「チア・アップ!」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

「チア・アップ!」は2020年公開のアメリカのコメディ映画です。監督はザラ・ヘイズ、主演は「ゴット・ファーザー」シリーズや「恋愛適齢期」などのダイアン・キートン。高齢者向けのシニアタウンに引っ越してきたマーサ。昔のチアリーダーに憧れていた彼女は、なんと近所のおばあちゃんたちを集め、平均70歳以上の女性たちでチアリーディングクラブを立ち上げます。パワフルなおばあちゃんたちが魅せる感動のチアリーディング。

あらすじ動画

チア・アップ!の主な出演者

マーサ(ダイアン・キートン)、シェリル(ジャッキー・ウィーヴァー)、アリス(リー・パールマン)、オリーヴ(パム・グリア)、ヴィッキー(セリア・ウェストン)、クロエ(アリーシャ・ボー)、ベン(チャーリー・ターハン)、ヘレン(フィリス・サマーヴィル)、イヴリン(ギニー・マッコール)、フィリス(パトリシア・フレンチ)、カール(ブルース・マッギル)、ゲイル(シャロン・ブラックウッド)、バーバラ(カレン・ビヴァリー)

チア・アップ!のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

癌に冒され、余命僅かなマーサは身の回りを整理し、高齢者向けの住宅地シニアタウンに引っ越します。そこで隣人のシェリルと出会い友達になります。ある日、マーサは学生時代チアリーダーに憧れていたことを語ります。シェリルはマーサに「今から始めればいいじゃない」と言い、マーサはシェリルと共にチアリーディングクラブを立ち上げます。メンバーを集め、平均70歳以上のチアリーダーたちが誕生。そんなマーサたちをバカにしたり、マーサたちのクラブをよく思わない人たちからの妨害に合いますが、マーサたちは負けずにチアの大会に出場を目指します。マーサたちは現役チアリーダーのクロエにコーチを頼み、猛特訓を開始。そして大会の日、マーサたちはチアの大会で見事な演技を披露し、会場を沸かします。

【起】– チア・アップ!のあらすじ1

チア・アップ!のシーン1

画像引用元:YouTube / チア・アップ!トレーラー映像

ニューヨークに暮らす高齢女性のマーサは癌に冒されており、死期が迫っていました。子供もおらず独り身のマーサは、家具や持ち物をガレッジセールで売りさばき、身の回りの整理をはじめ、46年間暮らしてきた部屋を手放し、ジョージア州の田舎にあるシニアタウンに引っ越すことにします。

引っ越しの日、病院に連絡し今後の化学療法の治療を断り、車に乗り込みジョージア州に向かいます。

シニアタウンに着くと、そこは開放的なタウンでテニス場やプールやゴルフ場などもあり、クラブ活動をしたりと、おじいちゃん、おばあちゃんが生き生きと生活していました。

マーサが案内所に着くと、案内係のヴィッキーがやって来ます。ヴィッキーもここの住人でタウンの評議会のリーダーです。タウン内を周ると、おばあちゃんたちは色とりどりのカラフルな服を着て、とてもパワフルです。一方暗い色の服を着て、落ち着いているマーサは、周りから浮いてしまい少し不安になります。

マーサが暮らす家に案内されると、隣人のシェリルが訪ねてきます。マーサはしシェリルから今夜のポーカーゲームに誘われますが、断ります。

その夜、マーサが一人で静かに過ごしていると、隣のシェリルの家から騒音が聞こえ、苛立つマーサ。マーサは敷地内の警備員に通報します。ところがシェリルたちが警備員から逃げるために、マーサの自宅へ避難しに来ます。マーサが通報したとも知らないシェリルたちを、仕方なく家に上げることにします。

マーサの家で騒ぎながらポーカーゲームをするシェリルたちを迷惑に思いながら、マーサは寝室で眠りにつきます。

次の日、マーサが外を散歩しているとシェリルに声を掛けられ、ランチに行こうと誘われます。仕方なくシェリルに付いて行くと、そこはタウン内のお通夜をしている家でした。知り合いではないですが、シェリルはタダ飯が食べれるという理由でお通夜に参加。マーサはそのお通夜が他人事に思えず、先に家に帰ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「チア・アップ!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×