映画:ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツ

「ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツの紹介:1990年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第2弾。前作で結ばれた2人に今度は女の赤ちゃんが生まれ、またもや騒動が勃発する。

あらすじ動画

ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツの主な出演者

モリー(カーティス・アレイ)、ジェームズ(ジョン・トラボルタ)、スチュアート(イライアス・コティーズ)、ロージー(オリンピア・デュカキス)、マイキーの声(ブルース・ウィリス)、ジュリーの声(ロザンヌ・バー)

ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツのネタバレあらすじ

【起】– ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツのあらすじ1

公認会計士のモリーとタクシー運転手のジェームズは結ばれて、モリーの息子・マイキーとともに幸せな結婚生活を送っていました。

そのマイキーももうすぐ3歳を迎えようとしています。

しかしマイキーを中心に回っていた世界が変わろうとしていましたモリーとジェームズの間に、待望の赤ちゃんが生まれるからです。

モリーは無事に女の子を出産し、マイキーは妹であるジュリーと会いました。

マイキーは自分の天下が終わることを確信します

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ベイビー・トーク2/リトル・ダイナマイツ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×