映画:バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー

「バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【転】– バッドマン 史上最低のスーパーヒーローのあらすじ3

バッドマン 史上最低のスーパーヒーローのシーン3

画像引用元:YouTube / バッドマン 史上最低のスーパーヒーロートレーラー映像

首から提げているロケットペンダントと指輪を見て、自分は既婚者だとセドリックは気づきました(違うけど)。カバンのなかには大金といっしょに新聞紙が入っていました。悪党はピエロという名だと知ります。

腕の器具を操作すると、執事のウォルターが映像で連絡事項を教えてくれます。「バッドマンの妻子がピエロに誘拐された」ことを知ったセドリックは、ピエロからのメッセージ「翌日の20時に金を持ってヴォークレッソン城へ来い。来なければ家族を丸焼きにする」を信じ込みました。いずれも映画のストーリーです。

金を持っているのはそのためだと気づいたセドリックは、書き置きを残して窓から去っていました…。

4人家族を拘束してエレオールは自白させました。セドリックが隠された部屋に行き書き置きを見つけたエレオールたちは、セドリックが映画の話を信じ込んでいると気づきました。

風船で膨らんでいるハムスターの下着を見た猫が、男性に襲いかかりました。風船は割れ猫は吹き飛び、ひっかかれた男性は悲鳴を上げます。

セドリックはヒッチハイクをしてヴォークレッソン城へ行こうとしていました。通りかかった女性ロール・ラヴィルに乗せてもらいます。車中、ロールは3年付き合った彼氏と別れた愚痴をえんえん話しました。セドリックはそれを聞きながら慰めます。

その頃、撮影現場では「代役」を立てて撮影が進んでいました。代役とは、セドリックの顔写真をつけた黒子のことです。意外とバレないとスタッフが話しています。監督はプロデューサーのフランソワーズに、脚本を書き直して掃除機をうまく映画に活用できるようにしたと答えます。

エレオールたちも車を走らせていました。そこへセドリックとロールの車が通りかかりました。セドリックは記憶がないので、エレオールたちに手を振られても判りません。セブが幻覚を見てあせり、事故を起こしました。せっかくセドリックを見つけたのに、エレオールたちはロールの車を見失います。

フォンテンブローで銀行強盗事件が発生したと聞いたロールは、立ち寄りたいとセドリックに言います。ロールは記者でした。セドリックを乗せたままロールは現場へ行くと、カメラを手に取材しに行きます。現場にいた警官にインタビューしようとすると、それは警官の格好をした強盗犯でした。ロールは連れ去られそうになります。

それを見たセドリックはジャージを脱いでマスクをかぶると、ボディスーツ姿で強盗犯のところへ行きます。カッコいいセリフを悪党に向けてしゃべっているのですが、窓ガラスの防音機能がしっかりしていて悪党にもロールにも聞こえません。

車外に出てきた悪党とセドリックは戦います。悪党は銃で撃ちますが、セドリックはノーダメージでした。ボディスーツの効果ではなく、悪党はセドリックが持っていた撮影用の拳銃(ニセモノ)で撃っただけでした。取っ組み合いの際にスーツに隠れていたハチ(警官との騒動のときの)が、犯人の口に入りました。直後にセドリックがボディスーツのガスを噴霧したので、そのガスで犯人が倒れたかのように見えました。

戦いのあおりを受けて、ロールの車は爆破されました。セドリックは犯人の車にロールを乗せて去ります。車中でマスクを外したセドリックを見て、ロールは驚きました。セドリックは自分がバッドマンなのだと言いますが、ロールは半信半疑の顔でした。

父・ミシェルは安全運転できる車の会議に出ていました。居眠り防止でビンタするヘッドレスト、スピード違反すると椅子の下からお仕置き棒が出てくるなどのアイデアを聞いていると、そこへ銀行強盗の一報が入ります。映像を見るとバッドマンの格好をした者が、車を運転して去っている様子が映りました。これが犯人かとミシェルたちは思います。

映像はニュースでも公開されました。バッドマンの格好をしたセドリックだと気づき、プロデューサーのフランソワーズと監督は愕然とします。監督は驚きのあまり、気絶しました。

セドリックとロールは車を降りて、公園で途中で話をします。いいムードになったセドリックは、木の上から逆さ向きでロールにキスをしようとします。(映画『スパイダーマン』の名シーン)そこへスキゾーが追ってきました。セドリックが倒した悪党は、スキゾーの手下だったのです。スキゾーとセドリックの追走劇で公園内はパニックになりますが、セドリックはなんとか逃げおおせてヴォークレッソン城に向かいます。

妹・エレオールとセブ、アダムは事故を起こして移動手段がなくなりますが、やってきた救急車を盗んでヴォークレッソン城に向かいます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×