「セックス・アンド・ザ・シティ2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【結】– セックス・アンド・ザ・シティ2のあらすじ4

セックス・アンド・ザ・シティ2のシーン4

画像引用元:YouTube / セックス・アンド・ザ・シティ2トレーラー映像

市場を抜けようとしていると、シャーロットが、禁断の時計屋に引っかかってしまう。キャリーとミランダが気づき慌てて後を追いかけ偽ブランド品を買わずに済んで外に出ると、サマンサの持っていたバーキンを自分たちの偽ブランド品だと勘違いした時計屋達に引っ張られ壊されてしまう。バーキンからはコンドームがたくさん出て来て、それを拾い集めているサマンサはキャミソールにショートパンツ姿。お祈りに向かう男達が見咎めてサマンサを取り囲み非難し始めると、火照ってイライラしているサマンサは男達を挑発してしまう。慌ててサマンサをフォローするキャリー達。怒りがおさまらないサマンサは中指を立ててしまう。男達に追われながら市場を歩いていると目元だけ出した地元の女性達についてくるように言われドライフラワー店の建物に入っていく。女性達がたくさんいてサマンサの騒ぎを楽しめたと言い、頭と体を覆っていた伝統的なベールを取ると下には春物のハイファッションを着込んでいる。意気投合してお茶に誘われるが、飛行機の時間があると辞退する四人。でも外に出るには男達が。。と、困っているとベールを貸してくれる。

飛行機の中。無事にファーストクラスに乗れたキャリー達。

ニューヨークに帰ってくるが、ビッグは約束通り空港には現れず一人で帰って来たキャリー。部屋からはテレビもビッグも消えている。ビッグに連絡しても留守電。

夜一人で寂しく待っているとビッグが帰ってくる。どこにいたか尋ねるとキャリーを苦しめたくて時間潰しに散歩していた、ショックだったとビッグ。キャリーは結婚という概念に慣れていないんだなとビッグはため息をついて、大きなブラックダイヤをキャリーに差し出し、慣れるまで毎日これをつけて人妻だと思い出すといいと言い、嬉しそうに受け入れるキャリー。

その後-

ミランダは自分の声が届く相性のいい事務所を見つけて仕事でもハジけた。サマンサはリカルドとの野外デートを自国でやり直している。

シャーロットのエロい子守への心配も彼女がレズビアンだったことで解決した。更にずっと泣き叫んでいたローズの魔の2歳は終わって3歳になった。

キャリーとビッグの魔の結婚2年目も終わり、お互いに別の部屋へ避難することは少なくなったが、あのアパートの部屋は休暇が必要な人のためにキープしている様子で、シャーロットが一人でゆっくりしている。

キャリーはビッグと一緒にソファーに寝転がり白黒映画を見ている。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「セックス・アンド・ザ・シティ2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×