映画:モダンタイムス

「モダンタイムス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

モダン・タイムスの紹介:1936年公開のモノクロ映画。機械とお金にがんじがらめの時代を風刺して描いた作品。喜劇王チャーリー・チャップリン出演、監督、脚本、音楽、制作で贈るブラック・コメディ。チャップリンの代表作のひとつ。

あらすじ動画

モダンタイムスの主な出演者

工員(チャールズ・チャップリン)、浮浪少女(ポーレット・ゴダード)、キャバレーの主人(ヘンリー・バーグマン)、工場の技師(チェスター・コンクリン)、製鉄会社社長(アラン・ガルシア)、ビッグ・ビル(スタンレー・サンドフォード)、強盗(ハンク・マン)(ルイ・ナトー)、少女の父(スタンリー・ブリストーン)、工員と同じ独房の服役囚(リチャード・アレクサンダー)、牧師(セシル・レイノルズ)、牧師夫人(マイラ・マッキニー)、カフェの給仕(フレッド・マラテスタ)、タービンの交換手(サミー・スタイン)、流れ作業の工員(チャールズ・コンクリン)、流れ作業の職長(ウォルター・ジェームズ)、工員(ボビー・ワーカー)(C・ハミルトン)(ジャック・ロン)、囚人(フランク・モラン)、少女の妹(グロリア・デ・ヘイヴン)、造船会社の労働者(フランク・ハグニイ)、警官(パット・ハーモン)、医師(エドワード・キンボール)、デパートの売り場主任(J・C・ニュージェント)、ウエイター(ジョン・ランド)

モダンタイムスのネタバレあらすじ

【起】– モダンタイムスのあらすじ1

エレクトロ鉄鋼会社の社長室。社長はモニターで工場の様子を見ていて、助手に第5班にスピードを上げるように指示します。

工場で働くチャーリーは、ベルトコンベアで流れてくる部品のネジを回し続けています。スピードが上がってきて、後々トンカチで叩いている同僚に迷惑をかけてしまいます。

蜂が飛んできたので、チャーリーは気になってしまいます。同僚が蜂を殴ると、チャーリーに当たってしまいます。二人は喧嘩を始めて、監視してる工員が止めに来ます。

社長は第5班のスピードを上げるように更に言い、チャーリーは交代させられることになります。トイレでタバコをふかして休んでいると、モニター越しに社長が怒ってきたので、仕事に戻ることにします。

セールス・トーク会社のセールスマンが社長室にやってきて、自動飲食マシーンを紹介してきます。このマシンがあれば、昼食時間がいらなくなり、生産性が向上するのがメリットです。

昼食の時間になってチャーリーが座っていると、社長と役員、セールスマンが自動飲食マシーンを持ってきます。実験台としてチャーリーが行うことになります。

手は作業ができるようになっていて、顔は固定されます。スープが自動で口に運ばれてと順調に行きますが、トウモロコシの番になって異常が発生します。

回転しながら食べれるトウモロコシですが、回転が止まらなくなって高速になっていきます。チャーリーの口には高速回転しているトウモロコシが回り続けて大変なことになります。

セールスマンが直そうとしますが、ショートして煙が出てきます。とりあえず、トウモロコシを手動で置いて、スープからもう一度始めます。

しかし、スープはチャーリーの顔にぶっかけられてと使い物になりません。社長は自動飲食マシーンを見限って帰っていきます。

それから午後も更けて、社長は第5班に全力を出すように指示します。スピードが早すぎてチャーリーはネジ回しについていけません。

必死に頑張るチャーリーでしたが、ベルトコンベアの中に吸い込まれてしまいます。逆回しをしてもらって戻ってくることができますが、同僚たちの乳首や鼻をスパナで回し始めます。

秘書の女性が通りかかってきたので、回そうと追いかけます。秘書が外に逃げ出すと、歩いていた女性にチャーリーは目をつけて追いかけます。

逃げてく女性は警官に助けを求めると、今度はチャーリーが追いかけられます。工場へと逃げ込んで、オイルを吹きかける道具を手に入れて、同僚たちに吹きかけていきます。

怒った同僚たちとベルトコンベアの周りで追いかけっこです。社長もでてきて、チャーリーは警官に連行されます。車に乗せられ、病院に連れていかれます。

ショックから回復したチャーリーでしたが、職がなくて新たな人生を踏み出します。シルクハットを被り、ちょびひげにステッキを持ち、医師から刺激を避けるように言われます。

トコトコ外を歩いているチャーリーは、一台の車が旗を落としていくのに気づいて届けようとします。するとデモ隊が後ろからついてきて、警官隊が逮捕しに襲い掛かってきます。チャーリーは旗を持っていたことから、リーダーだと思われて連行されます。

港をうろつく浮浪少女は、生きるために船に積んであったバナナを盗みます。子供たちにもポイポイあげていると、船主がやってきて追いかけてきます。

浮浪少女には幼い妹たちがいて、母はいませんでした。父親は失業中で、盗んできたバナナをあげると妹たちと父親は喜びます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「モダンタイムス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×