「スモーキング・ハイ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【結】– スモーキング・ハイのあらすじ4

スモーキング・ハイのシーン4

画像引用元:YouTube / スモーキング・ハイトレーラー映像

デールとソールは、何とかキャロルから逃れる。その後、デールはホテルにいるアンジーの無事を公衆電話で確認する。しかし、デールがドラッグディーラーと付き合いがあったことを知った上、彼のせいで自身や家族が危険な目に遭ったアンジーは、怒りと共に彼に別れを告げる。アンジーと別れることになり、一連の騒動に巻き込まれたことに嫌気が差したデールは、ソールと口論となり、そのまま喧嘩別れする。

デールと別れた後、ソールは老人ホームに入居している祖母を訪ねる。しかし彼はそこで、待ち伏せしていたテッドの手下たちに捕まり、彼らのアジトへと連れ去られる。一方、冷静になり、ソールに謝りたいと考えていたデールはソールを探し、ソールの祖母のいる老人ホームへと辿り着く。デールはそこでソールがテッドの手下に捕えられたことを知る。

デールはソールの救出のための助けを得ようと、再びレッドの元へと向かう。レッドの家に着いたデールは、腹を撃たれ重傷のレッドを発見する。武装した二人は、ソールを救出するため、テッドのいるマリファナ工場へと向かう。しかしそこで心変わりしたレッドの裏切りに遭い、デールもまたテッドらに捕まってしまう。

殺されるのは時間の問題という状況にあって、デールとソールは和解する。その上で二人は、どうにかしてそこから逃げ出そうと画策する。

その時、テッドと抗争関係にあるアジア人のドラッグ・ディーラーが、テッドのマリファナ工場に襲撃をかけてくる。その動機は、テッドによって殺された仲間の復讐を図ることだった。その混乱に乗じ、デールとソールはその場からの脱出に成功する。

工場からは脱出できたデールとソールだったが、テッドの手下に再び捕まる。もはやこれまでかと思われたその時、裏切ったと思っていたレッドが車で突っ込み、テッドの手下を殺す。しかし、そこに現れたキャロルによってレッドは撃たれる。

アジア人ギャングは、爆薬を仕掛け、テッドを殺害し工場を炎上させる。その際、レッドの車が巻き込まれて爆発し、その下敷きとなったキャロルは死亡する。デールはソールに肩を貸して炎上する工場から逃げ出し、レッドもまた重傷ではあるが二人に合流する。炎上する工場を見ながら、三人はしっかりと抱き合う。

危機一髪の場面を乗り切り、生き延びたデールとソール、そしてレッドは翌日、ボロボロの姿でレストランで朝食を取る。そして、三人を迎えに来たソールの祖母の車に乗り、病院へと向かうのだった。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スモーキング・ハイ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×