「ドロップ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

コメディ映画

ドロップの紹介:2009年に公開された作品。私立の中学校に通っていたヒロシはナメられない為に公立の学校に転校し不良になる事を決めるのだった。そこで出会った達也達と喧嘩をしながら仲間になっていくのだが…。

あらすじ動画

ドロップの主な出演者

信濃川ヒロシ(成宮寛貴)、井口達也(水嶋ヒロ)、みゆき(本仮屋ユイカ)、木村ヒデオ(上地雄輔)、信濃川ユカ(中越典子)、森本隆(波岡一喜)、山崎秀樹(若月徹)、安城豊(綾部祐二)、小野(宮川大輔)、達也の親父(遠藤憲一)、体育教師(藤本敏史)、ファミレスの店員(村上知子)、宅配便(河本準一)、刑事(哀川翔)、教師(坂井真紀)、医師(益岡徹)

ドロップのネタバレあらすじ

【起】– ドロップのあらすじ1

ドロップのシーン1

画像引用元:YouTube / ドロップトレーラー映像

ヒロシは不良になる為に私立から公立の学校に転校する事に決めたのでした。

転校したクラスの女子達と楽しく話していると、森木とワン公がヒロシを呼び出し河原まで連れて来たのです。

河原にはルパンがいてヒロシに転校初日から大変だねと同情しながら達也にヒロシが来た事を報告するのでした達也は違う不良をボコボコにしている最中なのでした。

そして殴り終えるとみんなの所に集まり、ヒロシに喧嘩をしようと言うのでした。

ヒロシはいきなり喧嘩をする意味がわからず達也に断りますが、喧嘩が出来ないならそんな赤い髪にするなと言われたヒロシは私立に居た頃に不良にナメられていた事を思い出して腹が立ち喧嘩をする事にしたのでした ヒロシは何度も達也に立ち向かいますが達也の方が圧倒的に強くヒロシは血だらけになるのでした。

そして倒れたヒロシを見て帰ろうとしていた達也達でしたがヒロシはもう一度立ち上がり叫ぶのでした。

なんども立ち上がってくるヒロシに達也は殺す勢いで殴りかかり、森木が達也を止めに行くのでした止められた達也はラーメンを食べに行こうといきなり言い出しみんなは賛成するのでした。

そして達也はヒロシに名前を聞き一緒にラーメンを食べに行くかと聞くのでした。

ヒロシは嬉しさを隠しながら行くと答えたのですラーメン屋に着き、ヒロシはこの学校に不良は達也達4人だけだと聞かされショックを受けるのでした。

するとそこに達也の彼女のみゆきが現れ、初対面のヒロシの怪我をした顔を見て絆創膏を貼ってあげるのでした。

しばらくして、ヒロシは姉の彼氏のヒデが仕事をしている足場に行き、一緒にご飯を食べようと誘うのでしたすると姉のユカと仕事仲間の小野も現れみんなでご飯を食べるのでした。

小野は派手にやられたヒロシの顔を見て笑うのです。

そしてヒデは他の学生達より遊んでる分いつかツケは返さなくちゃいけないから気合い入れて遊べよと教えてくれるのでしたヒロシは家に帰り昔の学校の元カノに達也達の紹介をするのでした。

そして達也が原付で迎えに来たのでヒロシは電話を切るのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ドロップ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×