映画:デンジャラス・ビューティー

「デンジャラス・ビューティー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

デンジャラス・ビューティーの紹介:2001年制作のアメリカ映画。美人コンテストに出場するハメになった、男勝りの女性FBI捜査官の悪戦苦闘を描いた作品。2005年に続編『デンジャラス・ビューティー2』も制作された。

あらすじ動画

デンジャラス・ビューティーの主な出演者

グレイシー・ハート(サンドラ・ブロック)、ヴィクター・メリング(マイケル・ケイン)、エリック・マシューズ(ベンジャミン・ブラット)、シェリル〔ミス・ロードアイランド〕(ヘザー・バーンズ)、スタン・フィールズ(ウィリアム・シャトナー)

デンジャラス・ビューティーのネタバレあらすじ

【起】– デンジャラス・ビューティーのあらすじ1

グレイシーは仕事一筋のFBI捜査官です

おしゃれには無縁で、男勝りの能力を武器に仕事に励んでいました

イケメンでモテモテの同僚・エリックとは対照的ですしかしグレイシーはある事件の捜査でミスを犯し、その結果仲間が怪我してしまいました

上司の命令でグレイシーは現場から外され、落ち込みます

そんなある日、ミス・アメリカ・コンテストの主催者宛てに、「シチズン」と呼ばれる手配中の連続爆弾魔から爆破予告が届きました エリック率いる特捜チームは、囮捜査のためコンテストに女性捜査官を潜入させることにします

グレイシーは嫌がりますが、他に適任者もなくグレイシーに白羽の矢が立ちました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(2件)

ライターの感想

至る所に笑える要素満載で,あっという間に終わってしまった気がするほど楽しい映画です。
野暮ったいサンドラ演じるクレージーが,プロの手により美しく変身する姿は痛快で女の子が持っている変身願望を満たしてくれます。ミスコンや出場者達を軽蔑していたグレイシーが,ラストではミスコンの仲間達たちから「MissCongeniality」のタスキをもらうシーンが印象的でした。
このタスキの“Congeniality”は聞き慣れない単語ですが,「誰とでも相性の合う人」という意味のようです。
最後にグレイシーはミスコン仲間と打ち解け「MissCongeniality」に選ばれます。原題の「MissCongeniality」が意味するところは,ここにありました。
  • yuttariさんの感想

    サンドラ・ブロックが演じているグレイシーが綺麗になっていく場面がすごく印象に残っています。男社会で生きてきた女性が、メイクやファッションでこんなにも変わることが出来き、美の為にとてつもないほどの、努力をしなければならない。刑事仲間も徐々に変わってくるグレイシーに、恋心を持ってしまう様な描かれて方も、男として気持ちが分かる部分もあり、ハッピーエンドも素晴らしい終わり方で、何回も観てしまいました。

映画の感想を投稿する

映画「デンジャラス・ビューティー」の商品はこちら

IMAGE

デンジャラス・ビューティー(Blu-ray Disc)

Blu-ray > 外国のドラマ映画
ワーナー・ホーム・ビデオ
サンドラ・ブロック(出演),マイケル・ケイン(出演),ベンジャミン・ブラット(出演),キャンディス・バーゲン(出演)…

¥1,100
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20