映画:テルマエ・ロマエⅡ

「テルマエ・ロマエⅡ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

テルマエ・ロマエⅡの紹介:2014年公開の日本コメディ映画。4月26日(よい風呂の日)に公開された。主要キャストは前作を概ね継承し、ブルガリアのオープン・セットのヌ・ボヤナ・フィルム・スタジオで大々的な撮影が行われ、琴欧洲も出演している。

あらすじ動画

テルマエ・ロマエⅡの主な出演者

ルシウス(阿部寛)、山越真実(上戸彩)、ハドリアヌス皇帝(市村正親)、ケイオニウス(北村一輝)、アントニヌス(宍戸開)、マルクス(勝矢)、アケボニウス(曙太郎)、コトオウシュヌス(琴欧洲勝紀)、山越修造(笹野高史)、浪越徳三郎(菅登未男)

テルマエ・ロマエⅡのネタバレあらすじ

【起】– テルマエ・ロマエⅡのあらすじ1

ハドリアヌス皇帝が民の支持を得ていたローマ時代。

公衆浴場テルマエの技師・ルシウスは現代日本とローマとを行き来し日本の風呂文化を吸収することで、今では大人気の技師として皇帝の信頼も得ていました。

コロッセオでは戦いを繰り広げるグラディエーター(剣闘士)達が疲れており、彼らがくつろげる癒しの浴場を作る命令がルシウスに下ります現代日本にタイムスリップしたルシウスはマッサージチェアと入浴剤に感動しました。

その後グラディエーターたちは、粉末状の温泉成分入りの風呂に浸かり、人力のマッサージチェアで疲れを取りました。

前作ラストでテルマエの漫画を出版社に持ち込んだ真実は、「風呂が描けていない」と言われます

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「テルマエ・ロマエⅡ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×