「ロミーとミッシェルの場合」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【承】– ロミーとミッシェルの場合のあらすじ2

ロミーとミッシェルの場合のシーン2

画像引用元:YouTube / ロミーとミッシェルの場合トレーラー映像

同窓会に行くのを諦めかけた時、ロミーが「成功した女性のフリをすればいい!」と思いつきます。それから、ロミーは同僚のラモンにお願いして高級車を貸してもらいます。そして、キャリアウーマン風のスーツに携帯電話を準備し、2人はリッチなキャリアウーマンに変身、高校の時の思い出の歌を聴きながら、借りた高級車で同窓会に向けて出発します。

同窓会への道すがら、どうやって成功したかのシナリオを考えます。ヘザーに習って誰もが知っているけど、発明者を知らない物を発明したことにしようとなります。そこでロミーが『ポストイット』(付箋)の発明者になろうと思いつき、ロミーは発明者、ミッシェルは色を考えたということにすると言います。

自分の役割に納得いかないミッシェル、2人は大ゲンカになってしまい、同窓会に着いたら別行動することになります。同窓会に着き、2人は別々に会場に入ります。

ロミーは憧れだったビリーを見つけ、早速ポストイットを発明し成功したのだと話します。ビリーは都会的な女性に変身したロミーに鼻の下を伸ばします。一方、ミッシェルはクリスティたちの所に行き、自分がポストイットに使われている特殊なノリを発明したと話し、クリスティたちから「あなたが一番成功したわね」と言われ、大喜びします。すぐにロミーに報告しようと彼女の元に行きますが、ロビーに夢中のロミーはミッシェルの話を聞かずに追い返します。

ロミーはビリーと二人っきりでいると、クリスティがビリーをダンスに誘いに来ますが、彼はクリスティを断りロミーをダンスに誘います。ロミーはプロムの時の仕返しができたと喜びます。

ミッシェルは1人で会場の外にでると、リムジンに乗ったリッチな男性に出くわします。それは、高校時代にミシェルに思いを寄せていたダサ男のサンディでした。

サンディは宝くじの高額当選をし、整形をしてリッチな暮らしをしていたのでした。2人はリムジンの中でキスをし良い雰囲気なりますが、もうすぐ発表があると言われ、会場の中に戻ります。

会場では「卒業して一番魅力的に変身した人物」が発表され、ロミーとミッシェルが選ばれます。それを見たクリスティたちは悔しがります。2人は別々にステージに上がりメダルを貰いますが、お互いのことが気になりながらも仲直りすることは無く、その後別々の人生を送ります。2人は年を取っても、ケンカ別れをしたまま…

ここで目を覚ますミッシェル、起きると駐車場の車の中でした。実はミッシェルはロミーとケンカした後眠ってしまい、まだ会場に入っておらず、全て夢だったのです。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ロミーとミッシェルの場合」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×