映画:マラヴィータ

「マラヴィータ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

製作総指揮マーティン・スコセッシ、主演ロバート・デ・ニーロ、監督リュックベッソンという映画界の大物三人による初のコラボレーション。平和な田舎町に身を隠しながらもトラブルを起こし続ける元マフィア一家の様子や、敵対するファミリーとの競争をコミカルに映し出す。

あらすじ動画

マラヴィータの主な出演者

フレッド・ブレイク/ジョバンニ・マンゾーロ(ロバート・デ・ニーロ)、マギー・ブレイク(ミシェル・ファイファー)、ベル・ブレイク(ディアナ・アグロン)、ウォレン・ブレイク(ジョン・デレオ)ロバート・スタンスフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)

マラヴィータのネタバレあらすじ

【起】– マラヴィータのあらすじ1

マフィアのボスをしていたジョバンニは、FBIの保護証人プログラムの適用により、フランスの田舎町に家族と正体を隠して潜伏していた

ジョバンニは名を変え、隣人には歴史作家だと偽り、実際には回想録を執筆している

FBIの捜査官が一家を監視し続けるなか、妻は悪口の報復にスーパーマーケットを爆破し、息子は学校内を牛耳り、娘は大学生の恋人をつくるなど、問題行動が続く

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マラヴィータ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ