「ドリームガールズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

【転】– ドリームガールズのあらすじ3

ドリームガールズのシーン3

画像引用元:YouTube / ドリームガールズトレーラー映像

 6年後、ディーナはカーティスと結婚しました。そして映画クレオパトラに出演することになります。しかしディーナは乗り気ではありません。

彼女はカーティスに本当の私を見ていないと伝えます。しかし彼は彼女を本当に愛している、やっと見つけたと言いました。

一方エフィは娘と一緒に役所にいて、就職活動するよう勧められますが歌しか歌えないと言います。あの子の父親からの援助はと問われると、父親はいないと返答しました。C .C .からの送金も拒否します。

エフィは、ジミーの元マネージャーであるマーティの元を訪れます。

その頃、ジミーにカーティス、C .C .、ドリームズの3人は新曲を聴いています。皆はいい出来栄えだと思っていますが、カーティスだけ不満で却下します。ジミーはこの頃から今までより多く薬物を摂取するようになっていました。

マーティーは知り合いマックスのライブハウスで、エフィを雇ってもらうよう頼んでいます。そしてマックスたちの前で今の自分は変わったと歌を披露し、雇ってもらうことになりました。

一方ジミーはローレルから8年経っても結婚できない事を責められながら、ライブのステージに立ちます。湿っぽい歌は嫌だとソウルフルな楽曲に変えて、テンションが上がりスボンをおろしてしまいます。それを見ていたカーティスはクビを言い渡しました。

他にもほころびが見え始め、C .C .とカーティスは音楽性の違いが出てきました。すると泣きながらローレルが入ってきます。

なんと、ジミーがヘロインの過剰摂取により亡くなったのでした。何があろうとファミリーだとカーティスは言いますが、C .C .は出て行きました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ドリームガールズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×