映画:ローガン・ラッキー

「ローガン・ラッキー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

ローガン・ラッキーの紹介:2017年にアメリカで製作された強盗をテーマにしたコメディ映画。新人のレベッカ・ブラントの脚本に感銘を受けたスティーヴン・ソダーバーグは引退宣言を撤回し、本作を監督復帰第一作目とした。不運続きのローガン兄弟が起死回生を目指してカーレースの売上金強奪計画に乗り出す姿を描く。

あらすじ動画

ローガン・ラッキーの主な出演者

ジミー・ローガン(チャニング・テイタム)、クライド・ローガン(アダム・ドライバー)、ジョー・バング(ダニエル・クレイグ)、メリー・ローガン(ライリー・キーオ)

ローガン・ラッキーのネタバレあらすじ

【起】– ローガン・ラッキーのあらすじ1

舞台はアメリカ、ウェストバージニア州。

この街に暮らすローガン兄弟は不運続きの人生を送っていました。

兄のジミーはアメフトでプロ入りが期待されていたものの、膝の怪我が原因で選手生命は絶望的にその後結婚するも離婚、愛する娘セイディとは離れ離れになり、おまけに炭鉱夫の仕事も膝の障害が原因で解雇されていました。

一方、弟のクライドはイラク戦争で左腕を失い、右手を器用に操りながらバーテンダーとして生計を立てていました。

ジミーはこの不幸続きの人生に不満げでしたが、クライドは淡々とこの現実を受け入れていました というのも、「ローガン家の呪い」と街で噂されるほど、ローガン家の人間の多くが悲劇に直面していたのです。

そんなある日、ジミーはクライドのバーで喧嘩沙汰を起こします。

客として来ていた有名カーレースチームのオーナーの男がクライドの義手を馬鹿にしたのですジミーはこの喧嘩に勝利を収めると、ある決断を心の中に抱くのでした。

その翌朝、ジミーはクライドにその決断を打ち明けました。

それは、アメリカ屈指のカーレース会場、シャーロット・モーター・スピードウェイの地下にある金庫から現金を奪うというもの金庫が眠る地下は現在工事が行われており、ジミーも一度作業に参加したことがありました。

金庫の作りは会場内の店舗の売上金を気送管で流して金庫に運ぶというシステムで、この仕組みと地下工事のタイミングを利用すれば、十分強盗は成功するとジミーは見込んだのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ローガン・ラッキー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×