映画:ファミリー☆ウォーズ

「ファミリー☆ウォーズ」のネタバレあらすじと結末

ファミリー☆ウォーズの紹介:家族をなにより大切にしていた福島家が祖父の認知症をきっかけに崩壊していく様を描いた2018年公開のバイオレンス・スプラッター・コメディ。監督/脚本/撮影/編集はカナザワ映画祭で新人監督賞を受賞、数々の映画祭で話題となった「ハングマンズ・ノット」の阪元裕吾。「夏のホラー秘宝まつり2018」で初上映された。

あらすじ動画

ファミリー☆ウォーズの主な出演者

福島家/父雅宗(海道力也)、母美代子(うみのはるか)、祖父伸介(田中義則)、長男アキヤ(吉井健吾)、次男伸治(松本卓也)、長女真弓(土許麻衣/月蝕GISELLe21)、次女奈央(上のしおり)、隣人/松木元逆(能塚昌幸)、二宮咲(藤井愛希)、松本メグ(岩田そら)、イカレた夫松岡龍斗(安田ユウ)、その妻真央(辻凪子)、その手下(成瀬聖人、林夏輝、阪元裕吾)、その娘紫梨=シェリー(たなかつぐみ)、キラメキ/教祖(ひと:みちゃん)、信者(井上雅貴、でん一徳、上田弘治、大阪健太)、成宮(みーさん)など。

ファミリー☆ウォーズのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ファミリー☆ウォーズのあらすじ1

ファミリー☆ウォーズのシーン1 -餅- もち米を加工した食品。粘着力・付着力が高く、噛み切りにくいため、飲み込む力の低下した高齢者などにとって極めて危険性が高い食物である。東京都において窒息事故で搬送された人数は、2008年から2013年までの5年間で608人。高齢者の事故は約90%を占めている。-

大阪の住宅街の戸建てで暮らす福島一家の朝。母美代子は大量の目玉焼きを焼いて丸い食卓に並べ、2階で寝ている長女、次女、次男に声を掛けます。
父雅宗と長男のアキヤは先に食べ始め、79歳の祖父伸介は「今日もええ日になりそうや」と伸びをして座り、遅れてやって来た子供たちも順に座って食べ始めますが、伸介はスーツ姿で現れた伸治に「何で背広着てるんや」と聞き「前にも就活って言うたやん」と笑われます。
全員がにぎやかに食べ始めた頃、突然伸介が立ち上がって食卓をひっくり返します。それが祖父伸介の認知症の始まりでした。

ところが、一見幸せそうに見えるこの一家には、様々な問題がありました。
長男アキヤは、アイドルオタクの変態で部屋にこもってはオナニー三昧、次男伸治はセフレのメグを自室に連れ込みヤルだけヤッては放置し、就活と見せかけ競馬やスロットでスリまくる日々を送っています。メグは泣きボクロの可愛い弱気な女で、何をされても文句も言わず言いなりになっています。
ボケた伸介は、2人の部屋を覗いては息を荒らげ、怒鳴りつけられます。
長女真弓は、4人組のアイドルグループのメンバーですが、フォロワーも少なく唯一励ましてくれるファンの”ベースダイバー”もストーカーのようなキモい書き込みが多くゾッとします。また自室からアイドルらしい動画配信をしても下卑たツッコミばかりで、伸介にも乱入されブチ切れます。
女子高生の次女奈央は、親友の二宮咲に彼氏の直樹を寝取られますが文句も言えず、ノロケ話を聞かされる日々を送るうち、クスリに依存し不登校になってしまいます。

そんな一家の大黒柱=雅宗は”雅宗環境開発株式会社”の経営者ですが、業務内容はいわゆるゴミ処理業で、唯一人の社員成宮も典型的なダメ男、当然業績も頭打ちの状態です。
彼は、恰幅のいい”昭和の社長”といった風情の優しい男ですが、『家族は仲良く元気よく揃って飯を食べ、助け合って生きるべし』という思い込みが激しく、門限も早く、全員揃わないと食事を始めないなどのルールを守らせています。
母美代子はキップのいいいわゆる”大阪のおばちゃん”ですが、夫に従い、面倒な家事に追われる専業暮らしに飽き飽きしています。
そんなある夜、隣に引っ越してきた松木元逆が挨拶に来ますが、マッチョなランニング姿でなぜかライフルを背負い、悪びれもせず「不法所持だけど大丈夫ですよ。これから狩りに行くんです」と言い放ちます。応対した雅宗はただアブなそうな人だと困惑しただけでした。
一方、美代子が夜更けに出掛けると言い出した伸介を止めますが、亡き妻と勘違いして迫られたため、ブチ切れます。彼女はそれを境に、伸介に関する揉め事は全て雅宗に押し付け、食事もいい加減になって行きます。

そしてある朝、伸介が雅宗の車を奪って運転し、出掛けてしまいます。
雅宗は美代子を責めますが「自分のオヤジやろ!自分でやれや!」と言い返されただけでした。また事務所では、飲み込みの悪い成宮にいいと言われるまで社訓を読んでろと命じます。
また真弓は、ダンスのレッスン中、肩に激しい痛みを感じて踊れなくなり、メンバーたちからはやる気が無いと責められ、ハブられるようになります。
また家には咲が訪ねて来ますが、美代子は嫌がる奈央を無視して「(昔のように)仲良く遊び!」といい、強引に部屋に通してしまいます。
咲はムカつく奈央を無視して直樹とのノロケ話をし、今度3人で遊びに行こうとはしゃいでいました。

【承】- ファミリー☆ウォーズのあらすじ2

ファミリー☆ウォーズのシーン2 一家の夕飯は、ついにコンビニ弁当とカップラーメンになり、雅宗は「母ちゃんも疲れてるんや、許してやれ」と苦笑いしますが、美代子に「なんで上からやねん!」とツッコまれます。
しかし、伸介が帰らないため夕飯が始まらず、雅宗がクダクダと”家族で食べる晩ご飯の大切さ”を語り始めた頃、伸介がようやく笑顔で帰宅しますが、小さな血だらけの少女の死体を抱いていたのです。
伸介は「気分良く飛ばしてたところ、缶ビールを持ったその子が道にいて、撥ねたから連れてきた」と言い、食卓にその子を寝かせ「雅宗の子供の頃そっくりや」と笑っていました。

皆は愕然とし、伸治は救急車を呼ぼうとしますが、雅宗が「俺ら全員殺人一家になるんやぞ!伸治は就職がパァやし、真弓もアイドルできひんようになる!だいじょぶや!お父さんに任しとけ!」と止め、全員で山中のゴミ廃棄場に埋めに行くことに。
家族全員が見守る中、雅宗は大型のユンボで穴を掘り少女の死体を埋めますが、美代子は「これで一件落着やん!うち、ずっとお父さんの仕事、汚くてキライやったけど、初めて役に立ってよかったやん!」と言い、伸介だけがおいおいと泣き出します。
作業を終えた雅宗は事務所に麦茶を取りに行きますが、真っ暗な中で社訓を読み続けていた成宮を見て驚き、怒鳴りつけて帰します。

一家は帰宅し夕飯を食べようとしますが、伸治は嘔吐し誰も箸をつけません。
雅宗は一人で無理やり”楽しい団欒の会話”を続け、「大丈夫やって言うたろう?お父さんが守ってやる」と微笑み、改めて紙に書き出した”家族のルール”を情感たっぷりに読み上げます。
【家族のルール】①家族の悪口を言わない(血の繋がった家族だから必ず解り合える) ②一家団欒の食卓をおろそかにしない(必ず全員一緒に食卓を囲む事) ③喧嘩するたび、その理由を原稿用紙2000文字分書く事(喧嘩両成敗 自ら謝る気持ちが大切)…そして家族一丸となって困難を乗り切ろうというのです。
ところがそこに伸介が新たな死体を運んできます。それは中学生と思しき少年で、伸介はそのTシャツの英語のロゴを見て鬼畜米英の手先だと思ったというのです。
一家は再びその死体を埋めに行きますが、朝になり、再び食卓に戻った時、美代子が「このままじゃ死体が増える一方だから、お爺ちゃんを殺そう」と言い出します。
皆は困惑し雅宗も止めようとしますが、「家族やろ?」と言われた美代子は大笑いしただけでした。

その時玄関のチャイムがしつこく鳴らされ、やむなく雅宗が出る事に。
やって来たのは、少女の両親と思しきイカれたカップルで、真赤な髪の母親は「頼んだビールじゃなかったから殺しかけて、ビビッて家出したんかなと思ったけど誘拐の可能性もあるし…うちのシェリー知らないですか?」と迫り、知らないと言われた途端、奇声を上げてブチ切れます。
またホスト風イケメンの父親は、玄関の三和土にあったピンクの子供靴を見て、福島家の子供の年齢を聞き、慌てて「うちの子のですわ」と言い訳する雅宗を厳しく問い詰め、強引に家に上がり込みます。
居間にいた奈央とアキヤは睨みつけますが、扉の影では包丁を振り上げた美代子を伸治と真弓が懸命に押えつけていました。
カップルはその靴を取り上げ、一旦引き下がりますが、手下のチンピラ連中に召集を掛けます。

【転】- ファミリー☆ウォーズのあらすじ3

ファミリー☆ウォーズのシーン3 一家は伸介殺害を決め、よってたかって大量の餅やゼリー菓子を食べさせますが、伸介は全て問題無く飲み込み、死亡する気配はありません。
子供たちの状況は悪化する一方で、伸治のセックス中に伸介が乱入、咲は奈央の部屋に入りびたりエロいノロケ話を続け、ついに奈央がブチ切れて咲を追い出し、隣室でダンスの練習をしていた真弓と大喧嘩になり、真弓のノーパソをブチ折って窓から捨ててしまいます。
奈央に「人気無いくせに!」と罵られた真弓は、スマホを突きつけ「630人のフォロワーと1人だけど猛烈なファンがいる!」とベースダイバーの書き込みを見せますが「気持ち悪ッ…」と言われただけでした。

ほどなくして美代子が”大学の朝活サークルキラメキ”と名乗る怪しい宗教団体風の5人組を連れて来ます。それは教祖然とした着流しに長髪の中年男マークラ・ハザマと白シャツのにこやかな信者の若者4人で、伸介に憑いた悪霊を祓うと言うのです。
信者のリーダーは雅宗をハグして「お父さん!一緒に頑張りましょう!」と励まし、ハザマの怪しい空中浮遊の動画を見せ、早速奥の間を占領し、伸介の除霊を始めます。
雅宗たちは不安そうに止めますが、美代子はただ「大丈夫、大丈夫!悪霊が取り憑いてるだけだから」と笑っていました。

その間メグは伸治の部屋を片づけ、戻った彼におずおずと妊娠の事実を打ち明けます。伸治は凶悪な顔で「もう堕ろしに行ったんか?」と聞き、産むつもりだという彼女をいきなりボコ殴りにします。
一方、スタジオでレッスン中だった真弓は肩の激痛で倒れ気を失いますが、気づいた時には右腕が完全に無くなっており、気の触れた医者らしき男に「ビョーキやったから切っといたよ」と言われます。
また咲はついに直樹までをも連れ込んで奈央の前でイチャつき、アキヤはダッチワイフにアイドルの顔のコピーを貼り付け正式に”お付き合い”し始めます。
その頃、イカれた夫婦はその靴が娘シェリーの靴だと確信、チンピラ連中と福島家襲撃を企てますが、仲間の一人が先行して福島家に侵入し、奥の間の怪しい除霊の様子をスマホで送ったところで雅宗に襲われ、生き埋めにされかけます。

福島家はまさに狂乱状態で、除霊の奇声が響く奥の間では美代子が彼らに手を合わせ、伸介は妙なコードを着けられ生卵を塗りたくられて暴行されています。2階では伸治がメグをボコ殴りにし、アキヤはダッチワイフとまぐわい、奈央の部屋ではクスリで朦朧とした奈央の前で咲と直樹が絡み合っています。
そこに片腕を失った真弓と疲れ果てた雅宗が帰宅し、家の前で鉢合わせします。雅宗は真弓の姿を見て愕然とし、スマホに何やら打ち込みますが、部屋に戻った真弓はプロデューサーにクビを宣告され、速攻でラインのグループから外されます。

また家には少女を探しに警官がやって来て、応対した雅宗は緊張のあまり嘔吐してしまいます。
家に突入した警官は、信者たちに暴行されていた伸介を救出しますが、雅宗は警官を鍋で殴ってその銃を奪い、信者たちに「家から一歩も出せへんからな!」と怒鳴ります。しかし美代子は、大量の包丁を彼らに渡し、雅宗を指差して「こいつも呪われてんからな!殺せ!!」と叫びます。
そこにアキヤがダッチワイフの妻と着せ替え人形の娘を紹介しに来ますが、絶望した雅宗に人形の首を吹き飛ばされ、愕然とします。
その頃、真弓は「腕が無くてもアイドルはできるよ!がんばれ!」というベースダイバーの書き込みを見て、それが雅宗である事に気づきます。

【結】- ファミリー☆ウォーズのあらすじ4

ファミリー☆ウォーズのシーン2 雅宗が撃った銃声で、真弓、奈央、伸治のストレスは頂点に達し一斉に1階に駆け降りますが、彼らがその惨状に愕然とする間もなく、テラス窓からイカレた夫婦とチンピラたちが乱入、武器を振り上げる者、呆れる者、正気に返って帰り支度を始める者が入り乱れる中、雅宗が「やめてくれー!」と絶叫します。
「お前らにも家族おったやろ…お前にも、お前にも…温かい絆で結ばれてたんちゃうか?…いつの間にかバラバラになったけど、楽しかった思い出もあるはずや!ケンカもやな事もあったけど、家族で乗り越えてきたやないか…家に帰ったらあったかい食卓にみんなの笑顔があって、楽しい思いでもあったはずや!もう一回取り戻そうや!本来の家族の姿を!」と演説をかまし、皆の涙を誘います。
画面には大自然の情景が流れ、青き地球に「-幸せとは、温かく、愛にあふれた大家族を持つことである-byジョージ・バーンズ-」というテロップが入り、壮大な曲に乗せてエンディングが始まります。

しかし次の瞬間、雅宗は血を吐いて倒れ、背後から包丁で突き刺していた真弓が「気持ち悪いねん」と呟きます。
誰かが銃を発砲し信者の一人が射殺され、パニックになった一同が玄関へ押し寄せますが、そこには騒音に苦情しに来た隣人松木がいてライフルを発砲、全員で大乱闘となり、阿鼻叫喚の修羅場となります。
他人は皆、家族や別の他人と殺し合い、その中で勝ち残った福島一家は、食卓の周りに立ち、互いの腹を包丁で刺し合い、絶命します。
ただ一人無傷で生き残った伸介は、血と臓物で真っ赤に染まった居間を見て「なんや!飯やったらお爺ちゃんも呼んでくれたらよかったのに!」と文句を言い、一服しようとライターに火を点けます。
その瞬間、乱闘で漏れ出したガスに引火し、家は大爆発してしまいます。

-2018年6月10日 この事件で描かれた福島一家の事件は、マスコミによって、不幸な一家を襲った単なるガス爆発事故として報道された-
中でも最強だった隣人の松木は、イカレた夫との壮絶バトルの後、帰宅したのか、元気な姿でニュースのインタビューに答え、日頃の福島家の騒音と爆発後の片付けの大変さを愚痴り「仲良くしてもらわんといかんですねぇ」とこぼしていました。

-2018年6月14日 福島真弓を除くアイドルメンバー3人は、不幸にも旅行中のバス衝突事故によって死亡した。即死だった-
-雅宗環境開発株式会社を引き継ぐことになった元社員成宮茂雄は、スマートフォン事業に参入するも失敗。多額の借金を抱えながら今は牛丼チェーン店でパートとして働いている-
…とテロップが入り、本当のエンディングとなります。

みんなの感想

ライターの感想

とにもかくにも勢いがあり、阪元監督の前作「ハングマンズ・ノット」がお好きな方なら間違いなく楽しめる作品だと思います。
ちなみに前作で柴田を演じた吉井健吾が変態長男アキヤ、景山弟役だった松本卓也が次男伸治、景山兄役だった安田雄一郎(本作では安田ユウ)はイカレ夫婦の夫役で出演、阪元監督の同級生で何と素人だという能塚昌幸演じるところのマッチョな隣人とのガチバトルも見ものです。また餅を大量に頬張らされる祖父役田中義則は笠智衆似のイケてるご老人ですが、本当に事故にならなくてなによりでした。主演の長女役土許麻衣が所属するアイドルグループ月蝕GISELLe21の「うつぼかずら」も色んな意味で耳に残る曲です。
クライマックスの修羅場は、快歩氏による特殊メイクもバッチリで、文字通り阿鼻叫喚、壮絶怒涛。ぜひ映像でご覧頂きたい作品です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ファミリー☆ウォーズ」の商品はこちら