、衝撃のあまり卒倒してしまうのだった。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スペシャルアクターズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×