映画:フェリスはある朝突然に

「フェリスはある朝突然に」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

フェリスはある朝突然にの紹介:1986年製作のアメリカの青春コメディ。学校をズル休みした高校生たちの奔放な一日をユーモラスに描いていく。数多くのコメディ映画を手掛けてきたジョン・ヒューズが監督を務め、マシュー・マロデリックが自由気ままな主人公をチャーミングに演じた。

あらすじ動画

フェリスはある朝突然にの主な出演者

フェリス・ビューラー(マシュー・ブロデリック)、キャメロン・フライ(アラン・ラック)、スローン・ピターソン(ミア・サラ)、エドワード・ルーニー(ジェフリー・ジョーンズ)

フェリスはある朝突然にのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- フェリスはある朝突然にのあらすじ1

舞台はアメリカ、シカゴ。裕福な家庭の息子のフェリスは、ある朝突然高校をズル休みすることを思いつきます。両親は息子を優秀で善良な高校生と思い込んでおり、フェリスの仮病の演技にすっかりだまされ、心からフェリスを心配しました。同じ高校に通う妹のジーニーはフェリスの嘘を見抜いていましたが、両親はジーニーの意見に耳を貸そうとしませんでした。

家族が出て行ったのを見計らって、フェリスは親友のキャメロンに電話をかけ、一緒に街に遊びに出ようと誘いました。キャメロンは気分が憂鬱で学校を休んでいましたが、フェリスの強引な誘いに負け、渋々出かけることを決めました。

フェリスはガールフレンドのスローンもズル休みさせようと考えつきました。それから間もなく、スローンの父親と名乗る男から学校に電話がかかり、祖母が亡くなったからすぐにスローンを家に帰して欲しいと求めてきました。学生部長のルーニーはこの電話がフェリスからの偽電話だと判断し、電話の相手に無礼な発言を繰り返しました。ルーニーは日頃のフェリスのズル休みを問題視しており、今日こそフェリスの悪巧みの尻尾をつかんでやろうと思ったのです。ところが、電話の途中でフェリス本人から電話がかかってきました。電話の相手が本物のスローンの父親だとわかったルーニーは必死に平謝りしますが、スローンの父親は激怒していました。実はこのときルーニーが話していた相手は、声色を変えたキャメロンでした。ルーニーはすっかりフェリスの策略にだまされてしまうのでした。

その後、フェリスはスローンを学校に迎えに行くため、キャメロンの父が大事にしている真っ赤なフェラーリを借りたいと言い出しました。キャメロンは父の怒りを恐れますが、結局フェリスの言う通りにしてしまうのでした。




【承】- フェリスはある朝突然にのあらすじ2

その一方、サボりの師匠として学校中から慕われているフェリスには、高校の生徒たちから病状を心配する電話がかかってきていました。フェリスは病状をでっち上げ、重い腎臓病にかかっていると嘘をつきました。すると、すぐに学校中でフェリスの手術のためのカンパ活動が始まり、ジーニーは兄の嘘を信じ込む生徒たちの様子に呆れ果てるのでした。

その後、フェリスとキャメロンはフェラーリに乗って高校に向かいました。フェリスはルーニーに正体がバレないよう、帽子にサングラス、コートを着けてスローンを迎えに行きました。フェリスの悪巧みに初めから気づいていたスローンは、変装したフェリスに何度もキスをしました。ルーニーはそんな父と娘の過剰なスキンシップに違和感を持つのでした。

その後、フェリスたちはシカゴの街へ。キャメロンを安心させるため、フェリスは駐車場の係員に金を渡し、フェラーリに盗まれたりキズがついたりしないようによく見張るよう言いつけました。ところが、フェリスたちが駐車場を出てすぐ、係員は仲間を連れてフェラーリに乗ってドライブに出かけてしまいました。

フェリスたちはフェラーリが乗り回されていることも知らず、高級フレンチ、野球観戦、美術館鑑賞、ジャーマン・パレード見物など、シカゴの街の娯楽をおおいに楽しみました。途中、シカゴの街中で働くフェリスの父親が近くに現れたものの、フェリスたちは冷静に事態に対応し、父親に見つからないよう細心の注意を払いました。

同じ頃、胸騒ぎを覚えたルーニーはフェリスの家に向かっていました。ルーニーが家の呼び鈴を鳴らすと、ドアの向こうからフェリスの声が聞こえてきました。何度か呼び鈴を鳴らすうちに、ルーニーはこのフェリスの声が録音されたものであることに気づきます。ルーニーはフェリスの家の裏手に周り、家の中の様子を伺おうとしますが、そのとき多くの困難に見舞われてしまいました。庭の泥でズボンと靴は汚れ、フェリスの家の飼い犬には追いかけ回され、その上、家の前に停めていた車はレッカー移動されてしまったのです。

【転】- フェリスはある朝突然にのあらすじ3

その後、ルーニーはなんとかキッチンに侵入すると、ちょうど誰かが帰ってくる足音が聞こえてきました。ルーニーはそれがフェリスだと確信し、ズル休みを暴けると興奮しますが、そこに現れたのはジーニーでした。ジーニーもまたフェリスのズル休みを暴いてやろうと考え、わざわざ学校を早退して帰ってきたのでした。ところが、目の前にいたのがフェリスではないことに驚いたジーニーは、ルーニーに何度も蹴りを食らわせてしまいました。ジーニーは蹴った男が学生部長だと気づかず、すぐに警察に通報。ところが、ジーニーは要領を得ない説明をしたため、警察に相手にされませんでした。

一方その頃、フェリスはジャーマン・パレードに飛び入り参加し、ビートルズの「ツイスト・アンド・シャウト」を歌い始めました。すると、街の人たちが一斉に集まり出し、皆で歌い踊り始めました。キャメロンはフェリスに従ってばかりの自分に嫌気がさしていましたが、キャメロンを明るくしようと歌って踊るフェリスの姿に勇気づけられるのでした。

ところが、その後家に戻ろうとしたときのことでした。フェラーリを走らせながら、フェリスは走行距離が乗る前と比べて格段に増えていることに気づきました。駐車場の係員が派手に乗り回したことが原因でした。キャメロンは走行距離で車を勝手に使ったことが父にバレてしまうことを恐れ、意識を失ってしまいました。しかし、しばらくしてから意識を取り戻すと、キャメロンは父にビクつく人生を終わらせたいと考えるようになりました。

その後、フェリスたちはフェラーリをキャメロンの家のガレージに戻し、車にジャッキを取り付けてバックギアでタイヤを空転させ始めました。こうすれば走行距離がマイナスになると思い込んでいたフェリスでしたが、そうはならず走行距離はさらに増えていきました。

キャメロンは走行距離が誤魔化せないことがわかると、父を恐れる人生と決別するために車のフロントを蹴り始めました。キャメロンは何度も勢いよく蹴ると、その拍子でジャッキが外れてしまいました。さらに悪いことに、タイヤの空転を続けていたために車は後方のガラスを突き破って裏山に転落していきました。フェリスとスローンは呆然としますが、キャメロンはフェリスのせいにしようとせず、ちゃんと自分で父と話すと笑顔を見せました。フェリスはキャメロンが今日一日で大きく変わったことを確信しました。その後、フェリスはスローンと別れて家に急いで戻って行きました。

【結】- フェリスはある朝突然にのあらすじ4

それと同じ頃、ジーニーは不法侵入について相談するため、母親とともに警察署にいました。母親が警察官と話している間、ジーニーは待合室でヤク中毒の男と話をしました。ジーニーは思わずフェリスに嫉妬していることを打ち明けると、男は兄のことを気にするのをやめればいいと提案してきました。ジーニーはそのまま男と恋に落ち、人目もはばからず男とキスをしました。

その後、ジーニーは自分の車に母を乗せて帰路につきました。母親は大事な仕事の途中で呼び出されたことに腹を立て、ジーニーにくどくどと説教してきました。そのときでした。ジーニーの車の前に家路に急ぐフェリスが飛び出してきました。フェリスと目が合ったジーニーは、フェリスのために時間を稼ぐことを決めます。幸い、母親は飛び出してきたのがフェリスだと気づいていませんでした。ジーニーはフェリスが去るとすぐにアクセルを踏み、猛スピードで運転をし始め、その後スピード違反で警察に捕まりました。

その間、フェリスは必死に走り続けましたが、今度は父親の車がフェリスの横に現れました。フェリスはなんとか父親の目を避けて家に到着、裏口から家に入ろうとしました。ところが、そこにルーニーが立ちはだかりました。傷だらけで泥にまみれたルーニーは勝ち誇った顔を浮かべますが、そこに急いで戻って来たジーニーが現れフェリスに助け舟を出しました。ジーニーは両親にバレないようすぐにフェリスを家に入れると、ルーニーに財布を差し出しました。それは、ルーニー自身の財布で、先ほどキッチンに落としていったものでした。不法侵入の証拠を突きつけられたルーニーはフェリスに手を出すことができなくなってしまいました。ルーニーはやむなく家を出ようとしますが、その後すぐに再び飼い犬に襲われてしまうのでした。

一方、フェリスは急いで自分の部屋に向かい、ズル休みのために作った仕掛けを隠してベッドに寝転びました。その後すぐに両親が部屋に入り、フェリスは仮病の演技をしながら早く学校に行きたいと語りました。両親はそんなフェリスの姿をいじらしく思い、部屋を出て行きました。「人生は短い。たまには立ち止まって楽しめ」…カメラ目線でそう語るフェリスの姿を映し、映画は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

俳優の演技や物語のテンポ、音楽の使い方などが絶妙で、終始笑わされました。特におもしろいのは学生部長のルーニーが見舞われる悲劇で、フェリスにまんまとはめられる姿が痛快でした。フェリスを演じたマシュー・ブロデリックもとてもかわいらしく、ひどいことをしでかすキャラクターながらまったく嫌悪感がわきませんでした。ティーンの友情や恋愛だけでなく、成長も描かれており、青春映画としても優れた作品だと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「フェリスはある朝突然に」の商品はこちら