映画:ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリー

「ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリーの紹介:1993年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第3弾。赤ちゃんたちは言葉を発する年齢になったので、今度はペットとしてジェームズ一家に迎えられた犬が!?

ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリーの主な出演者

モリー・ウブリアーコ(カーティス・アレイ) ジェームズ・ウブリアーコ(ジョン・トラボルタ) マイキー(デイヴィッド・ギャラガー) ジュリー(タビサ・ルピアン) サマンサ(リゼット・アントニー) ロックスの声(ダニー・デヴィート) ダフネの声(ダイアン・キートン)

ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリーのネタバレあらすじ

【起】– ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリーのあらすじ1

パイロットの夢をかなえたジェームズと、公認会計士モリーの家庭は順風満帆です。

子どもたちもマイキーは6歳に、ジュリーは4歳に成長しました。

ジェームズはバイトの身分から大会社の正社員に昇進し、お給料が増えますしかし今度はモリーが不況のあおりを食らって、会計士の仕事をクビになってしまいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×