映画:リトルモンスターズ

「リトルモンスターズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

リトル・モンスターズの紹介:2019年製作のイギリス&オーストラリア&アメリカ合作映画。「それでも夜は明ける」「アス」のルピタ・ニョンゴ主演によるホラー・コメディ。落ち目のミュージシャンのデヴィッドは、甥っ子が通う学校の先生キャロラインに一目惚れ。無理やり同行した遠足で仲を深めようとするが、突如ゾンビが現れ、彼の計画は崩れていく…。

あらすじ動画

リトルモンスターズの主な出演者

オードリー・キャロライン(ルピタ・ニョンゴ)、デヴィッド・アンダーソン(アレクサンダー・イングランド)、テディ・マクギル(ジョシュ・ギャッド)、テス(キャット・スチュワート)、フェリックス(ディーゼル・ラ・ドラカ)、マックス(チャーリー・ホイットリー)、キム(キム・チェン・ドーン)、ベス(エイヴァ・カリョフィリス)、ウォルフガング(ウォルフガング・グレッドヒル)、ヴィヴィエンヌ(ヴィヴィエンヌ・オールバニー)、シャイア(シャイア・ハンビー)、カリア(カリラ・ピニョネス)、スティーヴンス(スティーヴン・ピーコック)、サラ(ナディア・タウンゼンド)、軍曹(ジェイソン・チョン)、ノヴァク(フェリックス・ウィリアムソン)、警備員(ジンジー・オケニョ)、警備員(ヘンリー・ニクソン)、グリフィン(ラヘル・ロマーン)

リトルモンスターズのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①失恋後に甥の担任・キャロラインに一目ぼれしたデヴィッドは、遠足の引率を立候補。しかし行った牧場でゾンビが出現。 ②キャロラインとデヴィッドは機転を利かせて園児たちを守るうちに、お互いに好意を持ち、ハッピーエンド。

【起】– リトルモンスターズのあらすじ1

リトルモンスターズのシーン1

画像引用元:YouTube / リトルモンスターズトレーラー映像

オーストラリア。

デヴィッド・アンダーソンは、売れないデスメタルのミュージシャンの男性です。

恋人のサラとは9年間付き合っており、同棲もしています。

真面目に人生を歩んでいるサラは、そろそろ子どもが欲しいと思い始めていました。

しかしデヴィッドは考えられず、些細なことで口論します。

サラと喧嘩したデヴィッドは、姉・テスの家に行きました。

テスは試験管ベイビーで、フェリックスという息子を出産しています。

5歳のフェリックスが遊ぼうと言うので、デヴィッドは自分が好きなゾンビゲームをさせました。

姉は結婚せずに、シングルマザーでフェリックスを育てています。

苦労もあるでしょうに、それでも母と息子が楽しそうに暮らしているのを見たデヴィッドは、考えを改めてサラにプロポーズをし、子どもを作ろうと考えます。

フェリックスにダース・ベイダーのコスプレをさせて、プロポーズの手助けをさせようとデヴィッドは連れていきます。

ところが恋人のサラは、同僚のロリーと浮気の真っ最中でした。

デヴィッドはサラに別れを告げて、部屋を出ます。

失恋したデヴィッドは翌日、甥っ子のフェリックスを幼稚園に送りました。

そこで、甥っ子の担任オードリー・キャロラインに出会い、ひとめぼれをします…。

オードリーに新たな恋をしたデヴィッドは、早速モーションをかけます。

その日の放課後、フェリックスを迎えに行ったデヴィッドは、キャロライン先生に積極的に話しかけました。

同席していると、明日の幼稚園の遠足の引率者の先生が、付き添えなくなったという話を聞きます。

すこしでもキャロラインと一緒にいたいデヴィッドは、引率者に名乗り出ました。点数を稼ぎます。

翌日。

デヴィッドは本当にキャロラインといっしょに、遠足の引率をしています。

故障したバスに乗る子どもたちは、キャロラインと合唱しています。

キャロラインはデヴィッドを、歌手だと紹介しました。

歌をせがまれたデヴィッドは、デスメタルを歌いますが、子どもには不評です。

過激だとキャロラインに止められて、デヴィッドは歌うのをやめました。

幼稚園のバスの行き先は、プレザント・バレー牧場です。

この牧場の横には、アメリカ陸軍試験施設がありました。

試験施設では、生物の持つ神経毒の研究をしているのですが、施設からゾンビが現れます。

ゾンビが出てきたのを見た警備員が射撃しますが、すでに襲われていた人がゾンビ化し、感染が短時間であっという間に広がりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リトルモンスターズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×