「ファーゴ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

コメディ映画

1996年制作のアメリカ映画。借金を抱えた男ジェリーは彼の妻の父親から金を貸してもらうよう頼むが拒否される。そして、自分の妻を狂言誘拐し、妻の父から身代金を手に入れようとするが、とあるミスから予想だにしていない展開へ発展してしまう。

あらすじ動画

ファーゴの主な出演者

フランシス・マクドーマンド(マージ・ガンダーソン)、スティーヴ・ブシェミ(カール)、ウィリアム・H・メイシー(ジェリー・ランディガード)、ピーター・ストーメア(グリムスラッド)、ほか

ファーゴのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

借金を抱えるジェリーは、妻の父親で富豪のウェイドから金を借りようとするが、断られてしまう。そのことに怒った彼は、自分の妻を狂言誘拐し、身代金を奪おうと考える。計画を実行するため、町のチンピラ二人組を雇うことにしたジェリーは、彼らと計画の内容を共有し、報酬として金と誘拐に使う車を渡すことにする。しかし、計画を進めようとした矢先、投資の話が進み、金が手に入りそうになる。計画を中止にしようとするが、連絡が取れない。焦ったジェリーだが結局金の話が流れ、そのまま計画を実行することに。誘拐はせいこうするが、致命的なミスのせいで、警官と目撃者の若者二人を殺してしまう。簡単な狂言誘拐から殺人事件に発展したことにより警察の捜査が本格的に入り、さらなるミスからジェリーにまで警察の疑いの目を向けられてしまう。焦るジェリーだが、今更後に引けず計画を進める。だが、ウェイドがジェリーを信頼していなかったため、身代金の受け渡しにウェイドだけで向かってしまう。そんな、ウェイドに驚いたチンピラは彼の傲慢な態度に痺れを切らし、ウェイドを殺害してしまう。その後、ウェイドの死体を見つけたジェリーは狂言誘拐を警察に知られないようにするため、車に死体を詰め込み、どこかへ逃走する。その頃、警察の方では、地道な捜査のかいもあり、犯人のアジトを突き止める。警察がアジトに行くとそこでは、二人組のチンピラの一人がもう一人に殺されていたのだ。その原因は、報酬の車をどちらが手にするかでもめたせいであった。死体の処理をしている犯人は逮捕され、アジトの中には殺されたジェリーの妻が発見された。そして、ジェリーもモーテルに宿泊していたところを逮捕されるのでした。

【起】– ファーゴのあらすじ1

ファーゴのシーン1

画像引用元:YouTube / ファーゴトレーラー映像

物語の舞台は1987年、ミネソタ州ミネアポリス。自動車販売店営業担当のジェリー・ランディガードという男は、投資などの損害により多額の借金を抱えていた。焦ったジェリーは、借金返済のために妻のジーンの父親である大富豪のウェイドにお金を借りようと考えるが拒否されてしまう。そんな彼は、ジェリーの働いている販売店の社長を務めていたのだが、お金に厳しくもありました。

頼みの綱を失い、借金が返す宛がなくなったジェリーは妻のジーンを狂言誘拐し、父親から8万ドルもの身代金を手に入れるという恐ろしい計画を立ててしまいます。そして、計画の実行役を雇う為ジェリーは、自社の整備工場のメカニックであるシェプという男から、カールとゲアという二人のチンピラを紹介されました。そして彼らは、ノースダコタ州にあるファーゴの酒場で計画を練り始めます。

彼らの計画は、妻のジーンをカールとゲアが誘拐し、ジェリーが身代金に8万ドルを要求していると義父に伝える。そして、身代金と引き換えに妻のジーンを解放し、その後、身代金は三人で山分けすることにしました。さらに、販売店から持ち出す車を誘拐に使用する車両兼報酬のとして引き渡す取引を彼らはしました。

計画が決まり、後は実行に移すつもりでしたが、前々からジェリーがウェイドに持ちかけていた巨額の投資話がうまく行きそうになり、借金返済のための金が手に入りそうになりました。そのため、誘拐は不要になったとチンピラ二人組に連絡しようとするジェリーでした。しかし、連絡がつかず更には、投資話はジェリーの思惑通りには進まず、ウェイドに見事に利益を取られる流れとなってしまったため、このまま狂言誘拐は決行されることになりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ファーゴ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×