映画:ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!

「ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【転】– ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!のあらすじ3

ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!のシーン3

画像引用元:YouTube / ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!トレーラー映像

それでもあるとき、エルヴィラがピアノを弾き口紅で文字を書くのを見て、ルースもエルヴィラという幽霊の存在を実感しました。本当にエルヴィラがいると知ったルースは、前妻の存在を疎ましく思います。

チャールズがエルヴィラの尻に敷かれているのも、ルースにとっては愉快ではありません。詰問したルースは、チャールズの今までの作品はすべてエルヴィラのアイディアだったと知りました。チャールズはそれを書き留めただけと教わります。

エルヴィラを祓ってほしいルースは、マダム・アルカティのところを訪問します。マダム・アルカティはホテルに滞在していましたが、金が尽きてそろそろ故郷のサセックスに帰ろうと考えていました。ルースはホテル代を支払って、マダム・アルカティを引き留めます。

マダム・アルカティは霊媒師協会へ行き、降霊術を行なったら霊が留まって実体化しそうな勢いだということを訴えます。協会員はそれを聞いて、マダム・アルカティの資格を剥奪します。しかし事務員のマーゴットはマダム・アルカティに耳打ちして、近くの公園で会います。マーゴットは専門書を持ってくると、除霊に必要な薬草と呪文を教えてくれました。マダム・アルカティはそれをもとに、薬草を集め始めます。

エルヴィラはルースが自分を追い払おうとしていると知り、怒ってやり返そうとします。階段にグリースを塗りますが、ルースではなくお手伝いのイーディスが滑って転びました。みんなが集まっているパーティーの席上で、ルースのシャンパンにエルヴィラはアンフェタミンを混ぜます。薬でハイになったルースは、下着姿でプールに入り大騒ぎしました。それを見ていた人たちは驚きます。

エルヴィラは他の者を邪魔に思い、暴走を始めました。屋敷のなかで、嫌がらせを行ないます。お手伝いのエドナにナイフを投げて怖い思いをさせたので、「ここは呪われている」と言いエドナは屋敷を去っていきます。イーディスもその前にグリースで階段から落ちかけていたので、怯えます。ベテランのお手伝い・エドナがいなくなったので、ルースが代わりに食事を作ります。

エルヴィラはやがて、チャールズを狙い始めます。上から皿が落ちてきたので不思議に思ったチャールズは、屋根から食器棚が落ちてきたので危険な目に遭いました。避けたので無事でしたが、エルヴィラの仕業です。自分を愛するエルヴィラが殺すわけがないと思うのですが、ルースが「幽霊同士、あの世で再婚する気かも」と言われてなるほどと思いました。どうやってエルヴィラの攻撃を避ければよいか、ルースに聞きます。

マダム・アルカティは苦労して薬草を集め、儀式に必要な薬を作り始めます。チャールズは屋敷にある刃物を全部片づけると、自らは風呂場のバスタブで眠ります。ルースは電話のベルで目覚めました。電話の主はマダム・アルカティで、サセックスで除霊の準備をしていたと言います。準備が整ったので一度打ち合わせをしたいと言い、ルースを呼びました。ルースはマダム・アルカティと昼食をとりにいくと言い、車で出かけていきます。

ルースの乗った車は、ブレーキが壊れていました。エルヴィラの仕業です。車は減速せず崖から海へ転落し、ルースは亡くなります。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×