映画:ゾッキ

「ゾッキ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【転】– ゾッキのあらすじ3

ゾッキのシーン3

画像引用元:YouTube / ゾッキトレーラー映像

消極的な牧田が話をするようになった伴くんは、学校で浮いていました。伴くんは「死にたい」とあちこちに書いたり言ったりする人物で、同級生も先生も距離を取っていました。そんな伴くんと意気投合した牧田は、伴くんが「死にたい」と思わないようにと願います。

あるとき、伴くんが牧田に「君の姉ちゃん、美人らしいな」と聞きました。牧田は質問に答えて、「あややをブスにした感じ」と答えます。伴くんは牧田の姉に興味を抱き、ことあるごとに話題に出します。

姉の話題が増えた伴くんはある日、「俺はお前の姉ちゃんのことで頭がいっぱいだ。会わせてくれ」と言い出しました。姉は大学進学で岡山にいるのだと牧田が言うと、伴くんは「姉ちゃんのパンツを売ってくれ」と答えます。

断れなくなった牧田は、夜に近くのコンビニへ女性用下着を購入しに行きました。しかし手が伸ばせずにいたところ、藤村の視線を感じた牧田は絶叫しながら店を飛び出します。(藤村のターンと重なる)

牧田には実は、姉などいませんでした。誰かが言った適当な嘘を伴くんが聞いて発した質問に答えただけなのですが、すでに伴くんの中で牧田の姉の存在が揺るぎないものになっているため、牧田は嘘を重ねているのです。

牧田の姉に夢中になるに従い、伴くんは「死にたい」と口にしなくなっていたのです。それに気づいた牧田は、伴くんの「生きる支え」をなくしたくないと思いました。

牧田は、「殺人空手」の前を通りました(それだけ)。

その後、町のゲームセンターへ行った牧田は、クレーンゲームの景品にある白いパンツを狙って、何度もクレーンゲームをしました。積み重ねた100円玉を大量消費し、目当てのパンツを手に入れます。

帰宅した牧田は新品の下着を揉み洗いの洗濯をすることで、中古のようにしました。それだけでは足りないと考え、風呂場で下着を履いて屈伸を繰り返します。

翌日、牧田は伴くんにそれを渡しました。伴くんはうやうやしく受け取ると顔に押し当ててにおいをかぎ、「ありがとう。感動した」と言います。

これでようやく牧田は問題が解決したかと思ったのですが、その読みは裏切られます。「姉ちゃんの下着」を手に入れたことで、伴くんの恋心にますます火をつけてしまったのでした。

伴くんの気持ちはエスカレートします。大学に行っていると言っているのに、伴くんは牧田を尾行して家を突き止め、何度も出没するようになります。

このままだと伴くんが、いや、自分が壊れてしまう…と思った牧田は「姉ちゃんが交通事故に遭って死んだ」と言いました。ショックを受けた伴くんは、牧田の家の仏壇を拝みにきます。牧田は、中学時代に好きだった本田さんの写真を、遺影として掲げました。伴くんはそれと知らず、本田さんを「牧田の姉ちゃん」と思って涙に暮れます。

高校卒業後、牧田は地元の大学に進学し、伴くんは隣の県の会社に就職しました。そのまま疎遠になる…かと思いきや、ある出来事が起こります。伴くんが本田さんと出会ったのです。

伴くんは「牧田の姉ちゃん」そっくりな本田さんに、何度も何度も繰り返しアプローチを始めました。脈がないかに思えたのですが、繰り返しのアタックが利き、本田さんから交際OKの返答がもらえたそうです。久しぶりに伴くんと会ってそれを聞いた牧田は、動転のあまりに「OKをもらったがこっちが断った」と言う伴くんに、今すぐ謝りに行けと促しました。

1年足らずで伴くんと本田さんは結婚しました。結婚式に出た牧田は本田さんと顔を合わせます。伴くんは繰り返し「お前と出会ったのは、牧田のおかげだ」と聞かされていたと話す本田さんの言葉を聞いて、牧田は、伴くんは自分の嘘に気づいていたのではないかと思いました(伴くんは気づいていないことが、あとで判明します)。

安アパートの玄関を出た伊藤は、隣の藤村のママチャリが戻ってきているのを見て「早かったな」と呟きました。レンタルビデオ屋に出勤します。タイムカードを押した伊藤は、自分が書いた「おはよう」の付箋を見て「おはよう」と答えました。掃除や確認作業など、ルーティンワークをこなします。

逃避行中の勝の父・平田康夫(以後「父」)は海辺近くで夜、小さなカニを見つけて不倫相手の女性・足立の女房に見せます。2人で密会しているところを足立に見つかった父は「たまたまなんです」と言い訳しますが、蹴られました。足立の女房は夫をとりなそうとしています。

小学生の勝は両親と共に、平屋のアパートで暮らしていました。遊園地に連れて行ってくれと父にせがんでも、父は「貧乏はのちのち自慢できる」と答えて連れて行ってくれません。

そんな父が勝を連れて、夜の高校へ向かいます。高校時代の部室のカギを見つけた父は、高校時代に所属していたボクシング部の部室を見に行こうと考えたのでした。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゾッキ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×