映画:バッドティーチャー

「バッドティーチャー」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

バッド・ティーチャーの紹介:お金持ちと結婚したいエリザベスは、玉の輿が決まって中学教師の仕事を退職する。しかし、金にしか興味がないことがバレて破談に。仕方なく同じ中学で仕事復帰するが、やる気はまったく無かった。そんな彼女の学校に金持ちのスコットが転任してくる。キャメロン・ディアス主演の恋愛コメディ映画。ジャスティン・ティンバーレイクとキャメロン・ディアスは、以前交際していて共演が話題となった作品。

あらすじ動画

バッドティーチャーの主な出演者

エリザベス(キャメロン・ディアス)、スコット(ジャスティン・ティンバーレイク)、エイミー(ルーシー・パンチ)、ウォリー(ジョン・マイケル・ヒギンズ)、ラッセル(ジェイソン・シーゲル)

バッドティーチャーのネタバレあらすじ

【起】– バッドティーチャーのあらすじ1

中学の教師をしていたエリザベスは結婚が決まって退職することにします。他の教員や生徒とは関わり合いを持たずに過ごしてきたので、別れの挨拶も淡々としていました。

退職の挨拶も済ませて、家に帰ると未来の旦那が待っていました。しかし、その横には彼の母もいました。彼はエリザベスに先月使った高額なお金の事を聞き、金目当てだったのかと言います。結婚の話は破談になってしまいます。

行く当てのないエリザベスは退職した中学で直ぐに復帰することになります。教師の仕事にやる気はなく、映画を子供達に見せるだけでした。子供達は楽で喜んでいました。

やる気のないエリザベスの中学にスコットという臨時教師が転任してきます。彼は家系が時計デザイナーでお金持ちでした。

スコットの前の恋人の写真をエリザベスは見せてもらいます。とても胸の大きい恋人でした。エリザベスはスコットと交際するために豊胸手術をすることを決めます。

エリザベスは豊胸手術の費用を病院に聞きに行きます。支払いは前払いのみで、9300ドルと言われてしまいます。また金を用意して戻って来るとエリザベスは病院側に伝えます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「バッドティーチャー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×