映画:ブラッディスクール

「ブラッディスクール」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

ブラッディ・スクールの紹介:エミネムからAKBまで、数々のミュージック・ビデオを手掛けたジョセフ・カーン監督の作品ですが、タイトルとジャケットから想像されるようなホラーではなく、殺人鬼も出てはくるものの、ストーリーがあちらこちらに脱線しまくる「学園ぶっ飛びコメディ」といった内容になっています。

あらすじ動画

ブラッディスクールの主な出演者

ライリー(シャンリー・キャズウェル)、クラプトン(ジョシュ・ハッチャーソン)、アイオニー(スペンサー・ロック)、ザンダー(A・D・ジョンソン)

ブラッディスクールのネタバレあらすじ

【起】– ブラッディスクールのあらすじ1

ブラッディスクールのシーン1

画像引用元:YouTube / ブラッディスクールトレーラー映像

「グリズリー・レイク高校」で冴えない学生生活を送り、自分は「学内いちの負け犬だ」と自負している女子高生・ライリー。

ケガをした片足にはめたギプスをからかわれながら登校していますが、そんな彼女も校内NO.1の人気者男子・クラプトンのことが密かに気になっていました。

しかしクラプトンには現在チアリーダーをしているアイオニーという彼女がいて、近々行われるプロムのパーティーにもアイオニーと出席する予定でした、 ライリーもチア部に所属しているのですが、ギプスのため踊れないので学校のキャラクターであるクマの着ぐるみを着せられてしまい、ますますアイオニーとの差を感じることにしかしクラプトンも、アイオニーの元カレである体育会系の男子・ビリーから、アイオニーを賭けての「決闘」を申し込まれ戦々恐々としており、オマケに成績が悪いと教師に呼び出され、今期ひとつでも「A」の成績を取らなければ落第だと、色々と追い込まれていました。

一方ライリーも、クラスのオタクっぽい男子・ザンダーから誘いを受けるのですが、ライリーの気持ちは「クラプトンひと筋」でした。

そんな中、学内の人気者女子・テイラーが何者かに殺され、警官が学校へ事情聴取に来ます ちょうどその頃ライリーは自宅の部屋でマスクをした殺人鬼に襲われており、学内にいた警官にそれを訴えますが、なぜか相手にしてもらえません。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ブラッディスクール」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×