「チアーズ3」のネタバレあらすじと結末の感想

チアーズ3の紹介:2006年制作のアメリカ映画。名門チアリーディング部のキャプテンだった女性が、転校することになり、新たな仲間と共に目標に向けて奮闘する姿を描いている。チアーズ!シリーズの3作目。ヘイデン・パネッティーア主演で贈る作品。

予告動画

チアーズ3の主な出演者

ブリトニー(ヘイデン・パネッティーア)、カミール(ソランジュ・ノウルズ・スミス)、ブラッド(ジェイク・マクドーマン)、パム(キルステン・ウォーレン)、ティム(エリック・ブラスコッター)、リアーナ(本人)

チアーズ3のネタバレあらすじ

【起】- チアーズ3のあらすじ1

ブリトニーは名門ビスタ高校のチアリーディング部のキャプテンです。高校3年生で、イケメンのブラッドが恋人です。キャプテンの座を争ったウィニーは、ブラッドに気がありました。
ある日の練習中、ウィニーはメンバーのブリアナのお尻が気になります。ブリトニーに注意するように呼びかけます。ブリトニーは言いづらいのですが、ダイエットをするようにとブリアナからお菓子を取り上げます。
豪邸の自宅に、愛車で帰ったブリトニーは、両親から引っ越しの話しを聞きます。父の収入が減り、クレンショー・ハイツが勤務先となったのです。学園祭間近のこの時期に、しかもキャプテンなのにと、ブリトニーは悲鳴をあげます。
友人に別れを告げると、皆は悲しんでくれます。ウィニーはキャプテン候補を争ったことから、時期キャプテンとなって喜んでいます。更にブラッドにも目をつけています。
違う場所でチアリーディングすることを、皆はチア売春婦と言い出します。ブリトニーは仲間と共に、チアリーディングをしないことを誓います。ポンポンを埋めますが、ブリトニーは掘り返してしまいます。
クレンショー・ハイツ高校は、ほとんどが黒人の生徒でした。そこへ愛車で乗り込んだブリトニーは、迷子になったのではと言われています。
教室へ向かうブリトニーは、チアリーディング部のキャプテンのカミールとぶつかります。カミールは落ちたバッグをどうしてくれるのかと怒り出すと、ブリトニーはそれは偽物よと言い返します。喧嘩になりそうでしたが、授業の始まりのチャイムが鳴って事なきを得ます。
教室に入ったブリトニーは、遅刻と先生に言われます。先生は黒板の文字をノートに写すように指示します。
この学校には一人に一冊ずつの教科書はありませんでした。もちろんパソコンもありません。前の高校とは違うことで、ブリトニーは教科書のことなどの発言によって皆から笑われます。
学食は有機野菜ではありませんでした。落ち込むブリトニーが食堂の席に座ると、他の生徒は立ち上がって、どこかに行ってしまいます。
余りにも辛いことから、トイレで前の高校の友人に電話をします。皆は自分たちがさっき送った映像を見て、嬉し泣きをしているのだと思います。

【承】- チアーズ3のあらすじ2

元気のないブリトニーが廊下を歩いていると、男子生徒とぶつかります。倒れてしまって、彼が手を差し伸べてくれますが、ブリトニーは立ち上がる気になれませんでした。
その生徒はジェシーという名前でチアリーディング部でした。彼も去年転校してきて、辛い思いをしたのだと話してくれます。
ブリトニーはジェシーやチアリーディング部のパフォーマンスを見に行きます。帰っていると、ジェシーが話しかけてきます。
ブリトニーは元チアリーディングのキャプテンで自信がありました。しかし、友人たちと誓いを立てたことから、チアリーディングをすることはできません。カミールがやってきて挑発してきます。
チアリーディング部の新人テストが行われ、ブリトニーは参加しにきます。次々と技が繰り出され、これが出来ない人は入れないと言われ、参加者は次々と帰っていきます。
ブリトニーは技を繰り出し、このぐらい出来ると誇らしげです。そしてテストが行われ、カミールの後に参加者は続いていきます。
ブリトニーはカミールのステップを把握し、対抗するかのように完璧に披露します。それを見たレティらメンバーは、ブリトニーのパフォーマンスを褒めます。しかし、ブリトニーは証明だけして、入る気がないと帰っていきます。
自宅に帰ったブリトニーは、母に誓いを立てたから、チアリーディングはできないのだと説明します。母は友人たちなら分かってくれると、チアリーディングすることを勧めてくれます。
翌日、ブリトニーが入部しにいくと皆は歓迎してくれます。気の強いカミールも紹介する時に、ブリトニーの名前を皆に伝えます。名前を知ってくれてたのだと、ブリトニーは少し驚きです。
練習が始まると、ブリトニーがアレンジを加えます。しかし、キャプテンのカミールは許可しませんでした。部員の案を聞き入れない姿勢に、ブリトニーはムッとなります。
一方、ビスタ高校ではウィニーが部活の指揮をとっています。ブリアナには食欲が無くなるまで走らせ、皆には厳しい練習を要求していきます。
更にはブラッドに向かって、ストリップを踊りだして興味を持たせます。ブラッドは勉強を口実に、ウィニーと会うことにします。

【転】- チアーズ3のあらすじ3

ある日、カミールが遅れてくることになります。男子たちはクランプダンスを踊っていました。怒りを表現するダンスで、ブリトニーはパフォーマンスに取り入れたら良いと考えます。
レティはカミールに怒られると反対でしたが、今はいないので皆はやることにします。実際やってみると良い出来で、カミールにも見せます。しかしカミールは認めませんでした。
チアリーディング部のことはテレビで取材されていました。ウィニーはブリトニーが映っているのを見つけます。
友人たちと共にブリトニーに追求しに行きます。チア売春婦と罵られ、ブリトニーは説明してなかったことを謝罪します。
ウィニーは評判がガタ落ちだと言ってきます。どっちを応援するか考えるようにと、カミールからブリトニーは言われます。
ある帰りに、ジェシーはブリトニーをビーチに誘います。ビーチと言っても、コンクリートビーチです。
町が見渡される景色の良い場所に行き、ジェシーはブリトニーの唇にキスをします。ブリトニーはブラッドに未練があったため、帰っていきます。
その夜、友人のアンバーに相談すると、ブラッドはウィニーと勉強なんかしてないと言われます。ウィニーはブリトニーのものが欲しいのです。
ブリトニーは金曜日が学園祭だとアンバーから聞きます。しかし、その日は試合がありました。カミールに愛犬の葬式だと嘘をついて休むことにします。
当日、カミールとジェシーが犬のためにお花を持ってきてくれます。家の中にいたのは、おめかししたブリトニーとブラッドでした。
ジェシーは以前ピザ屋のバイトで宅配に来ていました。その時にブラッドと出会っていました。ブラッドはジェシーを負け犬だと罵っていました。
お葬式のはずなのに、なぜおめかししてるのかと、カミールとジェシーは疑問に思います。ブリトニーは学園祭に行くために、どうしても休みが欲しくて嘘をつきました。そっちを選んだブリトニーをカミールはクビにします。

【結】- チアーズ3のあらすじ4

学園祭に出席したブリトニーは、ブラッドにウィニーのことを追求します。するとキングとクイーンが発表されます。
キングはブラッドで、ブリトニーがいないのでクイーンにはウィニーが選ばれます。ブラッドはこの後に、ブリトニーと過ごすホテルの部屋をとっていました。
ウィニーはブラッドが別れるために呼んだのだとブリトニーに言います。ブリトニーは、それならなぜホテルの部屋をとっているのかと言い返します。
頭にきたウィニーは、舞台の上でブラッドと寝たことを発表します。ブリトニーはブラッドと別れれて、すっきりしたと発表し返します。
チアリーディングのオーディション当日、クビになったブリトニーはカミールたちに応援のメッセージを伝えます。そこにウィニーたちが現れます。
ウィニーは、クレンショー・ハイツのチアリーディングがショボいなどと罵ります。ブリトニーは彼らは最高であると言い返します。カミールはブリトニーのことを許し、メンバーに再度迎え入れます。
オーディションにはリアーナが登場します。優勝者は、ミュージックビデオでリアーナの後ろで踊ることができます。各チームがパフォーマンスを行って、優勝を決める二組が選ばれることになります。
パフォーマンスが終わり、ブリアナが気を失って倒れてしまいます。ダイエットのために何も食べてなかったのです。チョコレートを分け与えると復活し、ブリトニーは自分が言ったことを謝りに行きます。
そしてブリトニーはジェシーに、ブラッドと別れたことを伝えます。気持ちを現す行動として、ジェシーの唇にキスをします。クランプダンス風に胸ぐらを掴みながらです。
優勝決定戦は、ビスタ高校とクレンショー・ハイツ高校になります。ビスタ高校の先攻で始まります。ヘリコプターなど大技が披露されて、カミールは対抗する術がないと困ります。
そこで新人テストの時のブリトニーのことを思い出します。ビスタ高校がパフォーマンス中に、バトルをしかけるかのようにブリトニー達は出ていきます。
ビスタ高校とまったく同じ踊りを披露し、大技は変化を加えていきます。そしてクランプダンスを使って、威圧的に舞台からウィニーたちを押し出します。
ブリトニーらのパフォーマンスに会場は沸きます。演技が終了し、ウィニーはリアーナに訴えます。しかし、リアーナはクレンショー・ハイツ高校の優勝を発表します。文句を言い続けるウィニーは、多数決でキャプテンの座を降ろされることになります。
最後にリアーナのミュージックビデオの撮影風景が映し出されます。そのバックにはブリトニーらが踊っています。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、優勝を決めたブリトニーらのダンスシーンです。バトルをしかけるように対抗しにいき、クランプダンスを披露していく場面は興奮間違いなしです。
また、主役のヘイデン・パネッティーアのキュートさも際立っている作品です。ファッションやメイクはもちろんのこと、自分だけが人種が違い、アウェーな中でも笑顔で向かう姿は面白いです。
さすがに落ち込んでしまいますが、新たな仲間と出会って、目標に向かって立ち向かう姿に元気づけられます。
ヘイデンだけでなく、カミールなど強気な女性陣のパワーは元気を与えてくれます。ガールズパワーを感じたい時にお勧めの映画です。

映画の感想を投稿する

映画「チアーズ3」の商品はこちら