「チア・アップ!」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【結】– チア・アップ!のあらすじ4

チア・アップ!のシーン4

画像引用元:YouTube / チア・アップ!トレーラー映像

クロエは自分のチア活動と両立して、マーサたちのコーチを担当します。マーサたちはダンスと共にジムで体を鍛え、最初の時からは考えられないほどマーサたちは体を動かせるようになります。クロエもマーサたちとのレッスンが楽しくなってきます。ベンも音響係として協力し、曲をマッシュアップしたりとチアの音楽を作ってくれます。彼は以前から密かにクロエに思いを寄せています。

マーサは18歳以上が参加できる大きなチアの大会に申し込みます。大会までは3週間しかありませんが、マーサたちは、やる気満々で猛特訓します。

そんな中、足を骨折していたヘレンの息子が母をクラブから抜けさせて欲しいと乗り込んできて、クロエを侮辱します。それを聞いたマーサたちは激怒、シェリルはヘレンの息子にすごい剣幕で迫り、追い返します。それを見たクロエはマーサたちに感謝し、仲間の絆を深めます。

ところが、マーサの体調はどんどん悪化していき、ある日外で倒れ病院に運ばれてしまいます。シェリルは初めてマーサが癌に冒されていることを知ります。マーサは「死ぬのが怖い」と不安を吐露し、弱気になります。そんなマーサを励まし「癌なんて地獄に吹き飛ばせたらいいのに」とマーサを笑わせます。

ついに大会当日、マーサたちはバスで会場に向かいます。マーサは運転をベンに任せ、そして彼にクロエに気持ちを伝えるようにと背中を押します。

さらにマーサたちは、息子に無理やりクラブを辞めさせられたヘレンを迎えに行き、息子の目を欺いてヘレンを連れ出します。

ヴィッキーは、大会に出場を邪魔しようと、警備員のカールにマーサたちを追いかけさせ、阻止しようとします。しかし、カールはヴィッキーを裏切りチアクラブのメンバーの夫たちと、マーサたちを応援に行ってしまいます。

大会に着くと、そこにクロエが入部していた現役チアリーダーたちに、ばったり出くわします。そこで、初めてクロエがマーサたちのためにチアリーダーを辞めていたことを知ります。しかし、クロエは「8人もおばあちゃんができたんだもん。全然気にしない」と笑顔でマーサたちに言います。

出番が近づき弱気になるメンバー、マーサは「失敗しても構わない。このメンバーでチアができて幸せだった。」「怖さなんて地獄に吹き飛ばそう!」と激励し、ステージに立ちます。

マーサたちの登場に、一瞬場内が静まり返ります。しかしマーサたちが完璧な演技を見せると会場は大盛り上がり、チアを始めた時とは比べ物にならに程、素晴らしいダンスを見せるマーサたち。現役チアリーダもマーサたちの演技に笑顔になります。マーサたちのチアは大成功!

マーサたちのダンスはネットで、話題になりバズり、大勢の人たちがマーサたちのダンスをリスペクトします。

そして1年後、マーサは亡くなってしまいますが、チアクラブのメンバーは人数が増え、再度大会に出場していました。クロエとベンも引き続き、振り付きと音楽係としてサポートしていました。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「チア・アップ!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×