映画:パージなナイトブラックさん家の史上最悪の12時間

「パージなナイトブラックさん家の史上最悪の12時間」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

パージなナイト ブラックさん家の史上最悪の12時間の紹介:2016年製作のアメリカ映画。ホラー映画『パージ』をパロディ化したサバイバル・コメディ。1年に1晩、あらゆる犯罪が許される法律『パージ』を避けてビバリーヒルズに引っ越したブラック家だが…。

あらすじ動画

パージなナイトブラックさん家の史上最悪の12時間の主な出演者

カール・ブラック(マイク・エップス)、ロレーナ(ズライ・エナオ)、アリー(ブレシャ・ウェッブ)、ジュニア(アレックス・ヘンダーソン)、ジェームズ・クラウン(マイク・タイソン)、トッド(スヌープ・ドッグ)、クローナット(リル・デュバル)、キー・フロー(チャーリー・マーフィー)

パージなナイトブラックさん家の史上最悪の12時間のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①黒人男性・カールはブラック家の大黒柱。家族を守るために治安のよさそうなビバリーヒルズに一軒家を買い、パージから逃れようと転居した。しかしパージの夜、ブラック家を次々に刺客たちが襲う。 ②カールを襲う人たちはみな「まっとうな理由がある人たち」ばかり。それら全員を撃退したカールは山奥に引っ越すが、ジェイソンがそれを見守っている。

【起】– パージなナイトブラックさん家の史上最悪の12時間のあらすじ1

近未来のアメリカ…。

〝アメリカ、2022年、失業率1%。犯罪率、過去最低。暴力ほぼ存在せず。ある例外を除いて…〟

〝新しい建国の父に祝福あれ。浄化(パージ)で魂は清められる。再生したアメリカに祝福あれ〟

アメリカでは、〝パージ(浄化)法〟が制定されたことにより、犯罪率が著しく低下し、平和な世の中ができていました。

パージ法とは、1年に1度、1夜だけ「殺人を含む、すべての犯罪が合法になる」という法律です。

もちろん全ての国民が犯罪をおかす側にまわるわけではなく、家でその時間、ひっそりと暮らしてやりすごそうとする人間もいます。

(映画『パージ』のパロディ。なので映画『パージ』第1弾の内容を踏襲して作られている。知らなくても理解できる内容に仕上がっているが、本家の『パージ』を知っていると家族構成や娘の彼氏の行動などのパロディぶりが理解できて、さらに面白い)

さてそんな世の中で。

中年黒人男性のカール・ブラックは、ふだんは電気配線の仕事に就いています。

しかしカールは〝パージ法〟にうんざりしていました。12時間、誰に対してどんな罪を犯してもよく、銃殺も刺殺もアリで、死と暴力が支配するこの一夜を憎んでいると言っても過言ではありません。

カールには10代半ばの娘・アリーと、10歳くらいの息子・ジュニアがいました。さらに後妻として、ロレーナという若いお色気系の女性と再婚しています。

カールは家族が大事でした。なんでもアリなパージの夜に家族が命を落とすなど、考えたくないのです。

ある事情(後述)で大金を手に入れたカールは、イリノイ州シカゴを脱出し、カリフォルニア州ロサンゼルスのビバリーヒルズの家を購入し、引っ越しました。

なぜビバリーヒルズかって? ビバリーヒルズといえば、白人の超セレブな人たちが住んでいそうだからです。白人の超セレブな人たちだったら、絶対に殺人なんてヤバンなことをしそうにないからです。

カールはそのように、勝手な「逆偏見」を持っていました。自分が黒人でありながら「黒人はヤバンで、白人のセレブな人たちは紳士的だ」と思っていたのです。

そういうわけで、3日前に家族ともどもシカゴを「脱出」し、ビバリーヒルズの豪邸を購入したカールは、一家を引き連れて家にやってきました。

カールの妻・ロレインはゴージャスな美女です。

カールの娘のアリーは、フリーズという彼氏と付き合っていますが、カールはフリーズとの交際を反対しています。

カールの息子・ジュニアはヴァンパイア(吸血鬼)に憧れを持っていました。またメカ好きで、ドローンに監視カメラをつけて室内に飛ばします。

カールは自分の家族だけで越してきたかったのですが、なんだかんだ言いながら友人の黒人男性・クローナットがくっついてきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パージなナイトブラックさん家の史上最悪の12時間」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×