映画:ロンドンゾンビ紀行

「ロンドンゾンビ紀行」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

ロンドンゾンビ紀行の紹介:原題は「Cockneys vs Zombies」で、2012年に公開されたイギリスの映画となります。ゾンビ映画のパロディ的な作品で、ホラーではなくコメディタッチで描かれています。老人対ゾンビ、若者対ゾンビという2つのストーリーが交互に進む、一風変わった作りとなっています。これまでにはなかった「老人対ゾンビ」という新しいテーマを取り扱ったことで、コアな人気を獲得した作品です。

あらすじ動画

ロンドンゾンビ紀行の主な出演者

アンディ・マグワイア(ハリー・トレッダウェイ)、テリー・マグワイア(ラスムス・ハーディカー)、レイ・マグワイア(アラン・フォード)、ペギー(オナー・ブラックマン)、エマ(ジョージア・キング)、ケイティ(ミシェル・ライアン)

ロンドンゾンビ紀行のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ロンドンゾンビ紀行のあらすじ1

ロンドンゾンビ紀行のシーン1 イーストエンドで、再開発のための工事が行われていました。その現場で石碑が見つかり、作業員はお宝が眠っているに違いないと捜索を始めます。すると石碑の下に階段を見つけ、その先にはゾンビがいたのです。作業員はゾンビに噛まれました。

その頃、兄のテリーと弟のアンディが老人ホームへの配達作業に精を出していました。老人ホームには彼らの祖父レイも入居しています。この老人ホームは再開発の影響で立ち退きを迫られており、レイは反対の異を唱えていました。
他の老人たちも内心再開発には反対していましたが、レイほどおおっぴらに立ち向かうことができないでいます。
レイは老人でありながらかなり気が強い性格で、それはかつてナチス軍と戦った経験を持っていることも少なからず影響しています。なんとレイは勲章を与えられるほどの人物だったのです。
そんなレイだからこそ、テリーたちが行っている老人ホームへの配達作業をあまりよく思っていませんでした。男なら戦う仕事に就くべきだと考えていたのです。

実はテリーたちの両親はすでにこの世にいません。テリーたちが幼い頃、両親は罪を犯し、警察官に抵抗して射殺されていたのです。両親は最後に「自分たちのようにはなるな。真面目に働くんだ」とテリーたちに言い残していました。
両親のいなくなったテリーたちを引き取り、育て上げたのは祖父のレイです。それゆえにテリーたちはレイを敬愛していました。だからこそ老人ホームの解体を食い止めようと、銀行強盗を計画し始めたのです。

【承】- ロンドンゾンビ紀行のあらすじ2

ロンドンゾンビ紀行のシーン2 テリーとアンディは銀行強盗計画を実行に移すため、仲間を集めました。錠前破りの技術を持つ従兄のケイティ、強盗の前科があるデイヴィ、銃取引を商売にしているミッキーの3人を計画に引き入れます。
ですがテリーとアンディは大丈夫なのだろうかと不安になります。というのも強盗の経験を持つデイヴィは女をナンパして捕まった程度の男で、銃取引のミッキーはあまりにも暴力的な性格の持ち主だったため、テリーたちはヤバいかもしれないと思い始めたのです。

テリーたちは工事現場の作業員に成りすまし、銀行に足を踏み入れます。銀行側は取引相手の人間だと勝手に勘違いし、テリーたちを中に引き入れました。反面、銀行側はテリーたちをどこかおかしいと睨んでおり、警察に連絡を入れます。
そんなこととは露知らず、テリーたちは銃器を持ち、金庫からお金を盗みました。いざ銀行から闘争しようとしたとき、外に警察がいることに気づきます。ミッキーが発砲し、テリーたちはいったん銀行に非難します。
そうして銀行の社員を人質にし、再び外に出ました。ところが警察官は絶命しており、通行人が悲鳴を上げて逃げ回っているではありませんか。
そこでようやくテリーたちはゾンビの群れに気づき、人質を連れ、車で走り去りました。

一方、テリーとアンディの祖父が入居している老人ホームもパニックに陥っていました。ゾンビの群れが攻めてきたのです。レイは好意を抱いているペギーを助け、ゾンビの魔の手から逃げ出しました。

【転】- ロンドンゾンビ紀行のあらすじ3

ロンドンゾンビ紀行のシーン3 レイとペギーは噛まれていない老人たちを助けつつ、老人ホームの台所に篭城しました。
時を同じくしてテリーたちも倉庫に身を隠し、ゾンビの襲撃から逃れていました。ですが人質の1人が逃げる際のいざこざで噛まれていたため、ゾンビと化してミッキーに襲い掛かったのです。
噛まれたミッキーを見て、ケイティは殺すべきだと言いました。その忠告に対し、テリーは人殺しはイヤだと断ります。

テリーは今の状況を知るため、ラジオをつけました。ラジオの情報で、テリーはイーストエンドにゾンビウイルスが蔓延し、軍が街の閉鎖を始めたということを知ります。
ここにきてテリーは祖父のレイが心配になり、助けに行く決意を固めます。
そのときミッキーがゾンビとなり、暴れ始めます。テリーたちは銃で頭を狙いますが、なんとミッキーは頭の中に金属板を埋め込んでいたため、弾丸が効きません。テリーは爆弾でミッキーをやっつけます。
すると人質の男性が銃を手に入れ、テリーたちを脅し始めました。実は爆弾の衝撃で倉庫には風穴が開いており、ゾンビが侵入し始めているのです。テリーとアンディはゾンビがいると叫びますが、男性は嘘だと信じず殺されてしまいます。その際、銃が暴発して、仲間の1人であるデイヴィが死んでしまいました。
テリーとアンディは祖父のレイを助けるため、ミッキーの倉庫から銃器類を片っ端から集め、老人ホームに向けて出発します。人質の1人であるエマという女性も彼らに同行しました。

【結】- ロンドンゾンビ紀行のあらすじ4

ロンドンゾンビ紀行のシーン2 その頃、レイとペギーははゾンビに囲まれているハミッシュを見つけました。ハミッシュは寝ていて、ゾンビに気づいていません。
2人は必死で呼びかけ、ハミッシュを起こします。耳の遠いハミッシュはゾンビが近くにいるという言葉が聞こえず、近くに寄ろうと歩き始めます。そのせいでゾンビに気づかれてしまい、襲われそうになります。
ハミッシュもようやくゾンビに気づき、よぼよぼと全力疾走し始めました。
レイはハミッシュを助けるため、外へと飛び出し、生き残りの老人たちも加勢します。その甲斐あってハミッシュは無事でした。

一方のテリーたちはエマの妹がいるという家へ向かっていました。ですが時すでに遅く、エマの妹はゾンビと化していたのです。テリーはエマを慰めました。
彼らは老人ホームへ向かうため、大型のバスを盗みます。エマが運転を務め、老人ホームに到着します。テリーとアンディ、ケイティは武装して、ゾンビに追い詰められているレイたちのもとへ駆けつけます。
テリーたちは銃器をレイたちに渡しました。武器を手に入れた老人たちは次々とゾンビを倒していき、老人ホームを脱出することに成功します。

テリーとレイたちはバスに乗り込み、街中を走り出しました。その道中、エマが銀行強盗の件について話してしまい、テリーとアンディはレイに怒られます。その反面、老人ホームを救いたいという思いに免じ、今回だけは許すことにしました。

そうしてバスが故障し、テリーたちは近くにあった船で移動することにしました。テリーたちはゾンビを退けながら、老人を船へと乗せます。
ところが鎖が巻きついたままだったため、船を動かすことができないというアクシデントが発生します。
レイは皆を救うため、1人船を降り、鎖を外しに向かいました。ゾンビに囲まれるレイを見て、テリーとアンディも船を降ります。
その瞬間、レイは銃器をぶっ放し、ゾンビを一掃しました。その隙を突いてレイたちは船へと乗り込みます。こうして彼らは無事、脱出することができました。

みんなの感想

ライターの感想

ゾンビは動きが遅いという特徴を逆手に取り、同様に動きのゆっくりしたおじいちゃんを対決させるというのが面白い試みだと思います。言われてみればなるほどと思うのですが、思いつきそうで思いつかない発想ですよね。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ロンドンゾンビ紀行」の商品はこちら