「リザとキツネと恋する死者たち」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【承】– リザとキツネと恋する死者たちのあらすじ2

リザとキツネと恋する死者たちのシーン2

画像引用元:YouTube / リザとキツネと恋する死者たちトレーラー映像

フィンランド民族音楽を愛するゾルダン。カーロイ殺しの捜査に没頭していた。ゾルタンはリザを監視するためにマルタの部屋を借りた。

アパートは雨戸もボイラーもトイレも照明もあらゆるものが壊れていため、トイレが終わったゾルタンはバケツに水を汲みに行かなければならなかった。

リザは合鍵が必要になりヘンリクの鍵を貰うことになった。

翌日メックバーガーでヘンリクと会ったリザだったが、ヘンリクは通りかかった親し気な女に呼ばれ店を出て行ってしまう。

一方ゾルダンは家中の壊れたところを修理していた。トミー谷がゾルダンを殺そうとするが旨く行かない。

リザが恋人を見つける為に雑誌に広告を出すと、ルドヴィクという男から会いたいと手紙が届いた。

メックバーガーで会った二人は、さっそくリザのアパートへやって来て日本酒で乾杯し、ダンスを踊り始めたが、またトミー谷がルドヴィクに息を吹きかけるとルドヴィクはリザにもたれかかりそのまま床に倒れ込み死んだ。心臓発作だった。死者3人目。

やがてリザは悪夢にうなされるようになり、自分が妖怪キツネになりそうで怖いとトミー谷に打ち明ける。

カーロイもルドヴィクが死んだ後、あちこちにキツネが見えると言うのだった。

リザは妖怪について調べることにした。

図書館で資料を抱え込んでリザが席に着いた時、目の前に座っていた男が好色そうな目でリザを見たが、この男・フェリもトニー谷によって椅子ごとひっくり返えり、後頭部から血を流し死んでしまう。死者4人目。

驚いたリザが図書館を飛び出した時、ハンカチを落としてしまった。それを拾った男・ジョバンニがハンカチを拾いリザを追いかけたが車にひかれて死んでしまう。死者5人目。

アパートに帰ったリザが窓辺に咲く花に部屋の中に入って来ていた虫を返してやっていた時、煙突掃除の男がリザを見て口笛を吹いたが、この煙突掃除の意男もトミー谷によって屋根を滑り落ち死んだ。死者6人目。

泣きくずれるリザをゾルダンが慰め、君は潔白だと言った。

しかし、リザは妖怪キツネに呪われており、自分に恋したら男は見ただけで死んでしまうと言うのだった。

那須の森にひっそりと棲むその妖怪は、呪われた生が終わるのを待つと言う。

リザはゾルダンを見あげながら、「私に恋しなくてよかったわね。恋してたら今ごろ死んでいたかも」と呟いた。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リザとキツネと恋する死者たち」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×