映画:モネゲーム

「モネゲーム」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

モネ・ゲームの紹介:2012年にアメリカで製作されたコメディー。モネの贋作を使って性悪富豪をこらしめようとする美術鑑定士の奮闘を描く。1966年製作の「泥棒貴族」を現代版にリメイクした作品で、脚本をコーエン兄弟、主演をコリン・ファース、キャメロン・ディアスが務めた。

あらすじ動画

モネゲームの主な出演者

ハリー・ディーン(コリン・ファース)、PJ・プズナウスキー(キャメロン・ディアス)、シャバンダー(アラン・リックマン)、ネルソン少佐(トム・コートネイ)、マーティン(スタンリー・トゥッチ)

モネゲームのネタバレあらすじ

【起】- モネゲームのあらすじ1

舞台はイギリス、ロンドン。美術鑑定士でモネの専門家であるハリーはある詐欺計画を考えていました。それは、印象派の巨匠モネの「積みわら-夕暮れ」の贋作を憎き大富豪シャバンダーに売りつけるというものでした。長年上司のシャバンダーから無能呼ばわりされていた恨みを、今こそ晴らそうと考えたのです。

ハリーは友人で贋作作りが趣味のネルソン少佐に協力を依頼、ネルソンは早速「積みわら-夕暮れ」の偽物を完成させます。もう一つ計画に必須だったのは、PJ・プズナウスキーという女性の協力でした。なぜ彼女の協力が必要なのか、その理由は第二次世界大戦まで遡ります。

戦時中、モネの「積みわら-夕暮れ」はナチスによって奪われ、ゲーリングの屋敷に飾られていました。その屋敷を占領したのが、かの有名なパットン将軍率いる第一師団。そして、そのうちの一人であるプズナウスキーが「積みわら-夕暮れ」を最初に発見した人物でした。PJはその孫娘だったのです。

「積みわら-夕暮れ」がプズナウスキーの家で見つかったという情報をちらつかせれば、印象派の絵画コレクターのシャバンダーが欲しがらないはずはなく、容易に大金をせしめることができるはず…ハリーは頭の中で鮮明に計画の流れをイメージしていましたが、現実はそう甘くはありませんでした。

アメリカのテキサスに暮らすPJを説得し、ロンドンに連れてくることができたものの、PJはおてんば娘でその行動はいつもハリーの予想を超えてきました。また、「積みわら-夕暮れ」の贋作と写るPJの写真を見てもシャバンダーはまったく食いついてきません。ハリーはなんとかシャバンダーに興味を持たせることに成功しますが、シャバンダーはPJとの交渉で主導権を握るつもりで、財布の紐を固く締めていました。

不安な気持ちを抱えたまま、ハリーはPJとシャバンダーとの面談をセッティングしますが、そこで思わぬ出来事が起こります。歯に衣着せぬ物言いをするPJをシャバンダーが気に入り、二人は会食することが決まったのです。

【承】- モネゲームのあらすじ2

ハリーはその場への同行を許されず、おまけにシャバンダーに不審に思われぬよう、PJを自分のアパートから高級ホテルへと移動させることになり、踏んだり蹴ったりの状況でした。そこに、会食を終えたPJが現れ、ハリーに計画の中止を忠告してきました。法外な経費で経済的に窮地に立たされていたハリーはPJの話をよく聞かないまま怒りの感情を爆発させ、二人はたちまち口論となります。ハリーに呆れたPJは去り際、さらにハリーを絶望させる情報を言い放ちました。シャバンダーがハリーを解雇し、新たにマーティンという鑑定士を雇うといい、「積みわら-夕暮れ」の鑑定もマーティンにやらせるというのです。この計画はハリーが贋作を本物と鑑定することで成立するものでしたが、その前提が大きく崩れようとしていました。

ハリーはすぐに動き出し、シャバンダーの小切手が引き換え不能になっていると嘘の情報をマーティンに流します。マーティンの不安げな声にハリーは満足しますが、その後再び悲劇に襲われることになってしまいます。

その夜のことでした。ハリーはPJの宿泊費を払うことができず、PJの部屋の廊下に飾られている明朝時代の壺を盗もうと考えます。ところが、ハリーはその最中に清掃用具室に偶然閉じ込められてしまいました。窓から外に出てなんとか脱出を図ったものの、ハリーはその途上でズボンを失い、下半身はパンツと靴下だけになってしまっていました。

【転】- モネゲームのあらすじ3

同じ頃、PJはシャバンダーに連れられ日本企業とのディナーを楽しんでいました。その企業を率いるのはタカガワ、シャバンダーとオークションで激しい戦いを演じてきた人物で、「積みわら-夕暮れ」の対となる作品「積みわら-夜明け」もタカガワとの争いの結果得たものでした。シャバンダーはタカガワ傘下のテレビ局を買収することで、タカガワにさらなる勝利を収めたいと考えていました。タカガワの部下は異様なほど陽気な対応で、シャバンダーは不愉快な気持ちになっていましたが、PJは彼らとの会話を楽しみ、別荘でのパーティーに彼らを呼ぶべきと助言。PJにすっかり惚れてしまっていたシャバンダーはそのアイディアを受け入れることを決めます。

その後、ホテルに戻ったPJははしたない恰好をしたハリーの姿を見て驚き呆れます。なんとかPJはシャバンダーに内緒でハリーをホテルから出しますが、PJを嫌らしい目つきで見つめ、ホテルで一夜を過ごそうとするシャバンダーを見て、ハリーは「ゲス野郎」とつぶやきながらホテルを出て行きました。翌朝、PJは考えを改め計画に協力することをハリーに伝えました。そして、計画の事で頭がいっぱいになっているハリーに少しは笑うべきと忠告しました。

その後、シャバンダーの別荘でパーティーが行われ、PJ、ハリー、その他、日本企業のビジネスマンら多くの客が招待されました。「積みわら-夕暮れ」の鑑定はそのとき行われることとなり、シャバンダーたちがパーティーを楽しむ裏でハリーは一人ギャラリーで計画の準備を開始しました。そのとき、ハリーが壁に飾られた「積みわら-夜明け」に手をかけると、警報装置が作動し、一匹のライオンがその場に現れました。ハリーは獰猛なライオンに追い詰められてしまいますが、間一髪、そこにハリーの危機を察知したPJが助けに現れ、長年培ったロデオの技術でライオンを手なずけました。

【結】- モネゲームのあらすじ4

その後、シャバンダーがギャラリーに現れますが、ここでマーティンも登場します。多額の前払いを受け取り、正式に鑑定士の仕事を引き受けたといいます。マーティンは鑑定の結果、この贋作が本物と熱弁し出しました。このままいけば計画は成功するはずでしたが、ハリーはモネの専門家としてのプライドに負けてしまいます。ハリーは突然口を開き、モネの画風と異なる点を挙げ、さらに絵の表面を強い力で拭き、その下にエリザベス2世の肖像画が描かれていることを明らかにしました。

贋作を褒めちぎっていたことにマーティンは意気消沈し、シャバンダーは騙そうとしたPJを侮辱する言葉を口にしました。ハリーに対しては鑑定士の継続を依頼しましたが、ハリーは「ゲス野郎」とシャバンダーを呼び、その求めを拒絶しました。手のひらを返したようにPJを批判したシャバンダーの卑劣さに我慢ならなかったのです。PJはその様子を見てハリーのことを見直しました。

それから間もなく、PJは帰国の途につきました。ハリーとネルソンに見送られ、笑顔で搭乗口に向かうPJ。すると、PJはカバンの中に紙包みがあることに気づきました。それは、ハリーが長年大切にしてきた印象派の画家シスレーの絵でした。一方、PJを送った後、ハリーたちはシャバンダーと接触していた日本企業のビジネスマンたちと合流します。そこには、シャバンダーの因縁の相手、タカガワもいました。ハリーはシャバンダーからひそかに盗んだ「積みわら-夜明け」をタカガワに引き渡しました。今回の詐欺計画は、シャバンダーから「積みわら-夜明け」を盗む目的もあったのです。タカガワは念願の絵画を受け取り、感慨深い表情を浮かべていました。この仕事でハリーたちは1,000万ポンドの報酬を獲得、ハリーは「こんなおいしい商売、やめられない」と口にしました。

みんなの感想

ライターの感想

90分足らずの映画ながら、コメディーとスリルがぎっしり詰まった作品です。キャメロン・ディアスの愛らしい表情、意外に間抜けなキャラが似合うコリン・ファースのひょうきんさ、そして、アラン・リックマンの嫌らしさなど、たくさんの魅力がある映画です。冒頭のかわいらしいアニメーションから物語に引き込まれると思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「モネゲーム」の商品はこちら