映画:マスク

「マスク」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

コメディ映画

マスクの紹介:1994年のアメリカ映画。主演のジム・キャリーとヒロインのキャメロン・ディアスを一躍トップスターに仕立てた作品。地味な男が不思議な緑色の仮面を手に入れたことから、超人的な力を持った怪人・マスクに大変身する物語である。

あらすじ動画

マスクの主な出演者

スタンリー・イプキス(ジム・キャリー)、ティナ・カーライル(キャメロン・ディアス)、ドリアン(ピーター・グリーン)、ミッチ・ケラウェイ警部(ピーター・リーガート)、ペギー・ベラント(エイミー・ヤスベック)、チャーリー・シューマーカー(リチャード・ジェニ)

マスクのネタバレあらすじ

【起】– マスクのあらすじ1

エッジ・シティーのスタンリーは地味な銀行員です。

彼は優しいのですが、気弱で女性にもてません。

愛犬マイロと一緒に子供用のアニメを見るのが彼の楽しみでしたある日彼の職場に、魅力的な女性が現れます。

彼女はナイトクラブ「ボンゴ・ボンゴ」の歌姫・ティナで、彼女はヤクザの恋人ドリアンに無理強いされ、銀行強盗の下見に来ていたのでした。

スタンリーは彼女にひとめぼれします その日の帰り道、スタンリーは河川敷で古い仮面を見つけます。

家に持って帰り、何気なく顔につけてみると、なんと木の仮面がゴムのように顔に吸いつきました。

小さな竜巻のような現象が起こると、スタンリーは緑色の顔(仮面)に黄色いスーツを着た怪人に変身します

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マスク」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×