映画:スラップショット

「スラップショット」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

スラップ・ショットの紹介:1977年製作のアメリカのスポーツコメディ。チームを解散危機から救うため、暴力プレーを繰り返す弱小アイスホッケーチームをユーモラスに描いていく。監督はジョージ・ロイ・ヒル、主演はポール・ニューマンが務めた。第二回報知映画賞では海外作品賞を受賞した。

スラップショットの主な出演者

レジー(ポール・ニューマン)、ネッド(マイケル・オントキーン)、フランシーン(ジェニファー・ウォーレン)、リリー(リンゼイ・クローズ)

スラップショットのネタバレあらすじ

【起】– スラップショットのあらすじ1

舞台はアメリカのとある小さな街。この街にはチーフスというアイスホッケーチームがありましたが、住人があきれ返るほどの弱小クラブでした。チームの解散は時間の問題となり、選手とコーチを兼任するベテランのレジーは引退を考え始めていました。

そんなある日、レジーは妻フランシーンと久しぶりの夜を過ごしました。夫婦の関係は冷めており、フランシーンはライバルチームのハンラハンという選手と浮気をしていました。レジーはそんな妻の浮気を認めていましたが、このとき、レジーはフランシーンから意外な事実を聞かされました。フランシーンはハンラハンの妻と親しくなり、何度か夜をともに過ごしたことがあるというのです。ハンラハンは自分の妻とフランシーンの不貞に激怒しているといい、レジーはその事実を利用することを思いつきました。

チーフスの次の対戦相手は、ちょうどハンラハンが所属するダックスでした。レジーがハンラハンに「嫁さんはレズビアンだ」と何度も叫ぶと、ハンラハンは激怒してレジーに殴りかかってきました。その後、喧嘩は大きくなり、両チームが殴り合う大騒動となってしまいます。これによりダックスは違反を取られ、チーフスは久しぶりの勝利を収めました。レジーは相手を怒らせて勝つ戦術に手応えを覚えますが、チーフスのスター選手のネッドはレジーに「こそくだ」と言って反発するのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スラップショット」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ