映画:パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフ

「パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフ」のネタバレあらすじと結末

パグ・アクチュアリー ダメな私のワンダフル・ライフの紹介:2018年11月3日公開のイギリス映画。初めての愛犬に振り回されっぱなしの女性が恋に仕事に奮闘する姿を描いたイギリス製ロマンティックコメディ。ロンドンで暮らす高校教師サラは恋人募集中。ある日、サラの祖母が他界し、飼っていたパグ犬パトリックを相続することに…。

あらすじ動画

パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフの主な出演者

サラ・フランシス(ビーティー・エドモンソン)、ベット(エド・スクライン)、ベン(トム・ベネット)、モーリーン(ジェニファー・ソーンダース)、ベッキー(エミリー・アタック)、ローズマリー(チェリー・ランヒ)、ヴィッキー(エミリア・ジョーンズ)、アルバート(ベルナルド・クリビンズ)

パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①サラは何をやってもうまくいかない。祖母・フローレスが他界し、飼い犬のパトリックをサラは相続することに。ペット禁止のアパートに住むサラは困ったものの、パトリックを引き取って生活を始める。 ②パトリックを飼い始めてから、サラの周囲の人間関係がうまくいくように。サラにはベンという恋人もでき、新しい高校の職場でも受け入れられるようになった。

【起】- パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフのあらすじ1

パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフのシーン1 イギリス。

サラ・フランシスは、自信のない女性でした。そのため、なにをやっても裏目に出ています。
その日もサラは、付き合っている男性に「好きな女ができた」と振られます。

なぜサラが自信を持てないかというと、育った環境にあります。
サラには優秀な姉・キャロラインがおり、サラはいつもキャロラインと比較されて育ちました。
キャロラインは弁護士になり、幸福な結婚もしています。
姉のキャロラインにバカにされているサラは、両親からもダメ女の烙印を押されていました。
それが影響し、サラはなにをやってもうまくいかない気がします。

サラの住むアパートには、ペット禁止でありながら、こっそり犬を飼っている老女・セリアがいました。
サラはセリアが犬を飼っているのを知っていましたが、家主に告げ口はしていません。そこまで関心がないからです。


同じ頃。
サラの祖母・フローレスは、豪邸で鼻ぺちゃの飼い犬のパグ、パトリックを大事に育てていました。
服を着せ、高級なフードをやり、散歩にも連れて行っています。

ある日、散歩の途中でフローレスが倒れ、92歳の人生に幕を閉じました。
9歳の飼い犬、パトリックが残されます…。


フローレスは金持ちだったので、フローレスの葬儀には、サラの親族一同が集まりました。
サラも祖母の葬儀に駆け付けます。
サラは高校で、国語教師の仕事が決まっていました。それを両親に告げますが、姉が弁護士をしているので、教師の仕事は評価されません。

祖母・フローレスの形見分けが、遺言にのっとって行われます。
サラに与えられたのは、パグ犬のパトリックでした。
サラは犬好きではないし、ペット禁止の賃貸物件に住んでいるために、犬を相続されたことに不満を持ちます。
しかし断ることができず、引き取ることになりました。

サラは犬のための買い物をし、帰宅します。
人目を気にしつつアパートの自室に入ったサラは、SNSで飼い主を募集しようと考えていました。


翌日。
朝の6時からパトリックが騒ぎ、外へ出たがります。
車で広い場所へ散歩に連れ出したものの、リードをつけるのを忘れたサラは、パトリックを追ってへとへとになりました。
パトリックを連れてきてくれたのは、イケメンの男性・ベンでした。
(注:ベンという名だと分かるのは、もっとずっとあと)
犬連れの男性は、犬を飼う仲間にやさしいと、サラは知らされることになります。

【承】- パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフのあらすじ2

パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフのシーン2 その翌日。
この日、サラは初出勤の日です。
寝坊したサラは、パトリックをトイレにだけ外へ連れ出すと、すぐに家に置いて、職場であるデーンマン高校へ出かけました。
留守番をしていたパトリックは、そのあいだに悪さをたくさんするのですが、それをサラが知るのは、帰宅後です。

デーンマン高校へ出勤したサラは、同僚と会います。
めがねをかけた太めの女性教諭・モーリーンは、生徒が作ったお菓子を先生たちに渡しました(家庭科教諭?)。
体育の女性教師・ベッキーは、運動が嫌いなサラにやたらスポーツをお勧めします。
ピーターズ先生は、サラに厳しく接しました。

高校生の生徒たちは勉強熱心ではありませんが、問題児もおらず、サラはシャーロット・ブロンテの作品『ジェーン・エア』を題材に、授業を行ないます。
最初、生徒たちはサラの言葉を受け流しかけていましたが、サラは次第に、生徒たちの心をつかみます。


学校の勤務を終えて帰宅すると、パトリックが留守中にイタズラをしており、部屋がぐちゃぐちゃに散らかっていました。
アパートの住民のセリアがサラ宅を訪ね、留守のあいだにパトリックが吠えて騒いでいたと注意します。
このままだと家主に見つかるのも時間の問題だと、セリアは気にしていました。芋づる式に、自分の家の犬も見つかるのが怖いのです。
サラはセリアに事情を話して、預かってくれないかと頼みました。

翌日。
出勤前にサラはパトリックを連れて、セリア宅へ行き、パトリックを預けます。
セリアは自分の飼い犬、ウェンディといっしょにパトリックの面倒もみました。
しかしパトリックがイタズラをし、ウェンディにも迷惑がかかったため、セリアは怒ります。
セリアは1日だけ面倒をみてくれましたが、サラに返す際に、もう面倒をみないと宣言しました。

【転】- パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフのあらすじ3

パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフのシーン3 さらに次の日。
預かってくれる人がいなくなったので、サラはパトリックを学校へ連れていきます。
用務員のおじさんに交渉して、有料で預かってもらいました。

ところがサラの授業中、そのおじさんがパトリックを連れて教室へやってきます。
パトリックが昼食を盗み食いしたことで、用務員のおじさんは怒っていました。パトリックを突き返します。
昼食のサンドイッチに、犬が中毒を起こすチョコレートが入っていたと聞いて、サラはパトリックを動物病院へ連れて行こうとしました。
優等生の女子生徒ヴィッキー・アンドリュースに、教室のことを任せます。

血相を変えたサラが犬を連れて教室を出ていくのを見たピーターズ先生は、サラを辞めさせる口実になると思い教室を見に行きました。
教師のいない教室が騒ぎになっていると期待して覗き込みますが、サラのいなくなった部屋は静かで、みんなまじめに自習をしています。

ピーターズ先生はがっかりして去りました。
教室が静かなのは、ヴィッキーがみんなに指示していたからです。
またこのことがきっかけで、生徒たちもサラの飼い犬、パトリックをかわいがるようになります。


動物病院に駆け込んだサラは、そこでイケメンの獣医・ベットと会い、食事の約束を取り付けられます。
後日、サラはベットと夕食を共にとりました。
ところがベットは仕事ではなく、ドラマを見ていて遅刻して現れ、鼻持ちならない会話をし、食事も割り勘でした。
サラはベットに幻滅します。


マックスという犬を見つけたサラは、先日会ったイケメン男性、ベンと再会します。
ベンとのおしゃべりは、サラにとっては楽しいものでした。

犬をアパートで飼っているのが家主にばれて、サラは家を出なくてはならなくなります。
同僚のベッキーが、「兄が留守にするから、そのあいだ、兄の家で暮らせばいい」と言ってくれました。
その家は厳密には家ではなく、船でした。
サラは気に入って、大喜びします。

【結】- パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフのあらすじ4

パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフのシーン2 その後、サラはパトリックと共に、その船に引っ越しました。
ベンも引っ越し祝いを持って、訪ねてきます。


サラの教え子の女子生徒・ヴィッキーが学校を休んでいるので、サラは家庭訪問をします。
応対をしたのは、ヴィッキーの母親でした。
ヴィッキーの両親は近々離婚をし、母は恋人と暮らし、ヴィッキーは父親と暮らすことを、サラは知ります。

サラはヴィッキーと会い、励まそうとしました。
ずっと自分が優等生の姉の陰に隠れ、生きて来たことを告げ、国語の再テストを土曜日にすると告げます。
ヴィッキーはサラの計らいを喜び、土曜にテストを受けました。


サラはそれまで、自分の人生がずっと駄目だと思っていました。
しかし祖母・フローレスの飼い犬だったパトリックを引き取ってから、いままで不調だった人間関係が、いつのまにかうまく回っていることに気づきます。
サラはパトリックに感謝しました。パトリックをかわいがります。

ある日、散歩の途中でサラが目を離したわずかの隙に、パトリックがいなくなりました。
パトリックは猫を見つけ、近寄ろうとして小舟に乗り込んでしまったのですが、サラはそのことを知りません。
心配したサラは、あちこち探し回ります。

サラが好意を持っていたベンは、教え子・ヴィッキーの父親でした。
そのことを知ったサラはショックを受けます。
ベンは折を見て話すつもりだったらしく、ショックを受けたサラに花束を持ってきました。
しかしサラはパトリックを探すために留守にしており、ベンは花束を置いて去ります。


サラの勤務するデーンマン高校の生徒と教師たちが、チャリティー関連のマラソンに参加しました。
サラはベンの知人の老人・アルバートに電動カートの車いすをプレゼントしたくて、遅刻したものの出走します。
ゴール間際でくたびれたサラに、ベッキーとヴィッキーが肩を貸してくれました。
サラは無事にゴールをし、そこへ小舟からおりて戻ってきたパトリックが駆け付けます。


後日。
ゴールしたサラは、チャリティーのお金でアルバートに、電動カートをプレゼントできています。
アルバートは電動カートを使って、外出していました。
サラはパトリックと、楽しく生活しています。
休日、ベンとヴィッキー親子が船に遊びに来ており、サラはベンとの交際を始めています…。
(ハッピーエンド)

みんなの感想

ライターの感想

非常に判りやすいストーリー。どこへ着地するかというのも、早期の段階で想像がつく。
…それゆえに、もうちょっと中身を「冒険」してもよかったのに…と悔やまれてならない。
面白くないわけではないのだが、ストーリーが中途半端。もっとハチャメチャにしてしまったほうが、よかったかも。
主人公の性格も置かれた状況もみんな「そこまでひどくない」ために、コメディ色があっても、笑えるわけではない。
最後は「よかったね」となるわけだけど、それまでの過程が「ひどくない」ために、「ああ、よかった」と思えるわけでもない。
平凡すぎる話。もっとパンチのきいた作品を希望。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフ」の商品はこちら