「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

コメディ映画

2009年アメリカ制作のコメディ映画。結婚式2日前に独身パーティーのため、親友2人と新婦のちょっと変わった弟と4人でベガスに出かけた新郎。祝杯をあげて酔っぱらって目覚めると、新郎のダグがいない。そして昨晩の記憶すらない。親友のフィルとステュと未来の弟アランが、結婚式に間に合うよう、必死にダグを探しだそうとしますが、いろんな問題が。無事彼らは結婚式に間に合うのでしょうか?

あらすじ動画

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いの主な出演者

(フィル)ブラッドリー・クーパー (ステュ)エド・ヘルムズ (アラン)ザック・ガリフィナーキス (ジェイド)ヘザー・グレアム (ダグ)ジャスティン・バーサ ジェフリー・タンバー マイク・エップス マイク・タイソン

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのネタバレあらすじ

【起】– ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのあらすじ1

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのシーン1

画像引用元:YouTube / ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いトレーラー映像

結婚式の花が運ばれている。綺麗なウェディングケーキ。結婚式の花婿のダグは留守番電話になっている。今日は挙式の日なのに、ダグの友人のステュとフィルも留守電になっていた。花嫁トレイシーは、皆留守電になってると母親に心配そうに言う。

そこにフィルから電話がかかってきた。「もうダメだ。独身パーティーでダグが行方不明だ」という。式は5時間後。「間に合わない」と彼は砂漠から電話をしている。

2日前。ステイシーのちょっと変わった弟アランが、結婚式用の服の採寸をしている。採寸している男性が股間に触ったと文句をいう。

アランは独身パーティーを自分抜きの方がいいのかどうかダグに聞いた。結婚すれば俺の弟になるんだから来いよと彼は誘い、採寸し終わったアランの下着のOバックを見ないよう、未来の弟をハグした。

ダグは達は独身パーティーでベガスに向かうのだが、トレイシーの父から、他の者には運転させない、特にアランは!と念押しされ、愛車ベンツのヴィンテージのオープンカーを借りた。トレイシーの父は、ベガスの出来事はベガスに置いてこいと寛大な対応だった。

ダグの親友、教師のフィルは、生徒から天文台の見学料を90$を生徒から集めていた。そして引き出しからベガス行きのお金と、たった今、生徒から徴収した見学料をちょっとばかり拝借して、ダグとの独身パーティーのためベガスに向かおうとしている。

外ではダグとアランが車で待っている。アランが顔を隠し、「学校に近すぎる」という。彼は学校とファミレスに接近禁止令が出ていた。フィルが学校から出てきて車に乗り込んだ。

その頃ダグのもう一人の親友、歯科医のステュは、同棲している神経質な彼女メリッサに、独身パーティーの行き先をベガスとは言い出せず、ナパ・バレーのワイン畑ということにしていた。

ダグ達がステュの家に着き、「ドクター・ファゴット(ホモ)」と彼を大声で呼び、彼女は嫌そうな顔をした。

こうして4人が揃い、一行はベガスに向けて車を走らせている。突っ走れ!アランがオープンカーで立ち上がり大騒ぎし、隣のレーンを走っていた後部座席の少女に中指を立てられた。

追い越されるのでフィルが運転を代われと言うが、婚約者の父親との約束があるので運転させることが出来ない。アランは父親は自分よりもこの車を愛しているという。

ダグはアランに右車線は?と聞き、アランが空いていると言うので、車線変更したところ、危うくトラックに接触しかけ、クラクションを鳴らされた。大喜びするアラン。笑っていたのは、フィルとアランだけだった。

途中ガソリンを入れているところ、ヴィンテージのベンツを見た老人が、素晴らしい車だとアランに声をかけた。アランは触るな、見るな、そして俺も見るな、あっちへ行けと追い払った。スタンドで買い物をしていたフィルは、その姿を見て、アランのことを変わったやつだと話している。ダグは未来の弟は変な奴だが大丈夫だと答えた。

夜になり一行はラスベガスに着いた。予約していたホテル・シーザーパレスに到着し、フロントでチェックインする。

12階のスイートをヴィラ4200$の部屋に変更した。支払いはダグ以外の3人で割り勘することになった。アランはフロントの女性に、このホテルは古代ローマ帝国のシーザーが住んでいたのか?と頓珍漢なことを聞いていた。

彼らの独身パーティの部屋はラスベガスの夜景が見える、広いゴージャスな部屋だった。ステュはベガスにいることは言わず、ワイナリーにいるかのように彼女に電話していた。

ステュはダグの結婚式の後、彼女にプロポーズする予定だと、ダグとフィルに祖母の指輪を見せる。

アランが、カジュアル過ぎる服装で右手にナイロン袋を持ち誘いに来た。他の3人はスーツだった。

そのままエレベーターに乗って上まで行き、彼らは屋上に上がった。ベガスの夜景の眺めは素晴らしかった。アランが持ってきた酒で、ダグとトレイシーの結婚を祝って4人は乾杯した。

話したいことがあるとアランがいい、メモを読みだした。支離滅裂な内容だった。アランはメモを読み上げた後、手のひらをナイフで切って、血の誓いをしようとした。ダグがナイフを取り上げ、4人は再びベガスの夜景をバックに乾杯した。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×