「ミス・ワイフ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

2015年製作の韓国映画。“家族の愛”にあふれるSFラブコメディ。独身敏腕弁護士のヨヌは、お金の為なら手段を選ばず、誰にも頼らずに生きてきた。ある日不慮の事故に遭い、死の淵に立つ彼女の前に現れたイ所長から「他人の人生を1カ月過ごせば、元の人生に戻れる」と提案されて…。

あらすじ動画

ミス・ワイフの主な出演者

ヨヌ(オム・ジョンファ)、ソンファン(ソン・スンホン)、イ所長(キム・サンホ)、ミソン(ラ・ミラン)、ハヌル(ソ・シネ)、チェ課長(イ・ジュンヒョク)、(コ・スヒ)

ミス・ワイフのネタバレあらすじ

【起】– ミス・ワイフのあらすじ1

ミス・ワイフのシーン1

画像引用元:YouTube / ミス・ワイフトレーラー映像

イ・ヨヌには船乗りの父親がいましたが、滅多に会えない上に船の事故で亡くなり、顔すらも覚えていません。

父を慕い続けた母も後を追うように亡くなり、学生の時に一人取り残されたヨヌは、”男は百害あって一利なし”と誰にも頼らず自力で生き抜くことを心に決めたのでした。

――それから時が経ち、ヨヌは独身39歳、敏腕弁護士として活躍していました。その日、大企業フェギョン建設会長の子息が女子学生へのレイプ未遂を起こした事件で、子息の弁護を担当していました。

「財閥の子息は数年海外で過ごせば誰も覚えていないが、これから就職と結婚が控えている被害女性は、事が大きくなるほど立場が悪くなる」と淡々と示談を進めるヨヌ。

悔しさに嘆き悲しむ被害女性とその母親は事件の揉み消しと示談を泣く泣く受け入れます。

ヨヌはその報酬として念願のニューヨーク転勤、ブラックカードと高級車を受け取ります。お金の為なら手段を選ばない彼女の徹底した主義により、高額な報酬の為ならばどんな仕事であろうと確実にこなしてきました。

ところがその夜、ヨヌは車の運転中に不慮の事故に遭い、気が付くと待合室のような場所に居ました。そこは天国への中継地で、亡くなった人を天国へ分類する場所でした。

ここの事務処理ミスでこちらへ来てしまったヨヌに対して、責任者とおぼしきイ所長は、もう一人手違いで亡くなった「他人の人生を1カ月過ごせば、元の人生に戻す」と提案されます。

条件は二つ、”前の人生に関与しないこと”と”正体を見破られてはいけないこと”です。“死か他人の人生を生きるか”と選択肢のないヨヌは慌てて承諾します。

ヨヌが目覚めると、ボサボサ頭にヨレヨレの衣服のみすぼらしい自分の姿に驚愕し、叫び声を上げます。

高級マンションに住んでいた独身バリバリのキャリアウーマンが、古い集合住宅に住む34歳、2人の子持ち専業主婦となっていたのです。

家族は、地方公務員で無駄にイケメンの夫ソンファン、思春期生意気盛りの女子高生の娘ハヌル、幼稚園児の息子ハルの4人家族。

18歳で結婚したという彼女の楽しみは映画とドラマ、趣味は映画俳優のモノマネという、あまりにも次元が違う世界にヨヌは衝撃を受け、動揺を隠せません。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ミス・ワイフ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×