映画:ハイサイゾンビ

「ハイサイゾンビ」のネタバレあらすじと結末

ハイサイゾンビの紹介:2015年に公開された日本のゾンビ映画です。本作はサム・ライミ監督の「死霊のはらわら」を意識したスプラッター描写もありますが、内容はコミカルなものになっているのが特徴的です。「ハイサイゾンビ」というタイトルからも分かるとおり、沖縄発のゾンビ映画となります。沖縄市観光協会が地域のPRのために制作した映画で、同市の全面協力を得て撮影されています。そのためキャスト陣も沖縄にゆかりのある人になっています。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

ハイサイゾンビの主な出演者

ドン(ベンビー)、トミー(比嘉恭平)、コジャ(山城智二)、ゲン(アカバナー青年会)、サラ(川満彩香)、ショーン(知念だしんいちろう)、ゾンビ(村山靖)、ゾンビ(水井真希)

ハイサイゾンビのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ハイサイゾンビのあらすじ1

ハイサイゾンビのシーン1 森を駆け抜けている男女は、このままでは奴らの仲間になってしまうと焦っています。突然、女性のサラがきゃーと悲鳴を上げました。
いつの間にかゾンビが近づいてきていたのです。男性のショーンが死者の魂を沈めるエイサーを踊り始めると、ゾンビは倒れました。
そんな彼らの横で、機材を持った男たちが並んでいます。ゾンビが起き上がり、サラに襲い掛かりました。ショーンはごめんと謝りながら逃げます。
サラは「ノー」と手を伸ばし、ゾンビに噛まれたところで、「カット」という声が入りました。彼らはゾンビの自主制作映画の撮影を行っている最中だったのです。

監督のドンと助監督のトミーはサラと共に演技についての話を始めます。ゾンビ役のコジャも技術屋のゲンと演技について話をしていました。

ドンとトミーは走り去ったまま戻ってこない主人公役のショーンを探します。
その道中、ドンはバイトで貯めた金で自主制作映画が取れると意気込んでいました。しかしトミーは両親に結婚をせっつかれ、自分の幸せも考えたいと、今回の撮影で映画制作を止めたいと申し出ます。

ドンとトミーは落ちているショーンの持ち物を発見し、何があったんだと心配しました。その背後からショーンが現れます。彼は2人を驚かせようとしていただけでした。

面白い場所を見つけたというショーンに案内され、ドンたち映画制作チームは森の奥深くへと入っていきます。
その道すがら、素人とインディーズの違いは何かという話になり、ドンは「俺たちは最強の自主製作チームで、沖縄のサム・ライミを目指している」と大きな目標を語りました。

ドンたちは「この先、聖域につき立ち入り禁止」という看板に気づかず、奥に行ってしまいます。彼らが行った後、誰かの足が見え隠れしました。

【承】- ハイサイゾンビのあらすじ2

ハイサイゾンビのシーン2 ドンたちは撮影を開始します。演技が始まった瞬間、ゾンビらしき人影が近づいてきて、ショーンに襲い掛かりました。ショーンはむしゃむしゃとゾンビに食われ、大量の血が飛び散ります。
そこへコジャがやってきて、負けじとゾンビの演技を始めました。そのあまりの凄惨さに、ドン、トミー、サラは吐いてしまいます。
ドンたちはこっちに来いとコジャに呼びかけました。ここに来て彼らは本物のゾンビが現れたことに気づき、逃げ出します。

トミーたちは息を整えながら、今しがた起こったことを話します。彼らは恐怖しつつ、すごいものを見たと興奮してもいました。
そのときサラがドンの姿が見えないことに気づきます。すぐにドンが姿を現しますが、その後ろからゾンビがついてきていました。
ドンはゾンビの足は遅いから、捕まる心配はないと能天気なことを言います。しかし前からもゾンビが現れたため、コジャが棒で頭を叩きました。
結果、ゾンビではなくただの酔っ払いだと分かります。酔っ払いはふらふらとした足取りで先へと進み、本物のゾンビと何事もなかったかのようにすれ違いました。
そんな酔っ払いとゾンビを尻目に、ドンはショーンからの最期のメッセージを仲間に見せます。ショーンはみんなと映画が取れて良かった、先行ってるぜと言い残し、息を引き取りました。
ドンはここまで来たら戻れないと、ゾンビ映画の撮影を続行することを決めます。ただサラだけはイヤだと、1人その場を去りました。

【転】- ハイサイゾンビのあらすじ3

ハイサイゾンビのシーン3 トミーは主人公もヒロインもいない今、どうやって撮影を続けるんだと、ドンに尋ねます。そのときコジャが、ゾンビが人の動きを真似ることに気づきました。
これは行けると踏んだトミーはカメラをコジャに預け、ゾンビに対峙します。トミーがパンチすると、ゾンビもパンチしました。
ところがゾンビは途中で、人の動きを真似しなくなります。ゾンビはめちゃめちゃなパンチを打ち込んでいました。
ドンは蹴りも行けと指示し、トミーは蹴り技を披露します。ゾンビはパンチとキックを覚えました。

ドンたちは商店街に場所を移し、ここからは流れに任せて撮ろうと決めます。実はあらゆる格闘技に精通しているトミーが、ゾンビに勝負を挑みました。
トミーとゾンビは激しい肉弾戦を繰り広げます。次第に力量の差が現れ、トミーは押され始めました。
ドンがカットと叫び、ゲンがゾンビを止めにかかります。ゾンビはゲンの腕に噛み付きました。
トミーがゾンビを引き剥がし、ゲンを助けます。そのままゾンビに殴りかかり、2回戦が始まりました。
トミーは何度も殴りかかりますが、ゾンビに右腕を掴まれ、引きちぎられてしまいます。腕から大量の血が噴き出しました。
ドンは武器を渡します。トミーは渡された武器を使い、ゾンビの首を刎ねました。

その頃、サラはゾンビの集団に囲まれていました。彼女は必死で逃げますが、その先にもゾンビは待ち受けていて、前後を挟まれてしまいます。サラはどうすることもできず、ゾンビに噛まれました。

【結】- ハイサイゾンビのあらすじ4

ハイサイゾンビのシーン2 夜になり、ドンたちは歩いています。トミーは「良い画が撮れたか」と話しかけ、ドンは「あぁ」と答えました。
彼らはひとまず休憩することにします。そのときトミーがゾンビの集団に気が付きました。
トミーはゾンビの群れに捕まり、襲われます。ドンたちは必死でゾンビを引き剥がし、トミーを助けようとしました。
彼らは近くにあった手斧を取り、ゾンビたちを攻撃します。ドンはトミーを運びますが、彼は帰らぬ人になってしまいました。
怒りが収まらないドンは手斧を取り、ゾンビたちをなぎ倒していきます。その姿をコジャが撮影していました。
次々とゾンビの群れが襲い掛かってきます。ドンは手斧を振るい、ゾンビを一撃で倒していきました。
ゾンビは地面に倒れ伏しながらも「うー」と呻いています。それを見下ろしつつ、ドンは「今までの俺たちはゾンビと何も変わらなかったけど、今は生きている」と熱く語り、「生きたいだろ、撮りたいだろ」と叫びました。彼は「行くぜ」とコジャとゲンに発破をかけます。

ドンは手斧を振るって、どんどんゾンビを倒していきます。コジャはカメラを、ゲンはレフ版を構え、ドンの奮闘振りを撮影していきました。

あらかたゾンビを片付けたドンたちは商店街をのろのろと歩いています。疲弊しきった彼らは休むことにしました。
コジャは「腕は大丈夫か?」と聞きます。ゲンは「大丈夫だ」と答えました。
コジャとドンも腕を確認し、ゾンビの噛み跡を見つけます。彼らははははと笑い声を上げました。

着物を着た女が歩いています。彼女は人の腕を手に持ち、倒れこむゾンビの間を進んでいました。

ゾンビの群れが商店街を埋め尽くします。彼らは唸り声を上げながら、さ迷い歩いていました。

ゾンビと化しつつあるドンが、「1発で撮るぞ」と指示しています。カメラを構えているのはゾンビとなったトミーでした。ゲンもゾンビになりつつあります。
ゾンビと化したサラが「死にたくない」と叫び、同じくゾンビと化しているコジャが襲い掛かります。
ドンは「生きたいという執着心が良く出ている」と満足げでした。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

トミーとゾンビの肉弾戦は意外と迫力があって、見ごたえ十分でした。コミカルな感じも悪くなく、ラストのオチもこの映画らしいものだと感じました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ハイサイゾンビ」の商品はこちら