「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

映画「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」の感想

ライターの感想

バンコクの混沌とした雰囲気の中、アホらしくも真剣な道中を繰り広げる3人の様子が面白いです。特に、ニューハーフのショーパブのくだりは、くだらなくて最高です。一切喋らない僧侶や、いきなり殴りかかってくる僧侶も味があって良いと思います。2011年作ということで、今ならポリコレ的にひっかかりそうな表現が満載ですが、当時だからこそこうした作品ができたのでしょう。10年で世の中大きく変わったものだと感じさせる映画です。
    1 2 3 4 5

    「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    こちらもおすすめ

    ×