「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

2017年アメリカ公開。この”ビッグ・シック”は異文化と難病です。奇想天外ですが実話です。主演のクメイルに起こった真実を、本人が脚本を書き、演じています。到底乗り越えられそうにないトラブルも笑いに変えていきます。たった5スクリーンの公開から始まり、笑いとハッピーで全米を包んだ作品です。

あらすじ動画

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの主な出演者

クメイル(クメイル・ナンジアニ)エミリー(ゾーイ・カザン)テリー(レイ・ロマノ)ベス(ホリー・ハンター)アズマ(アヌパム・カー)

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

厳格なイスラム教徒の両親から、パキスタン人との見合い結婚しか認めないと常日頃から言われているクメイル。波長ぴったりの彼女にはそのことがどうしても言い出せないままです。そんなある日、彼女が重病で入院することになってしまいました。

【起】– ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめのあらすじ1

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめのシーン1

画像引用元:YouTube / ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめトレーラー映像

「お祈りは一日に5回だけ。クリケットが盛ん。それから親が見つけた相手と見合い結婚をする。」駆け出しのコメディアン、クメイルは今日も出身国であるパキスタンのネタで笑いを取っています。

終了後、クメイルはステージに向かって奇声を発した女性を見つけ、「失礼だよ」と言いました。すると彼女は「声援だったのよ」と。エミリーと名乗る可愛らしい彼女と飲み直すことになりました。

エミリーはシカゴ大学院生で、セラピスト志望です。ユーモアのセンスがぴったりな二人は意気投合してクメイルの部屋へ。お勧めのゾンビ映画も観ずにベッドインです。「初デートでは1回だけって決めてるの。ウーバーを呼んで帰るわ」と電話をすると、クメイルの携帯が鳴ります。売れないコメディアンは運転手の仕事もしていました。

決まり文句っぽいけど、今は誰とも付き合う気がないのと言うエミリーに、よかった僕もだと返すクメイル。

クメイルが実家で家族団らんの夕食を取っているとチャイムが鳴ります。近くまで来たからと、同郷の女性がわざとらしく訪ねてくるのはいつものことです。両親が選んだパキスタン出身の美人ばかりですが、クメイルは気が進まず、見合い写真は箱にたまっていく一方です。

ウーバーにエミリーが乗っています。またクメイルの部屋で映画を観ないで過ごします。そして別れ際にまた、付き合えないから電話もしないでとエミリーが言います。でもガラス扉が閉まるとすぐに電話が鳴り、もう二人は離れがたいことを実感しました。

クメイルは兄に相談しますが、「アメリカでいろいろ味見したいのはわかるが、結婚するのはパキスタン人だ」と言われてしまいました。

エミリーは「出会ったばかりでプレッシャーをかけたくはないけど、あなたに夢中だわ」と言い、両親とのランチに誘います。クメイルは上手に断りました。あなたの両親に会いたいわと言われても、「僕自身あまり会っていない、でも君に会いたがっている」なんて嘘をついてごまかします。

その場をしのいでいても長続きはしません。写真BOKが見つかってしまいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×