「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

2011年公開のアメリカのコメディ映画。2009年に公開された「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の続編。公開初週末に全世界で1億7780万ドルを稼ぎ、コメディ映画史上最高の初動記録となった。舞台はラスベガスでの騒動から2年後。スチュの結婚式のためにタイを訪れたフィル、アランとダグ。式の2日前の夜、浜辺でビールを飲んだところまでは記憶があったが、目覚めた時には、またとんでもないことに…。

あらすじ動画

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越えるの主な出演者

フィル・ウィネック (ブラッドリー・クーパー)、スチュアート・プライス(エド・ヘルムズ)、 アラン・ガーナー (ザック・ガリフィアナキス)、ダグ・ビリングス (ジャスティン・バーサ)、レスリー・チャウ(ケン・チョン)、シド・ガーナー(ジェフリー・タンバー)、ローレン(ジェイミー・チャン)、テディ(メイソン・リー)、サミール(ブライアン・カレン)、キングズリー(ポール・ジアマッティ)、トレイシー・ビリングス (サーシャ・バレス)、ステファニー・ウィネック (ジリアン・ヴィグマン)、キミー( ヤスミン・リー)、フォーン(ニルット・シリジャンヤー)、マイク・タイソン(カメオ出演)

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越えるのネタバレあらすじ

【起】– ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越えるのあらすじ1

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越えるのシーン1

画像引用元:YouTube / ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越えるトレーラー映像

ラスベガスでの騒動から2年後、スチュ・プライス、フィル・ウィネック、アラン・ガーナーとダグ・ビリングスは、スチュとローレンの結婚式のためにタイを訪れます。ローレンの父は明らかにスチュを嫌っており、またローレンの弟である、優秀な16歳のテディを溺愛していました。

結婚式前のパーティーがあった夜、スチュ、フィル、ダグ、アラン、そしてテディは、浜辺でキャンプファイアをしてマシュマロを焼き、スチュとローレンの門出を祝ってビールで乾杯しました。

その翌朝、フィルは見知らぬ安ホテルの一室で目を覚まします。部屋には何故か頭を剃り上げたアランと、顔に派手なタトゥーを入れたスチュもいます。そしてさらに、謎の猿が一匹いるのでした。前夜の記憶が全くない3人。その時、ダグから電話がかかってきます。ダグだけは、昨夜先にホテルに戻ったため、無事だったのです。

ダグと電話で話している最中、フィルは部屋の中で、水の入った容器の中から、テディの指輪のついた切断された指を発見して動揺します。フィルはとりあえず、ローレンたちには「俺たちはテディを連れて釣りに行ったと伝えておいてくれ」とダグに頼むのでした。

部屋には、前回ラスベガスで別れたはずのチャウも寝ていました。アランがスチュに内緒で、勝手に招待していたのです。しかし、テディの姿だけがどこにも見当たりません。前夜何があったのかチャウが話そうとした時、コカインを吸い込んだチャウは、いきなり昏倒します。その場でチャウの脈がないことを確認した3人は、パニック状態になりながら、とりあえずチャウの遺体を布で包み、ホテル内の製氷機の中に押し込みました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×