映画:マジックインムーンライト

「マジックインムーンライト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

マジック・イン・ムーンライトの紹介:2014年公開のアメリカ・イギリス合作映画。1920年代の南フランスを舞台に、霊感を持つ女性占い師と、トリックを暴こうとするマジシャンとの駆け引きを描いている。メガホンをとるのはウディ・アレン、主演はコリン・ファースとエマ・ストーンで贈るロマンチックコメディ。

あらすじ動画

マジックインムーンライトの主な出演者

スタンリー・クロフォード「ウェイ・リン・スー」(コリン・ファース)、ソフィ・ベイカー(エマ・ストーン)、ハワード・バーカン(サイモン・マクバーニー)、ブライス(ハミッシュ・リンクレイター)、ソフィの母(マーシャ・ゲイ・ハーデン)、グレース(ジャッキー・ウィーヴァー)、キャロライン(エリカ・リーセン)、ヴァネッサ(アイリーン・アトキンス)

マジックインムーンライトのネタバレあらすじ

【起】– マジックインムーンライトのあらすじ1

1928年のベルリンで、マジシャンのスタンリーは公演を行っていました。彼はウェイ・リン・スーという中国人の人物になってマジックを披露しています。

ゾウをステージから消すマジックを披露し、観客から拍手が巻き起こります。最後は瞬間移動を披露して終わりとなります。

スタンリーは神など信じず、科学を信じる合理主義者です。公演が終わった後、楽屋に幼馴染のハワードがやってきます。

ハワードは、南フランスに来て欲しいと頼みにやってきました。その理由は、霊感を持つ女性占い師が、資産家の家族を騙しているからです。

婚約者のオリヴィアと旅行を控えていましたが、スタンリーは彼の頼みを聞き入れて向かうことにします。教養のあるオリヴィアは、旅行の延期を承諾します。

南フランスに向かい、久しぶりにスタンリーは、ヴァネッサ叔母さんに会うことができます。彼にとって、叔母さんは母のような存在でした。

その後、スタンリーは資産家の家族と会うことになります。キャロラインは、弟のブライスと母のグレースが占い師の虜になっていると説明します。今日も交霊会があるのだと言います。

ブライスは、占い師のソフィ・ベイカーにほの字となっていました。グレースは亡き夫と交信することが出来ると喜んでいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マジックインムーンライト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×