映画:ベイブ

「ベイブ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ベイブの紹介:1995年制作のアメリカ映画。第68回アカデミー賞で作品賞、監督賞など7部門でノミネート。CGやアニマトロニクスなどの特殊効果が評価され、アカデミー視覚効果賞を受賞した。1998年に続編「ベイブ/都会へ行く」が製作された。

あらすじ動画

ベイブの主な出演者

ベイブの声(クリスティーン・カヴァナー)、アーサー・ホゲット(ジェームズ・クロムウェル)、エズメ・ホゲット(マグダ・ズバンスキー)、フライの声(ミリアム・マーゴリーズ)、レックスの声(ヒューゴ・ウィーヴィング)、メーの声(ミリアム・フリン)、フェルディナンドの声(ダニー・マン)

ベイブのネタバレあらすじ

【起】– ベイブのあらすじ1

養豚場で生まれた子豚・ベイブは幼いころに母親や兄弟から引き離され、ある農村の「体重当てコンテスト」の賞品として牧場主・アーサー氏に貰われました。

農場には羊をはじめたくさんの動物たちが住んでいます。

牧羊犬の母犬・フライは、母親を恋しがって泣くベイブを他の子犬たちと同じように育ててくれ、牧場にはルールがあることを教えてくれましたフライと行動を共にするうちに、ベイブは牧羊犬の仕事に興味を持ちます。

アーサーは鶏を色別に整列させたベイブを見て、目を掛けるようになりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ベイブ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×