映画:メタボリックデカ

「メタボリックデカ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

メタボリックデカの紹介:2017年製作のタイ映画。メタボ体型の巡査、ヨイ、カン、アオ、プルムの4人は、体重が重過ぎて車が坂を登れず、追跡中の強盗犯を取り逃がしてしまう。さらに、その様子がネット上で拡散され、4人は署長命令でダイエットをすることになるが…。

あらすじ動画

メタボリックデカの主な出演者

カン巡査(サラン・チンスワパラ)、ヨイ巡査(プラモート・パサン)、アオ巡査(スパチャイ・サップラサート)、プルム巡査(ソムヨス・マトゥレス)、ムエタイのコーチ(ヤーニン・ウィサミタナン)、ジェイド警部(スパビチ・ネプレンワッタナ)、ミーン(ヌトウジャリー・ホルベクチル)、ムエタイのトレーナー(ジージャー・ヤーニン)

メタボリックデカのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①カン巡査たち4人は食べるのが大好きでメタボ体型。失敗した捕り物劇の動画が拡散され、怒った署長から「3か月以内に20キロ痩せないと異動」と言い渡される。 ②ジムでトレーニングする4人だが成果は上がらず。太っていても犯人を逮捕できればよいと思った4人は現金強奪犯を逮捕、痩せなかったがお手柄で異動の話はなくなった。

【起】– メタボリックデカのあらすじ1

メタボリックデカのシーン1

画像引用元:YouTube / メタボリックデカトレーラー映像

タイ。

カン巡査、ヨイ巡査、プルム巡査、アオ巡査は食べるのが大好きな警察官です。

仕事の最中にジンギスカンを食べる際にも、いつも全力を尽くしています。

野菜や肉を取りに行き、鍋に盛り付ける間にも、4人の間には緊迫感が漂っていました。

それほどに、彼らのなかで食べるということは、大事なことなのです。

しかし彼らにある日、衝撃的な命令が署長から言い渡されます。

それは、3か月以内に「標準体型になれ」というものでした。

食べるのが大好きな4人は、4人ともメタボリックな体型です…。

・カン巡査…丸縁めがねの警察官。猫を飼っている。97キロ。

・プルム巡査…べっこうのめがねの警察官。おとぼけキャラ。97キロ。

・ヨイ巡査…お調子者のムードメーカー。102キロ。

・アオ巡査…メンバーの中で唯一の既婚者。妻の手料理を振舞われ、食べないと心変わりだと疑われる。115キロ。

・ジェイド警部…イケメン。4人の上司。彼らを励ます。

発端は、4人の失態動画が流れたことでした。

ある時、4人はバイクに乗って逃げる強盗を追跡します。

犯人は2人で、1台のバイクに乗って逃げていました。

それを、メタボな4人が1台の車に乗り、追いかけます。

のぼり坂になった橋の手前で、車は動かなくなりました。

4人が重いので、車のエンジンが負けたのです。

仕方なく4人は車から出ると、後ろから押して橋をのぼります。

そこへ、ジェイド警部がバイクで通過しました。

ジェイド警部を応援する4人は、思わず手を離して拍手をします。

車は前に進み、カン巡査をボンネットに乗せて、坂の下の祠へ突っ込みました。

反動でカン巡査以外の3人は、橋から下の川に落ちてしまいます。

この一部始終を撮影していた一般人がおり、その動画がアップロードされたのでした。

コメディのような映像は話題を呼び、24時間で100万回再生されます。

タイ警察にとっては、恥ずかしい映像でした。

そこでカン巡査たちの警察署では、署長が署員に命令を下します。

「肉体改造プログラム」と謳われた企画は、「3か月以内に標準体型にならなければ、閑職に異動」というものです。

カン巡査たち4人だけではなく、警察署全員に課せられたものでした。

とはいうものの、実質的には、カン巡査たちにつらいものです。

身体検査で体重を計測され、3か月の間に成果を出さねばなりません。

署内でメタボな人物が、もう1人いました。パオ警部補です。

しかし…実はパオ警部補は、長距離走が得意でした。

走るとすぐに息が切れるカン巡査たちと違い、パオ警部補はその太い身体からは想像できないほど、持久力とスピードがあります(主に持久力)。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「メタボリックデカ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ