「リンキング・ラブ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

2017年、女子大生の美唯は1991年にタイムスリップし、2017年では離婚危機が迫る若き日の両親の恋を成就させるために、母親たちと共にアイドルグループ“ASG16”を結成してアイドルオタクの父親を振り向かせようとするが・・・。

あらすじ動画

リンキング・ラブの主な出演者

• 真塩美唯:田野優花 • 真塩由美子:石橋杏奈 • 茂手木健一郎:白洲迅 • 加賀修造:中尾明慶 • 牛尾貴文:落合モトキ • 浦野修一:加藤諒 • 吉岡啓介:武田航平 • 芦田マコト:ねりお弘晃 • 寺島弘美/吉岡雅美(二役):益田恵梨菜 • 北川梨奈:樋井明日香  マハラジャ女 • 南田早織:未浜杏梨 • 西野マリ:長谷川眞優 • 東山恵子:佐々木しほ • 林田サチ江:眞嶋優 • 中平カヨ子:古橋舞悠 • 小谷ミナ代:森岡朋奈 • 鈴木恵利:磯原杏華 • 佐藤その子:葉月 • 山田さゆり:百合沙 • 伊藤麻巳子:落合萌 • 高橋理香:久田莉子 • 田中春美:木下愛華 • 室岡(タイムコップ):大倉孝二 • 菊村亮輔:黄川田将也 • 田所教授(助教授):木下隆行 • 真塩健一郎:渡辺徹 • 真塩由紀:浅田美代子 • 守護神:西村まさ彦

リンキング・ラブのネタバレあらすじ

【起】– リンキング・ラブのあらすじ1

リンキング・ラブのシーン1

画像引用元:YouTube / リンキング・ラブトレーラー映像

青山青陵学院大学に通う2年生の真塩美唯はAKBに夢中でオーディションに応募するも落選。

思いを断ち切ってラップに挑戦。罵倒ラップの関東地区決勝まで進んだが、肉体労働者ラッパーに完敗してしまう。

美唯の両親は祖母の代から大手アパレル会社を経営し、リッチな生活を送っていたが罵倒ラップに敗れた美唯が落ち込んだ気分で帰宅すると、ちょうど母・由美子が家を出るところだった。

由美子は会社を立て直すため婿養子の父・健一郎を解任したと言い、この家はお父さんと使いなさいと言い残して出て行った。

健一郎はアイドルとアニメオタクだった。美唯はそんな父親を生身の人間に興味が持てないからお母さんは出て行ったのだと責める。

美唯が離れにある自分の部屋に入って、苛立ちまぎれにラップを口ずさんでいた時、部屋に置いてあった金属製のランプから煙が立ちあがり始めた。

と、突然髭を生やした怪しげな男が美唯の前に現れた。

驚き恐怖にうろたえる美唯に、「私は千年の眠りから覚めた守護神、お前に呼ばれて目覚めたのだ」と守護神はいう。

守護神は“アブラカタブラ”という言葉に反応して目覚めたというが、美唯がラップで口ずさんでいたのは父親に対する罵倒ラップで“油臭いな”という言葉だった。

南蛮貿易でこの国にわたって来たという守護神は、“油臭いな”を“アブラカタブラ”と聞き間違えて目覚めてしまったのだ。

願い事はないのかと聞く守護神は、勝手に美唯の願い事を早とちりして彼女を過去にタイムスリップさせてしまう。

美唯は1991年、バブル崩壊直後の時代の青山青陵学院大学のキャンパスに来ていた。

この大学は美唯の両親が出会った大学でもあった。

キャンパスに違和感を持って立ちすくんでいた美唯に、牛尾貴文が声をかけてきた。

その日はミスコンの開催日で、牛尾は美唯を大手広告代理店ディ通と共催しているという青山青陵学院大学ミスコンテストに誘った

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リンキング・ラブ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×