「ブルース・オールマイティ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

「ブルース・オールマイティ」は2003年のアメリカのコメディー映画。監督は「ライアー・ライアー」や「パッチ・アダムス・トゥルー・ストーリー」のトム・シャドヤック。主演は「マスク」のジム・キャリー、また大ヒットドラマ「フレンズ」のジェニファー・アニストンが出演しています。ニュースのアンカーマンを目指しているリポーターのブルース。しかし、ライバルのエバンがアンカーマンに選ばれてしまう。不運続きのブルースは神様を呪い、暴言を吐きまくると目の前に本物の神様が現れ、ブルースに全能の力を与えます。力を手にしたブルースは自分の都合が良いように力を使いまくりますが…

あらすじ動画

ブルース・オールマイティの主な出演者

ブルース・ノーラン(ジム・キャリー)、神(モーガン・フリーマン)、グレース(ジェニファー・アニストン)、ジャック(フィリップ・ベイカー・ホール)、エバン(スティーヴ・カレル)、スーザン(キャサリン・ベル)

ブルース・オールマイティのネタバレあらすじ

【起】– ブルース・オールマイティのあらすじ1

ブルース・オールマイティのシーン1

画像引用元:YouTube / ブルース・オールマイティトレーラー映像

ローカルテレビのニュースリポーターをしているブルース・ノーランは、ニュース番組のアンカーマンを目指していました。彼にはグレースという彼女がおり、同棲をしています。中々アンカーマンになれないブルースはグレースに愚痴をこぼします。グレースはそんなブルースに呆れながらも夢を応援していました。

ある朝、幼稚園で働いているグレースを送り、職場に向かいますが渋滞に巻き込まれ遅刻をしてしまいます。その日は、前任のアンカーマンが引退をし、彼の後任を発表する日でした。

ブルースは取材先であるナイアガラの滝に行き、生中継の準備をしていました。中継が始まる直前、後任はブルースのライバルのエバンに決定したと発表され、ブルースは生中継で自分が選ばれなったことに怒り、ハチャメチャな中継をしてしまいます。その様子を職場のテレビで見ていたグレース。

その後、ブルースは仕事をクビになりテレビ局を追い出されます。車に乗って帰ろうとした時、盲目のホームレスが不良に絡まれているのを目撃し、ブルースはホームレスを助けて不良を追っ払おうとしますが、逆に不良たちに絡まれて殴られ、おまけに車に傷までつけられてしまいます。

散々な目に遭ったブルースは、帰宅して「自分ばっかりが、ついていない!神様にイジメられている!」とわめき散らし、グレースに八つ当たりをします。神様のせいにして、自分の人生を呪うブルースに、グレースは「いつもあなたは自分のことばかり」と呆れ返ります。ブルースは怒ったまま自宅を飛び出します。

イライラしながら車を運転し、グレースから貰ったお守りのブレスレットを握り、神様にすがってみますが、前方不注意で電柱にぶつかってしまいます。とことんの不運さに頭に来たブルースはブレスレットを川に投げ捨て、神様に暴言を吐き煽り立てます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ブルース・オールマイティ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×