「ランファットボーイラン走れメタボ」のネタバレあらすじと結末の感想

コメディ映画

ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボの紹介:2007年公開のイギリス映画。メタボ気味で根性の無い駄目男が、妻とヨリを戻すためにマラソンに挑戦する姿を描いている。「フレンズ」に出演して有名なデヴィッド・シュワイマーが初めて監督を務めた作品。主演は「宇宙人ポール」「ショーン・オブ・ザ・デッド」のサイモン・ぺッグ。

予告動画

ランファットボーイラン走れメタボの主な出演者

デニス(サイモン・ペッグ)、リビー(タンディ・ニュートン)、ウィット(ハンク・アザリア)、ゴードン(ディラン・モーラン)

ランファットボーイラン走れメタボのネタバレあらすじ

【起】- ランファットボーイラン走れメタボのあらすじ1

デニスは恋人のリビーが妊娠したこともあって、結婚することにします。結婚式当日、デニスは彼女を幸せにできるか不安になって逃げだします。
それから5年の月日が経って、デニスは下着売り場の警備員をしていました。帰宅すると、毎度の事ながらマンションの鍵を忘れてしまっていました。
家賃を滞納していて文句を言われますが、何とか管理人のミスターGに入れてもらいます。
今日は息子のジェイクと映画を見に行く予定です。遅刻してリビーの家に行くと、リビーはボーイフレンドのウィットといました。
リビーの事を愛し続けているデニスはショックを受けます。映画館に行くと、いとこのゴードンからチケットをもらっていませんでした。
誰かから買おうとすると、おとり捜査官にバレてしまって厳重注意されます。ウィットとリビーがジェイクを迎えに来て、デニスへの信頼は無くなっていきます。

【承】- ランファットボーイラン走れメタボのあらすじ2

絵に描いたような完璧なウィットに、デニスは嫉妬します。ウィットがマラソンに出ると聞いて、負けじとデニスも出場することにします。
ウィットはジェイクに映画のチケットを手配します。それを聞いたデニスが自分に行かせて欲しいと頼みますが、了承してもらえませんでした。
デニスはウィットのジムについて行って走りますが、すぐにバテてしまいます。メタボ気味のお腹では厳しいのです。
早朝から走ることにしたデニスでしたが、水着で走っていて玉袋に湿疹ができてしまいます。仕事中に袋が痒くて仕方ありません。
ゴードンは賭け事をしていて、デニスがマラソンで完走する事に全財産を賭けます。早速、デニスのコーチとなってトレーニングを開始します。ミスターGも応援してくれて、彼はコーチ補佐に回ります。
厳しいトレーニングで、デニスは足に巨大なマメができてしまいます。ゴードンが釘を刺して潰すと、汁がかかって悲しみます。

【転】- ランファットボーイラン走れメタボのあらすじ3

マラソンの一般応募は締め切られていました。慈善団体から応募するしか手はありません。
ミスターGを難病に見立てて申し込みますが、団体の番号を聞かれて失敗に終わります。
帰りの階段で、車いすを落としてしまいます。出場予定だった男性に当たってしまって、代わりにデニスが出ることにします。
慈善団体は勃起不全の会で、その銘柄がついたTシャツを着てデニスは出場です。更なるトレーニングを開始します。
ミスターGの娘から、マラソンで完走できなければ家を追い出すと言われます。
ウィットがリビーの誕生日パーティーを開きます。デニスも招待されて、リビーに自分の気持ちを伝えます。
しかし、パーティーでウィットが粋な演出をして、リビーにプロポーズをします。落ち込んだデニスはマラソンに出場することを断念します。
それを聞いたゴードンとデニスは喧嘩になります。応援してシューズをプレゼントしていたミスターGは、逃げてばかりのデニスを怒ります。
デニスは、ミスターGの娘からマンションを追い出されます。荷物を持ってリビーの家に行くと、ジェイクが行方不明だと聞きます。
ジェイクを見つけたデニスは、行方不明になった理由が好きな子にフラれた事だと聞きます。逃げても、問題はなくならないから、立ち向かう事が大切だとジェイクにアドバイスします。

【結】- ランファットボーイラン走れメタボのあらすじ4

自分も同じ状況だと感じ取ったデニスは、マラソンに出場することにします。ゴードンの家に泊めてもらって、翌日のマラソン大会に備えます。
寝坊してしまったデニスは大急ぎで向かいます。大会が始まって、ウィットとデニスは競争を始めます。
ウィットが足をワザとかけて、デニスと共に転倒します。靭帯を痛めたと思ったウィットはマラソンを辞退します。
テレビで見ていたリビーとジェイクが病院に駆け付けます。デニスはいなくて、ウィットだけがいました。
しかもウィットは怪我一つしていませんでした。悪戯していたジェイクを怒り出したり、足を引っかけたウィットに、彼の本性を知ったリビーは結婚指輪を返します。
デニスは捻挫しながらもマラソンを続けていました。大会が終わっても、走り続ける彼の姿に多くの人が応援してくれます。
その様子を見たリビーとジェイクが駆け付けます。壁を越えて、ゴール間近でデニスは倒れこみます。
リビーとジェイクの姿を見つけて、デニスは感動のゴールを果たします。大会が終わって、ジェイクを迎えに行ったデニスはリビーに食事を誘います。
大金持ちになったゴードンが、デニスのマラソンをネタにしてナンパを成功させてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、病院にリビー達が駆け付けた後、捻挫しても走り続けているデニスの姿が映し出された場面です。辛い表情を浮かべながらも必死に走るデニスの姿に感動します。
感動だけでなく、コメディ映画なので面白いシーンが散りばめられています。ゴードンがお尻丸出しだったり、湿疹ができたデニスが下着売場で搔いていて怒られたりします。
この作品は、マラソンを通して自信の無かった男性が成長する姿を描いています。そのテーマを伝えたいという目的がはっきりとしていて、良作な作品だと感じました。高評価をつける方が多い作品だと思います。

映画の感想を投稿する

映画「ランファットボーイラン走れメタボ」の商品はこちら