映画:リトルシスター

「リトルシスター」のネタバレあらすじ動画と結末

リトルシスターの紹介:2016年制作のアメリカ映画。久しぶりに里帰りした修道女が、家族との絆を深める姿を描いている。ザック・クラークがメガホンをとり、アディソン・ティムリン主演で贈るコメディドラマ。

あらすじ動画

リトルシスターの主な出演者

コリーン(アディソン・ティムリン)、ジョアニ(アリー・シーディ)、ジェイコブ(キース・ボウルソン)、ビル(ピーター・ヘッジズ)、牧師の母(バーバラ・クランプトン)、トリシア(クリスティン・スレイスマン)

リトルシスターのネタバレあらすじ

【起】- リトルシスターのあらすじ1

コリーンはマリリン・マンソンのメイクをしたり、悪魔をモチーフにしたグッズをインテリアとして部屋に飾っていました。今はニューヨークで見習いの修道女をしています。今日は、道端に座り込んでいる人に食事をあげて感謝されます。
友人に誘われて、奇抜なバンドのライブを聞きにも行きます。出会った女性に一緒にぶっ飛ばないかと言われますが、コリーンは応じることはできないので断ります。
もうじき請願を控えていましたが、コリーンはどこか楽しくない様子でした。その様子を見て、シスターは心配します。
彼女の母・ジョアニはマリファナなどクスリをしており、自殺未遂もしました。その後、コリーンに家から出て行かれました。イラクの戦地から息子のジェイコブが帰国したので、コリーンにメールを送ります。
ジェイコブは爆撃を受けて、顔の大部分を火傷しました。命は助かりましたが、帰ってきて外に出ようとしませんでした。
メールを開いたコリーンは、5日ほど車を貸して欲しいとシスターに頼みます。
休暇をもらったコリーンは、久々に実家に帰ります。隣りの兄の部屋からは、ドラムの音が鳴り響いてきます。
両親とトリシアが帰ってきて、コリーンは父とハグをします。トリシアはジェイコブの恋人で、別れていなくて安心します。
翌日、3人が外出するので、コリーンは留守番を頼まれます。玄関をノックする音が聞こえてくるので、コリーンは開けます。するとジェイコブの友人2人が立っていました。
2人はコリーンがメイクをしてなかったので分かりませんでした。白鳥のようになったと、コリーンを褒めます。2人は日を改めることにします。
コリーンは兄の部屋をノックします。ジェイコブに頼むとハグをしてくれます。しかし散歩には一緒に行ってくれませんでした。

【承】- リトルシスターのあらすじ2

スーパーに買い出しに行ったコリーンは、同級生で親友のエミリーと再会します。彼女とエミリーは周りに嫌われていたことから、仲良くなりました。
エミリーは実家から出て、両親の別荘を不法占拠していました。彼女は動物愛護団体に参加し、鶏が日々殺されていることを訴えました。そのことがあって町を出たのです。
自宅に帰ってきたコリーンでしたが、母に怒られます。夕食を準備して待っていたのに、帰ってこなかったのが原因です。次からは言っておくと、コリーンは自分から先に謝ります。
トリシアはセクシーな下着を着て、ジェイコブに迫ることにします。ジェイコブは無理をするなと遠慮します。孤独なトリシアは、インターネットを通じてエッチなチャットをすることにします。
コリーンは髪をピンクに染めて、奇抜な化粧をします。緑色の箱を見つけて、両親のクスリをトイレに流します。
白装束にサングラスをかけて、コリーンは兄の部屋を訪ねます。そして激しい曲と共に踊ります。その様子にジェイコブは笑顔になります。
友人2人がやってきますが、コリーンの姿を見て日を改めることにします。
コリーンはジェイコブを散歩に誘います。ここなら人はいないと言います。森の中を愛犬と散歩します。
修道女の仕事で、コリーンは様々な土地を訪ねました。ある介護センターに行った時、何でも口に入れてしまう患者がいました。
その患者は大きいほうをトイレで流しませんでした。するとそれを食べ始めたそうです。気持ち悪くなって吐くと、それも食べたそうです。
コリーンは大爆笑しますが、ジェイコブは笑ってられませんでした。実は肺もやられていて、笑っては駄目なのです。少しして、ジェイコブは落ち着きます。
少年がやってきて、2人を見て森の怪物だと思います。ジェイコブは怪物なのだと説明してあげます。

【転】- リトルシスターのあらすじ3

トリシアはウェディングドレスを試着します。試着室にコリーンを呼んで、どうしたらいいのかとつい泣いてしまいます。
まだ帰れないことから、コリーンは休暇の延長をシスターに頼みます。
次にコリーンは、兄をお店に連れてきます。ジェイコブは皆が見てることに怯えます。コリーンは大丈夫と安心させます。
店員に声をかけると、兄の姿を見て英雄だと褒めます。ジェイコブは頷いて去ることにします。
マリファナを捨てたことに、ジョアニは怒ります。コリーンは、神の愛で自分を正すのだと言って部屋に戻ります。
コリーンは、兄を連れてエミリーの家に行きます。3人での同窓会を開くことにしました。
ここで両親の秘密を暴露しようという話しになります。コリーンがビールを飲むことを条件にして、エミリーは秘密を話します。
12歳の時、エミリーは父親のパソコンを使った時がありました。そこで父親の検索の履歴を見てしまいます。履歴にはBBWの売春婦と出会う方法は?という質問が残されていました。BBWとは、大きくて美しい女性のことをさします。
約束通り、コリーンはビールを飲むことにします。彼女は酒を飲むことを自らに禁じていて、これが初めての酒となります。2,5杯飲んだところで、トイレで吐き続ける結果となります。
エミリーは高校時代、ジェイコブに死ぬほど抱いて欲しいと思っていました。サングラスをとるのを嫌がるジェイコブでしたが、エミリーはとって彼の瞳を見ます。
テラスでキスし合う2人を、トイレから戻ってきたコリーンは見てしまいます。
友人のパーティーに出席したジョアニは、きつめのクスリをもらうことに成功します。そして家に戻って、カップケーキの材料の中に混ぜ合わせます。
コリーンは今日中に家に帰る予定でした。しかし母の頼みもあって、もう1日延長を頼むことにします。
怒ることのないシスターでしたが、さすがに車がないと困るのだと怒ります。しかし電話は切れてしまいます。

【結】- リトルシスターのあらすじ4

ジョアニとコリーンは、ハロウィンパーティーを開くことにします。家族皆で仮装をし、家の中も飾って雰囲気抜群です。
映画を見ながらカップケーキを食べることにします。しかし指がピリピリしてきたり、体の調子がおかしくなります。ジョアニが入れたのがバレて、皆は食べるのを止めます。ジョアニは皆で楽しみたかったのだと理由を話します。
怒ったコリーンは、直ぐに帰る準備を整えます。ジョアニは娘の部屋に入ります。
鍵がかかってましたが、入ることが出来ました。鍵はいつも怪物の像の下にありました。そのことを前からジョアニは知っていたのです。それでも入るのは今回が初めてです。
ジョアニは、子供を産んで育てることが大人になることだと思っていました。それを目標に生きてきましたが、歳を重ねるに連れて責任が重くなっていきます。
いつしか逃げ道がなくなり、自分を哀れに思います。そして何か方法はないかと、クスリに手を出してしまいました。母の告白をコリーンは聞き続けます。
コリーンは修道女の会員として生きていくことを決心します。男性と関係を持つことは選びませんでした。
その後、コリーンは冷蔵庫から、お菓子の形をした白いものを食べます。それが何か知らずにです。それはカップケーキに入っていた、意識がぶっ飛ぶクスリです。
何だかテンションが上がったコリーンは、ジェイコブやトリシアとはしゃぎます。すると玄関を激しく叩いてくる音がしてきます。
負けた人が見に行くことになり、ジェイコブが玄関を開けます。すると覆面を被った2人に、ジェイコブが連れ去られてしまいます。
両親はグロッキーで、コリーンとトリシアは後を追います。運転するのはコリーンです。
コリーンは幻覚が見え始め、トリシアが鶏に見えます。後部座席にも鶏人間がいっぱいいます。そして木に激突してしまいます。
幸いにも無事だったコリーンとトリシアは、奴らのアジトに向かいます。そこではジェイコブの友人たちがお祝いしていました。拉致したのは、ジェイコブの友人2人でした。
ジェイコブの体調が悪くなり、トリシアは急いで駆けつけます。救急車を呼ぶと、1週間の入院で大丈夫と言われます。両親も駆けつけて、コリーンと肩を寄せ合います。
修道院に戻ったコリーンは終生請願を終えます。そして母に愛を込めてメールを送ります。最後にジェイコブとトリシアの結婚式の様子が映し出されます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、主演のアディソン・ティムリンの魅力が詰まっています。彼女の可愛らしさが伝わる作品で、奇抜なメイクやファッションに変わる時はそのギャップに驚きます。そしてヴァンパイアの歯をつけてのシャーは可愛すぎです。
彼女だけでなく、ハロウィンパーティーでは全員で仮装しているので、コスプレ好きな方には嬉しい映画です。コスプレ好きでない方も、見ていて楽しくなれます。
面白い場面ばかりかと思いきや、家族の愛も描かれていてジーンとなります。コリーンとジョアニの腹を割った話しの場面など、見て損のない素晴らしい作品に仕上がっています。
やることなすこと奇抜なので、おおらかな雰囲気に癒やされる映画です。神経がもしも縮こまっているならば、太くすることができる作品でお勧めです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください