映画:ホームアローン4

「ホームアローン4」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホーム・アローン4の紹介:2002年製作のアメリカ映画。大人気の『ホーム・アローン』シリーズ第4弾。別居したパパの新恋人・ナタリーの御殿でクリスマスを過ごしていたケビンが、敷地内に侵入した宿敵・マーブを相手に笑撃バトルを繰り広げる。“ベスト・ヒット”

あらすじ動画

ホームアローン4の主な出演者

ケビン・マカリスター(マイク・ワインバーグ)、マーブ・マーチャント(フレンチ・スチュワート)、ピーター・マカリスター(ジェイソン・ベギー)、ナタリー・カルバン(ジョアンナ・ゴーイング)、ケイト・マカリスター(クレア・ケアリー)、プレスコット(エリック・アヴァリ)

ホームアローン4のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①両親が別居して初めてのクリスマス、さびしいケビンは兄・バズに意地悪されて家出を決意、父・ピーターのところへ。ピーターは新恋人・ナタリーと豪華な屋敷に暮らしていた。泥棒のマーブを見たケビンは、ナタリーの家を訪問する王子誘拐が狙いと知る。 ②大人たちに言っても信じてもらえないケビンは、独力で立ち向かうことを決意。スパイはメイドのモリーで、マーブの母だった。無愛想な執事・プレスコットと協力しケビンはマーブらを撃退、両親はよりを戻した。

【起】– ホームアローン4のあらすじ1

アメリカ。

12月22日。

もうすぐクリスマスです。

それでも9歳のケビン・マカリスターは落ち込んでいました。それというのも、父・ピーターと母・ケイトが別居して8か月経過しているからです。

兄・バズと姉・ミーガン、母と暮らしながらも、ケビンは父を恋しく思っていました。

去年のクリスマスに撮影していたホームビデオを視聴しては、今年はさびしいと感じます。

ケビンのさびしい気持ちを感じとったかのように、父・ピーターが家を訪問しました。

ピーターは別居後、ナタリー・カルバンという新しい恋人ができています。

母・ケイトはそれを聞いて、ショックを受けていました。

ピーターはすぐにナタリーと再婚したいと言い出し、離婚の話を切り出します。

新恋人のナタリーは、ピーターの子どもたちも歓迎すると言っていたそうです。

クリスマスに2~3日、遊びに来いと父・ピーターに言われますが、母が止めました。

母が仕事に出かけて留守の時、兄のバズは相変わらず、意地悪でした。ケビンは嫌な思いばかりします。

帰宅した母に訴えても、母はケビンの言うことを聞き流しました。

こんなことならば、兄弟なんかいなきゃよかった、1人っ子がよかったと母に訴えたケビンは、家出を思いつきます。

部屋にあった貯金箱を持つと、深夜タクシーに乗って、父・ピーターの家に行きました。

父・ピーターと恋人・ナタリーの家は、超豪華なお屋敷でした。ナタリーがお金持ちの娘でセレブなのです。

ナタリーの家では、クリスマスにロイヤルファミリーを招待する予定でした。

そんなゴージャスな家を、見逃すわけがありません。

過去2度にわたり、ケビンと壮絶な(?)戦いを繰り広げていた泥棒・マーブは、ナタリーの家を狙っていました。

今回は調度品やお宝を狙うのではなく、「ロイヤルファミリーの息子を誘拐して、身代金を要求する」のが目当てです。

新相棒にもなる妻・ヴェラと組み、ナタリーの屋敷にバンを横付けして、動向を見張っていました。

タクシーに乗ったケビンは、父・ピーターに歓迎されます。恋人のナタリーも子どもが好きと言い、ケビンを歓迎しました。

ナタリーの家の豪華さに、ケビンは大興奮です。

ケビンは執事の初老男性・プレスコット、メイドの初老女性・モリーに紹介されました。

モリーは愛想のいい女性ですが、プレスコットは無愛想で、怖く感じられます。

屋敷の鍵はリモコンタイプで、押して操作するのではなく、ことばを聞きとって動くものでした。

子ども部屋もゴージャスで、ケビンは喜びます。

父・ピーターはケビンが到着したことを、母・ケイトに電話で知らせました。

ケイトはケビンがひとりでピーターのところへ行ったと知り、さびしく感じます。

12月23日。

朝に起床したケビンは、朝食をなんでも注文してもよいと知り、大喜びです。フレンチトーストにメイプルシロップをたくさんかけ、食べます。

ナタリーと父・ピーターは出かけていきました。王室の人に会いに行ったのです。

台所に行ったケビンは、そこに食料運搬用の小さなエレベーターがあると知りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ホームアローン4」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×